久しぶり、日曜の朝路面電車で40~50分、距離の割に実にのんびりしています。

乗車の時かざすカードが間に合わず、車掌さんに『〇〇まで行きます。次の停車駅でも
大丈夫ですか?』と聞いたら『どうぞ、良いですよ』と笑顔で答えてくれました。

停車したのでサッとかざすとエラー。降りる人もいるのでそのままスゴスゴと席に戻りました。
『両替の方~その他ご用のある方は…』と再度通りかかった車掌さんに事情を話すとカードを
リセットしてくれ、『降車の時、どちらから乗られたか言って頂ければ大丈夫ですよ』と又又優しく
対応。
お陰で目的地に着くまでボンヤリ過ごしていましたが、又面白い事、考えさせられる事に
遭遇しました~(笑)先ず、面白かった事は、一人置いて左横並びの席からイビキが聞こえて来た事。
電車で気持ち良さそうにイビキをかく程の熟睡って…と思いながらも見ようとするとすぐ隣の方のお顔を間近で見る事になるので我慢していました。男性か、女性か、若い方か、ご年配か…ただ想像を膨らませて…。でも、家でうたた寝の時など、夫から指摘される事もあるので、ひょっとして私も?
私の目は??クルクルしていたと思います。

それから考えさせられたのは…車掌さんが歩いていると隣の女性が、スッと黙って百円玉を出し、
『両替ですね』と言われても返事もせず、勿論ありがとうも言わないし一瞬でも頭も下げない。
あらまっ!と思いましたが珍しい事でも無いのかしら?それとも外国の方?とか…。思い巡らすばかり。

帰宅して夜、佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』を読んいたらスーパーのレジ袋が不要な人は
NOレジ袋というカードを入れておけば、ひと言もしゃべらないで良い。ただ黙々と…というくだりがあり、愛子さんはあまりの触れ合いの無さを嘆いておられます。

それ程不自然な事とも思っていなかった自分でしたが、そのエッセーの中には共感できる事が満載、
私も年を取ったのだと実感した次第です。

戻りますと~
こちらでは殆ど『レジ袋いりませんか?』と声を掛けてくれますがカードも置いてあります。
ヨレヨレになっていて、それを籠に入れるのは抵抗があります(笑)
お金を払い終わり私がありがとうと言うと、義母が『お客がありがとうって言う必要は無いでしょう』と言われた事があります。ちょっとムッとしました(^v^)

電車内のエピソードからかなり逸れました。昔が良かったと言いきるわけでは無いけれど
良い悪いの判断は別としてゆっくり価値観も変化しているのだと思う一日でした。

[PR]
# by gerakon | 2017-12-11 13:04 | Comments(2)


ブロ友さんの素敵な飾り付け…ヒントは引き算。
       毎年ありったけをトイレにまで飾ってグッズの保管箱を空っぽにして来たけれど
       今年は引き算、シンプルを心掛けてみました。169.png
       ツリー購入時セットで付いていた大ぶりのオーナメント。ゴージャスで気に入って
ましたが今年はグッと抑えてお休みして頂いています。

d0165488_14543792.jpg
       一番の引き算は電飾を止めて…ツリーの後ろにまで飾り付けをしない。
       と言うより出来なかったのだけど(^v^)

d0165488_15190484.jpg

       小さなツリーも…ちょっと賑やかですね~ 控え目にしたつもりだけど~
   ヨーロッパ土産のカードです。
d0165488_15162623.jpg

    真ん中のサンタさんは今年のニューフェース。照れ屋さんなのかお顔を見せてくれません。
    写真がどうも冴えないのはカメラマンが高齢の為、手が震え…(笑)

d0165488_15375396.jpg
岩の上でくつろぐサンタさん。これは我が家ではなく~(*^^)v
宮島水族館です~





[PR]
# by gerakon | 2017-12-06 16:37 | Comments(6)

元々、おっちょこちょいの私だけど最近加速していると思うのですが…。
これは、やはり加齢によるボケというものではないかと実感せざるをえません。
毎日投稿していたブログも時には週に一回だけとか珍しく無く、これでは『日記』とは
言えませんね。(-_-) 年齢とともに感動や好奇心が薄れて来たのでしょうか?

