人気ブログランキング |

ひろしま菓子博2013行って来ました

ひろしま菓子博2013は約80万人の入場者数を見込んでいるらしい。

全24日の開催期間だが私は5日目にお隣さんと二人で
行ってきた。地理的にも離れている多くの人と約束すると
スケジュール調整も大変だし、たまたま当日雨天だったり
しても急に変更も出来ないので、ご一緒するにはベストの
相手だったとまずは誘って貰ったことに感謝。

日差しも強くなく、また、降りだしそうも無いという絶好の
お出かけ日和だった。
11時頃到着。入場口から結構人が多いと感じたが中に
入ると予想以上の人ごみ。平日だったこともあり、私達
のような中高年の男女が6割位を占めていたようだ。

各県のブースも初めて目にするお菓子が一杯で興味
深かったがそこでは買い物出来るのは一部だけ。

試食も出来るというかなり広い全国のお菓子販売
コーナーもあり、ヒョイと入ろうとしたら、そこは
出口で入り口は90分待ちとか・・・。
「ここ並ぶのは止めましょう」とすぐに諦めて
お弁当を買い、休憩所(体育館の観客席)に行き
ゆっくりおしゃべりしながら食事。
デザートは日本酒の醸造元三宅本店(千福)さんの
レモン日本酒入りのソフトクリームを食べた。

次に和菓子の匠やパティシエが製作した工芸菓子が所狭しと
展示されているお菓子美術館に入る。
きっと一生見ることは無いのでカメラに収めたいところだけど
撮影禁止。人間技とは思えない数々の作品をしっかり目に
焼き付ける。
そしてシンボルの世界文化遺産厳島神社を15分の1スケールで
再現した作品を見て、その会場を後に。

また、廊下には撮影可能、お菓子専門学校の学生さん達の細やかで
可愛い細工のケーキも一杯展示されていて心和む。
これで一応終わりとなるが珍しいお菓子の買い物は充分では
無いので、遠方への贈り物用として比較的空いているという
広島と世界のお菓子バザールというゾーンに入って何点か
買って心残りは無くなった。笑

最後に京都から来たという大道芸人の見事なパフォーマンスに
拍手を送り出口に向かう。時間としては約5時間いたことになる。

お菓子美術館では特に人が多く立ち止まらないでとスタッフが
必死で誘導して仕方ないとはいえ何だか落ち着かなかったり、
腰掛ける所が少なかったという不満もちょっとあったが、
総合的には楽しかったし、二人で「来場者が少ないより開催県民
としては賑わってる方が嬉しいですね」と話しながら帰途についた。

娘が帰省して孫を連れて行く予定らしいが小学生までの小さい子には
退屈かも・・・と思う。
by gerakon | 2013-04-25 14:02 | Comments(0)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る