変革の時?

高齢化に伴いあちらこちらで今、変革が望まれている。
私の属する女性の会も、半世紀もの長きにわたり、変わらぬ
形態で受け継がれてきたが、そろそろ限界が来た様に思われる。
60代が若手と言われる会だ。認知症、寝たきりの人もいる。

私は退職後に時間が取れそうというだけの理由で書記、副会長に
任命されて三年目になる。
会長は70歳になったのを機に退く決意でいるらしく「次はあなたの番よ。
何でも経験してみないと・・・・。会長の大変さがわかるから」と半ば脅しの
ように言われた。(笑)

私は逃げ腰と思われるかもしれないがリーダー的要素も、また的確な
判断をする力も、全く持ち合わせていないので絶対に引き受けられない。
色々と考えを巡らすうちに、この程度の会(40人くらい)なら、会長は
不要ではないかと思うようになった。
二ヶ月に一度の全体会の司会や書記は持ち回りですれば良いし、仕事の
内容は責任の所在を明らかにしなければならないようなものでも無いと
思うのだ。

そうした方が何となく和気藹々と運営されていくような気がする。

今のところ発信の仕方も分からない臆病な私なので、近いうちに
実現に漕ぎつける自信は無いけれど少しずつ歩みを進めて行きたいと
思っている。

朗読も婦人の会の役員も60歳前後での初体験。一杯一杯なのだ008.gif
変に背伸びをしても良い結果は得られないと分かっている。
[PR]
by gerakon | 2012-11-06 15:44 | Comments(0)