人気ブログランキング |

自宅カラーリングの苦労

市販の白髪染めを買って染める事も結構ある。
その昔、母が40代だったと思うけど一度染めたら地肌を
傷めて散々な目にあったとかで以後は白髪は増えるままに
現在至っている。ある意味割り切れば、それも楽かもしれない。

私は50歳くらいからヘアマニキュアなど始めたと思う。

10年ほど前、初めて美容院で染めた時はちょっとした
冒険だったと記憶している。
元々、まさに黒髪で栗色にすること自体自分でないような・・・。
でも、「お顔もやわらかい感じになりますよ。」などと言われて
とうとう決断したものだ。
以降、ヘアマニキュアとカラーリングを交互に繰り返したりしていたが
どんどん白髪が増えて、ひと月もすると、気になって仕方ない。
でも、無職の私、外出の機会も無いのにただおしゃれのためだけに一度に
数千円もかけて染めるのも勿体無いということで遂に自宅染めを決断。
二年ほど前から・・・。勿論、美容院でも時々はお願いしている。

私の場合いわゆる頭皮がかぶれるということも無く意外と手軽なので、
あまり苦にもならない。

先日も、久しぶりの外出予定があり、どうしてもその日に・・・と思い、夫が在宅
だったけど作業を始めた。

これまで使っていたメーカーのものが見つからず、どんな臭いかなどは
分からないまま液を混ぜたりしていたら、その段階から夫が「わっ、何
その臭い。もう、ダメ」と大騒ぎ。別室に入ったり窓を開けたり換気扇を回したり
しているが、私も途中で止めるわけにもいかず、本当に困った。

美容院で染める時とほぼ同じような臭いだけど、馴れない夫にとっては最高に
不快だったらしく、今度は自分が居ない時にしてくれと釘を刺された。

市販されているものは、よく吟味して買わないければならないと思い知った。
でも、なかな良い感じに仕上がったので、ちょっと残念。
優しい香りなら申し分無いのだけど・・・。でも、そこまで言うと成分そのものを変えないと
いけないわけでメーカーにとっては一番の課題かもしれない。
by gerakon | 2013-09-07 20:19 | Comments(0)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る