今思えば、数年前までは書きたい事がほとばしるようで、キーボードを叩く指が止まらなかった
ものです。それが最近は気持ちを表現する的確な言葉が見つからなくてしばし考えたり、
やたら時間がかかり…。

又、何人かでおしゃべりしていてお話しを聞きながら次に自分が思っている事を話そうと
するけれど咄嗟に『あれ?何を言いたかったんだっけ?』なんて事は本当にしょっちゅう…
間の抜けた会話になってしまいます。今のところは『どうしたの?大丈夫』と指摘を受けたりは
しない程度ですが(笑)

この頃は自覚が強まり毎日決まって一日何回かの処方されたお薬を飲むのは、ちょっと無理な気がして
血圧や、コレステロール値を下げる必要があるなんて勧められないようにギリギリの所で
踏ん張っているわけです。(+_+)

先日は一人で運転、車を横付けして銀行のATMで現金を引き出し、(数十秒後)戻ったのですが
何と助手席に座ってしまいました。夫が乗っていて私がちょっと降りて…というパターンが
多いせいもあるけれど、誰も見ていなかったかしら?と素知らぬふりで運転席に回る時の
恥ずかしさと気まり悪さたるや…。
可笑しくて夫や人に打ち明け爆笑してもらいましたが、周囲には心配をかけ始めて
いるかもしれませんね。そうそう今朝は、冷蔵庫につまようじが入っていました。(笑)

私より年長の方とばかりお付き合いしていて皆さんの事を気にかける生活が長く、これまで自分は
あまり指摘を受けなかった事にも原因があるのかな?

グループで二才年長の方が会長、私が副会長を一年務めました。以前はいつも同じ顔ぶれで
負担が重くなったという事で選挙法を改正。七人のうち票の多い二人だけ残り、最低一年はお休み、
新規の五人が加わる。残った二人も二年以上の役員は無しとなります。複雑でなかなか理解が出来ませんでした。来年度、私は何とかその二人に残らないようにと思い、現会長に『どなたが残られたらペアとして仕事がしやすいですか?それとなく皆さんに働きかけたいです。』と聞いたら『他の人だと
とても、気を使うのよ。あなたが一番楽だった。降りようとしないで』と言われビックリしました。
彼女はどんどん、提案、実践、走り抜くタイプなので賛同してトボトボでも黙って懸命に付いて行く私が良かったのかもしれません。私は一年だけだと思うから頑張って来たのだけど…。
これが限界だったと思います。
今のボケ症状が進んだらとてもついて行くどころか大失態を起こす事になるのではないかと心配です。

今は役員から外れるように願っているばかりです。
認知症の診断書でもあれば即刻対象外になるのですが。そのテストが怖い…(笑)


[PR]
# by gerakon | 2017-12-05 08:04 | Comments(2)

バザー準備で始まった11月。夫の初出品もあり、何だか落ち着かない日々でした。
報告反省会も先週土曜日に終わりホッとしたところですが、その間21日~25日まで息子が
滞在、そして一日遅れで友人?も…。

ラジオ出演、ライブ、今回は別の仕事もあり、スケジュールを聞くだけで目が回りそうでした。
その合間に本人達カープの優勝パレードなども見物、夕食を一度ご馳走してくれました。
豪華なコース料理、食べ慣れない私、量が多過ぎたのか一人お腹を壊しちゃいました。

