叔父とお別れ…(-"-)

父の末弟の叔父が9月6日突然亡くなりました。父の命日と同じ日。
兄弟で誕生日が同じというのは知ってますが…。
若い私の父はすっかりおじいさんになった弟をちょっと困った顔をして
迎えたでしょうか?

社交ダンスの講師などもしていたので、姿勢良く本当にカッコ良い人でした。
94歳惜しまれる年齢ではないものの私にとっては父の代わりにもっと長生き
して欲しかったと残念な気持ちで一杯です。

一昨年の母の葬儀にも参列してくれました。ソフト帽に黒いコートが似合って
いて90歳過ぎているとは見えませんでした。
優しく『寂しくなったね』と私達に声を掛けてくれたのに…。

棺の中の叔父の顔はシミ一つ無く驚くほど綺麗でした。
叔母は、悲しみに打ちひしがれていましたが、おしゃれだった叔父の
姿を、ただ、みなさんの目に焼き付けておいて欲しかったのか、きちんと
素敵なスーツを着せ、明るい色のネクタイを締め、ポケットチーフまで…。

突然だったのでやつれもなく、これからピシっとして出掛けるかのようでした。
兄や義姉と『お年寄りでこんなにきれいな人、初めて。外国の人みたいね』と
話しました。私達は、誰もそのDNAを受け継げず…(-"-)

叔父は特別幸せな生涯ではなかったかもしれませんが、ずっと夫婦仲良く
労わり合い穏やかに暮らしたようでそれが老醜と無縁だった所以なのだと
思えます。

残された義叔母が、落胆のあまり体調を崩さないよう、祈るばかりです。

私がおじ、おばと呼べる人は12人いましたが今日叔父を送り誰もいなく
なりました。いつかは、こんな日が来ることは分かっていたのに、何だか
不思議な気がしています。173.png



[PR]
Commented by きずつば at 2017-09-09 18:32 x
こんばんは~
叔父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お父様と命日が同じなんて…
不思議ですね!
驚いてしまいました。
祖母がよく言っていましたが、家族や親戚が亡くなるときは、先に亡くなった人の命日に近い日に亡くなると。
ほんとかなぁと思ってましたが、祖母が29日、祖父が1日、姉が2日、父が5日、そうなのかなと姉が亡くなったときに思いました。

ヴィオラさんの叔父様、おしゃれな方だったのですね~
私の叔父(現在84歳)もおしゃれな人で、若い頃は石原裕次郎さんに似てると言われたみたいです(^-^;
私も小さい頃から叔父には可愛がられ、父親のように慕っていました。
今は少し小さくなって頼りない背中に、寂しさを感じています。
なので、ヴィオラさんの寂しい悲しいお気持ち、とても良くわかります。

叔父と呼べる人が居なくなるのは、とても寂しいですね~






Commented by gerakon at 2017-09-09 20:35
> きずつばさん コメントありがとうございます。
とても、嬉しかったです。

365分の1の、その日を選んで…本当に不思議です。
きずつばさんのお祖母がおっしゃっていたという、家族の亡くなった日に
近い命日に…って初めて聞きましたが確かに、夫の家族もそんな感じです。

叔父様は84歳、私の周りでは『まだまだ若い』と言われる年齢です。
もうしばらく、きずつばさん達と交流が持てますね。私は叔父と頻繁に会う事が
出来なかったのが今更ながらですが少々悔まれます。
思い返すと叔父は父が亡くなった後も次男坊らしく、お気楽で…。
亡くなった父の息子である兄がずっと先祖のお墓を守り、節目ごとの法要等、
長男の役目を懸命に果たして来ました。叔父さんクシャミしてるかも…。(笑)

