息子の消息(笑)

『息子の消息…』の後『(笑)』が入れられるうちは良いとして…。

先週息子が聞いて来た事に返事をしたら、『そうだ、一応言っておきます、来週木曜日
辺りまで国外です』と返信が来て声は聞いてないけど『ふ~ん、いいね~』とコメント
しただけでした。写真が送られてくるでもなく、FBにアップされる事もなく…。
夫が今朝『まだ帰ってないよね。用事があるんだけど…』と言うので念のために
メールをしたら、いきなりスカイプで今晩帰りますと…。

出張も兼ねているのか単なる旅行なのか分かりません~。(+_+)
日頃はフェイスブックで元気でいる事を確認する程度。夫も少し面倒になり
止めようかなと言ったりしてますが息子と繋がっておくのが目的みたいで
細々続けています。消息不明になったら困るので(笑)

思えば大学入学から殆ど離れて暮らしているわけで、もう本人にとっては
人生の半分以上親から独立している感覚なんでしょうね。

二人で『何かいけない事をして一時的に国外逃亡?』なんて冗談を言い合って
いましたがとりあえず消息は掴めちゃんと帰国するようでホッとしています。
土産話が聞けるかどうか…。関東に住む娘に先程電話をしたら知らなかったって。

様々な面で長男の自覚が強い息子なので、せめて親が自立できているうちは
関わりも最小限にと思っているのかもしれません。

でも時折ですが困った事があったら何でも言ってなど優しい言葉も掛けて
くれる事もあるのですから今どき親子関係としては十分と思わなければ…

母としてはただ、悔いのないぬくもりのある人生を送って欲しいと願うばかりです。


[PR]
Commented by きずつば at 2017-04-06 14:59 x
こんにちは~

息子さん、消息がわかって良かった!(笑)

我が家は、メール連絡しても応答がないのはしょっちゅうで、そんなときは電話で着信履歴を入れておきます~そうすると返信が来るという(笑)

親としては、子供はいつまで子供(^^;)
心配は尽きないですよね!

ヴィオラさんの娘さんも息子さんも、とってもしっかりしていらっしゃるし、心配は少ないように感じます~

離れていても、穏やかな毎日を過ごしてほしいと、親は願いますよね!

前の投稿、桜がきれいですね~
ご主人の残念カメラには笑ってしまいました( *´艸`)
Commented by ノアマル2 at 2017-04-07 09:48 x
おはようございます~

息子さんの消息。。。わかりますよ~
私のような男子系では普通にあることですが、
息子となると心配しますよね!
長男はまさにそれ!学生の頃、あの9.11テロ事件のさなか渡米してましたぁ。
「成田空港から友人と西から東を旅してくるよ」の短いメールを受信。
またいつもの。。。それでも海外へ行く事だけでも知らせてくるからましと。。。

数日後にあの恐ろしい光景がTVの映像で伝えられ。。。
もしかして??と本気で不安になりました。
「西から東へ」多分、ロサンゼルスからニューヨークと考えるとまさに。。


Commented by ノアマル2 at 2017-04-07 10:02 x
続きです

安否確認もできない状態でしたが、取り合えず帰国できるように手配しておきたく。。
友人へ頼んでお世話になる事まで。。。成田空港の到着時間を調べては息子の携帯へメールの伝言を。。。
どれだけ心配したか。。。帰国日も知らず
その後、おかげ様で数日遅れで帰国し、成田で私の伝言を見て連絡して来てね。

昔から、『便りの無いのは無事にくらしている証し』、
『便りのないのは良い便り』と言いますが、これって昨今では通用しませんわぁ。
息子さんもきっと家の長男と同じ感覚かもですね!
私達世代とは世界との距離感が縮まっているのでしょうか?!
Commented by ノアマル2 at 2017-04-07 10:07 x
続き

私達の頃にはFBもLINEもありませんでしたからね。。。。
どこに居ても、誰とでも繋がる時代なんですよねェ。

私達もブログで繋がって(^-^人
少しだけですが、時代に乗れている気がします~(^-^V

無事で良かったですネ!

おしまいです~
Commented by gerakon at 2017-04-07 11:20
> きずつばさん
おはようございます。
こちら、暖かいけど雨&モヤで何だかすっきりしない朝です。

昨日はコメントありがとうございました。
きずつばさんちも、応答無いってしょっちゅうなのですね。
どこのお宅でも似たようなケースあるのでしょう。うちの子達、言って頂くように
心配は少ない方かもしれません。
確かに行方不明というわけではありませんものね(笑)
お仕事関係、友人にはきちんと対応するけど、(多分…)親だけは『怒らない』という
安心感があるのかも…。

夫、面白いでしょう?新年登山でも同じことが…。懲りない人です。
お互いとは言うものの、せめて私は注意を怠らないようにと…
身が引き締まる思いです。(笑)

遅ればせながらノアマルさんの私へのコメントしづらい件で
きずつばさんにもご心配頂きましてありがとうございます。


Commented by gerakon at 2017-04-07 12:06
> ノアマル2さん コメント3件もありがとうございます。
何だか今もご面倒をお掛けしているようですね。(状況があまり把握できないおばあちゃん(笑))
ご無理無く今後ともよろしくお願いします。

ご長男そんな事があったのですか?本当に怖ろしい事件でしたね。自然災害と
違い、憤りで震えた事を覚えています。どんなにご心痛だったことか…。
成田に到着され、第一声を聞かれた時は胸を撫で下ろされた事でしょう。

あの日、私は大学生だった娘の下宿でアルバイトから帰ってくるのを
ボンヤリテレビを見ながら待っていました。(翌日神戸に二人で旅行する予定で)
飛び込んで来たのがあの惨劇。忘れる事が出来ません。でも、その時
ノアマルさんは大切な息子さんが米国に滞在中だったのですから胸が締め付けられる
ような思いをされた事と思います。
今、皆さんお元気で…。時々、子供たちが生きていることこそが
感謝なのだと原点に立ち返る瞬間がありますね。ノアマルさんも何度も
このような気持ちになられた事でしょう。

こうして偶然出会え、十数年前のあの日の出来事を語り合うなんて…。
七年前ブログを始めることを勧めてくれた息子(時々心配のタネも提供
してくれますが(笑))にもありがとう~です。

今日はのんびりしていらっしゃいますか?近くの保育園で新入園児が帰るって
泣き叫んでいました。しばらく続くのでしょうね。
ありがとうございました。
by gerakon | 2017-04-06 12:39 | Comments(6)