24日は、仕事の息子の代わりお客様を夫と私で宮島にご案内。美味しいアナゴ飯セットを頂き(この程度ならお腹も大丈夫(^v^))やや遅めの紅葉狩りを堪能。水族館まで足を伸ばしアシカショーだのペンギンの餌やりなども見物。こんなに長時間、島に滞在したのは初めてでした。
季節限定の栗の甘露煮入り紅葉まんじゅうをおみやげに暗くなって帰宅しました。心地よい?疲労感。
d0165488_22540404.jpg
      雨上がりうっすら虹が~

d0165488_17133529.jpg
       見なれた鳥居だけど飽きない魅力。やはり、干潮の時よりも海に浮かぶ姿が好きです。

d0165488_17131314.jpg
d0165488_17105319.jpg
       11月中旬が紅葉狩りで観光客が最も多いようですが、少し遅く残念でした。
       でも、なかなか見応えはありました。
      
        
d0165488_17141441.jpg
       可愛いお魚たちに癒され~ ペンギンさんも可愛らしく
d0165488_17142520.jpg
翌日は久しぶりの広島ライブということで親戚も集まりライブ会場に…。
回を増すごとに楽しいステージ作りが出来るようになったかな?と親バカな私です。

26日も大阪奈良公演、やっと今朝無事帰宅したとの事。  
毎日の朝食夕食準備、自分達も出掛けるなどで目まぐるしい日々でしたが、取りあえず、
11月の行事はほぼ終了。今日は、お掃除洗濯、後片付けを頑張りました。(^v^)

[PR]
# by gerakon | 2017-11-27 17:16 | Comments(6)

四泊五日の日程で息子が帰省。随分前から聞いていたけど詳しいスケジュールは
ごく最近確定。毎日予定を詰め込んでいるので把握するのが大変です。(^v^)

帰省前に本棚の小学校1~2年生の日記や、連絡帳を製本したものが目に入り久しぶりに
頁をめくってみました。
毎日の連絡帳は保護者も色々お尋ねしたい事など書き込み、丁寧にご返事を頂いて
いましたが、今思えば若い母親の質問に答えるなんて担任の先生にとっては面倒な事
だったと思います。

作文でプロ野球の応援している球団が父母が違うので、困ってしまう等、書いていて
それは今に至るのだと苦笑。心やさしい?息子はどちらを応援するわけにもいかず、
名も知らぬパリーグの帽子をかぶっていました。子供にそんな思いをさせるなんて私も
若かったのだな~と今更ながら少し反省。

帰省した息子が『担任のs先生は休憩時間も職員室に帰らず、ずっと連絡帳に目を通したりコメントを書きこんだり、採点したり…と凄く働いておられた。おばあちゃん先生だと思っていたけどほんの50歳過ぎだったんだよね~今思えば家庭もあるのに学校にいる間は全力投球だったのだと思う。』と話しましたが、そこまで印象に残り覚えている事に驚きます。

教師の忙しさが今と微妙に違っていたのだと思います。確かにいじめなどもありましたが
事件にまで発展する事は少なくただひたすら教育に専念できたのかもしれません。

息子は授業は好きだったけれど、宿題というものが嫌いで時間がかかって仕方なかった。
だから、中学受験をして宿題の無い学校に入学した事が何より嬉しかった。
先日初めて聞いてびっくりしました。日記に宿題が捗らなくて夕食が遅くなるなどと
書いていたのでこの事なんだ~と。私は年の離れた下の娘の世話にかかりきりで、息子も
小さいなりに色々悩んでいたなんて…手のかからない良い子だと勝手に思い込んでいたのですから呑気なものですね。

娘は小さい時の事って何にも覚えていないよ~ってひと言で終わります。(笑)
兄妹でずいぶん違うものです。呑気な娘は、あまり深く考える事もなくのんびり
母親業をこなしているようですが、まさに孫が1年生、当時の私と客観的に
違いを見たい気がします。

息子もどんなお父さんになるかしらと期待していましたが、どうやらそれは
叶わぬ夢と終わりそうです。

息子が帰省すると遠い昔に想いを馳せ語らうのが楽しみです。

[PR]
# by gerakon | 2017-11-23 17:07 | Comments(4)