それにしても叔父様、石原裕次郎さん似なんてカッコ良過ぎるじゃありませんか?
小樽の記念館は閉館して少し淋しくなられたでしょうか。

お母様共々、お会いになれる機会が少しでも多くあると良いですね。

いつも、優しいコメントありがとうございます。m(__)m



Commented by noamaru2 at 2017-09-09 21:07 x
こんばんは。

叔父様が召されたのですね。
遅くなりましたが、叔父様のご冥福をお祈りします。

今週はTVドラマ「やすらぎの郷」でもあの姫が召されました。
ドラマの中で、姫はこの世の旅をすべて終え、生き抜かれたと話されていた事を覚えます。
叔父様もきっとこの世のすべてをやり尽くされ、平安な心で安らかな眠りにつかれたことと思います。
素敵な叔父様とのお別れはヴィオラさんも淋しくなられたでしょうね。

叔父様の働きがあって今の日本があると言っても過言ではないと思います。
戦中戦後を力強く生き抜かれ、平和な日本を築きあげてくださったおかげで、
今の私達があるのですものね。

どうか安らかな眠りにつかれますよう、
そしていつまでもヴィオラさんの中で生きておられますようお祈りします。(送信できますように)
Commented by gerakon at 2017-09-10 08:00
> noamaru2さん
いつも、ありがとうございます。私も「やすらぎの郷」を観て、言葉の美しさ、それぞれの
生き方などに少しオーバーかなと思うくらい毎回のように感銘を受け、涙しています。
姫の最期は…自分の死が近い事を受け入れ全て納得して静かに生涯を終える…本当に
誰もがこんな風でありたいと思ったでしょうね。
夫が『あの人は最後まで綺麗なままだったな~』とシンミリ言うので思わず
『八千草薫さんはまだまだお元気よ~何度でも見れるから』と思わず突っ込みを…。
『あっ、そうだった』ですって。素晴らしい演出だったということ?(笑)

叔父には一人息子がいます。でも、海外に移住してしまい、家族に恵まれているとは
言えませんでしたが、(今回も突然だったので間に合わず)明るく呑気な性格が幸いし
あまり思い悩む様子も見せませんでした。親子の在り方もそれぞれですね。
きっと、ノアマルさんが言って下さるように平安な心で眠りについたと思います。

こうして、伯父伯母、叔父叔母の逝く姿を胸に刻み、これからの自分の生き方を
考えさせてもらいたいと思います。

ノアマルさんのお母様も時折ほほ笑みを見せて下さるのですね。素敵に生きていらっしゃる
と思います。良い日々を過ごされますように。

本当にありがとうございました。
Commented by kiwa_39 at 2017-09-12 23:56
ヴィオラさん、こんばんは。
先日は、コメントをありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

叔父様を亡くなられたのですね。
94歳、ダンスの講師もされていた、素敵な叔父様だったのですね。
ご冥福をお祈り致します。

私の父と長弟は、同じ年の違う月ですが、同じ日に亡くなりました。
父に付けて戴いた法名の二文字を逆にすると叔父の法名になります。
偶然とは言え、不思議な気がします。
そして、今年五月、父の末弟が亡くなりました。
この叔父夫婦には子どもがいません。
お互いに支え合い、仲の良いご夫婦でした。
叔母は、昨年五月に亡くなった母と同じ歳の90歳。
高齢なので、一人になり心配しています。

私も、父方の叔父叔母はいなくなりました。
ヴィオラさんのお気持ちをお察しします。
Commented by gerakon at 2017-09-13 12:12
> kiwa_39さん コメントありがとうございます。

時折イイネを頂いている事に気付きお邪魔していましたら突然
ブログを中止…とのことで慌ててコメントさせて頂きましたが
再開され、嬉しく思っています。(^v^)

叔父は何とか元気で暮らしていると思っていたのでとても驚きました。
父と亡くなった月日が同じという偶然にも二度ビックリ…。
今頃は会えているかな~と空を見上げています。
kiwaさんもおっしゃるように日が同じとか近いとか身内同士はよく
あることなのかもしれませんね。何だか安堵感を覚えました。

お互い悲しい事ですが身近な人を毎年のように送る年齢(私の方が上?ですね)
になりました。
自分の体を見直し出来るだけ長く元気で過ごせればと思います。

kiwa様もどうぞご自愛くださいませ。ありがとうございました。


by gerakon | 2017-09-08 22:26 | Comments(6)