目まぐるしく悲喜こもごも

このペースでは日記とは言えないけれどと苦笑しつつ少し前に遡ります。

先頃路面電車に乗った時の事です。隣の席が空いた途端ニッコリ笑って座席に着いたのは同年代の
女性です。最近では珍しく降りるまでの三十分近くずっとご自分と家族の事を話し続ける人でした。
そしてこれから行こうとしている楽しいイベントを説明しようと新聞の切り抜きを探しやっと取り出した途端目的地に着いてしまいました。(笑)結婚前から、結婚後、子育て中の事から始まり、ご主人の兄弟親戚とのお付き合いについて、娘さんの嫁ぎ先の事まで…私はお話しを伺いながらいつの間にか情景が浮かんで来る事に驚き感心してしまいました。あまりに淀みなく話されるので最近言葉が出ない事が多い私には無理~と羨ましくさえありました。ご主人の事以外は(笑)ほぼご自慢ネタだったなと思いますが…きっと二度とお会いする事は無いと思うので気楽に話せたのでしょう。
周囲の方は皆さんあまりゆっくり聞かれないのしれません。話し尽くしその方の一日が少しはスッキリしたかなと思います。何しろ出掛ける時ご主人様に『行って来ます』と声を掛けたら『帰ってこなくて良い』と言われたそうなので…(-"-)(笑)105.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

又先日JRを利用した時の事。満員電車の中ふと足元を見ると盲導犬が(ラブラドール?)前足に顔を乗せ大人しく伏せていました。でも、体勢が悪いのか時々その足を組みかえたりしています。
私は電車で見掛けるのも初めてだったし、テレビ以外で実際に目の不自由な方を支えているのを
間近暫く見た事は無かったのでその忠誠振り、興味津々でした。
私の隣に立っている女性の大きなバッグが揺れる度にワンちゃんの鼻先に何度も当たります。
でも、一歩も動かず…。たまりかねて私が『バッグがワンちゃんに当たってます。少し前に寄ると良いかも…』と言うとサッと移動されました。

こちらの老紳士どこで降りられるかな?と思っていたら『次は広島駅~』のアナウンスに反応し、
おもむろに立ち上がります。良い子ね~と声を掛けたくなりましたがそこは我慢。(笑)
私はすぐ後ろから電車を降りて地下道に通じる階段下まで歩調を合わせお節介と思いつつ『どちらに行かれますか?』と声を掛けたら、北口ですと言われましたが勿論盲導犬は分かってますとばかり、そちらに目をやっています。お気をつけて~と別れた後も何かほのぼのとした気持ちになりました。
あの盲導犬はご主人様をどちらまで案内したのかしら?またいつかもう一度会えるかな?と期待を寄せています。174.png102.png
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
脳梗塞の軽い症状があった夫の甥が二週間の入院生活を終えました。
40代後半という働き盛り…10年程前父親が心筋梗塞で他界しているので循環器系は多少気にしてはいた筈ですがまだそんな年齢には達していないと思っていたようです。
転勤族で、暫く当地に住んでいた事もあり、叔父叔母の中では私達と途切れることなく交流が続いていました。でも、とても無口な人で話しかけてくれるのは稀でこちらに居る頃も殆ど私ばかり色々質問して来ました。義理の関係でもあり、聞くのは楽ですが話しかけるのって結構大変でした。

退院のお祝い電話を義姉にして暫く話していたら本人と替わるからって…。たまに『カープファンとして』節目にメールはしていましたが無口な彼と数年話すことなど無かったので慌てました~。
10分位は話したと思います。夫もビックリ。(笑)どうやら私って話しやすいようです?
今度ばかりは、親不孝な事をしたと反省しきり、母親を労わり自分の体も気をつけねばと痛感したと
言ってます。二度と倒れること等無いよう願うばかりです。
日本シリーズテレビで応援しましょうねと言って終わりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近友人の目の手術。また、普段交流はあまり無いけど旧友のがん発症も伝え聞き、手術が成功するように祈っています。誰の人生も良い事ばかりがあるはずも無いと分かってはいますが…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
Commented by noamaru2 at 2018-10-27 09:17 x
おはようございます~

日々の暮らしの中で、悲喜こもごもとあるものですよねェ。

それにしても路面電車の中でそんな会話があるとは、ちょっと驚きです。
長距離電車の中とは違い、乗り降りがする中で。。
ヴィオラさんが聞き上手と見抜かれて、そこまでお話されたのでしょうね。周囲の人も耳を立てて。。。(笑)
行きずりの人とのそんな出会いは私にはまだありません。席を譲る時に交わす短いやり取りで精一杯かな?

その反対に盲導犬や介護犬とは何回も出会っていますよ。手を出さずにそっと見守ることにしてますが、
道に迷われていたりする時には、手ではなく肩や腕をお貸しすることがイイ様ですね。
息子達が小学生頃に大型犬のゴールデンレトリバーを飼いたくて、パピーウォーカーをしてみたかったのですが、別れが辛くて諦めました。

甥御さん、ご退院おめでとうございます。
働き盛りの40代の方は成人病で突然倒れてしまうことが一番多い世代かと思います。
私の友人の息子さんも。。。先週、冷凍されていた頭蓋骨を元に戻す手術をされました。。。。命を取りとめたまのの、今後いつ意識が戻るか?。。。友人が苦しんでいます。

今日は私も3人の甥御達と会いますが、さぁどんな話が飛び出すやら。。??取りあえずスポーツの話からしてみましょうね(^^♪
10分とは続かない会話に。。。お互い肩がこるかもです~



Commented by gerakon at 2018-10-28 06:51
> noamaru2さん
ノアマルさん、いつもありがとうございます。
そう、路面電車の中、いきなりで…本当に驚きでしょう?初体験、きっと今後は無いかな~。
私はあまり相槌を打つでもなくご婦人にとっては独り言に近い感じ?でも立っている人には
全部聞えていますよね(笑)私も知らない人に話しかけるのは全く苦手なのでドギマギの
数十分でしたわ~

盲導犬は意外と地方では少なくあまり見かけないのと電車内では私初めてでした。
よく訓練されているようで大人しく…必要な時以外は身動き一つしないのですね。混雑した
電車内は尚辛いだろうと思いました。その鼻先にバッグの角が当たるのが可哀想で、お声をかけ少しだけ向きを変えてもらいました。
パピーウォーカーは一年未満可愛い盛りにお別れしないといけないのですね。やさしい息子さん達きっと育てる事は大丈夫だと思うけどアッという間のお別れは…耐えられませんね。
音声訳をしているときに目の不自由な方へのお声掛けと接し方を少し学んだこともあり、
電車の乗り降りの時等は見守る習慣がついて来ました。あまりに不自由そうな方もあり、
予定変更してずっとご一緒した事もあります。(笑)

ご友人の息子さん、まだ意識が戻らない状態なのですね。親御さんのお気持ちを思うと他人事とは思えません。回復なさったとしても日常生活はままならないでしょうし…。
意識が戻らないまま大変な手術を控えていらっしゃるのですね。奇跡を信じて祈るしかないのでしょうか?

甥ごさん達と久しぶりにお会いになられ皆さんの優しい笑顔があふれるひと時想像しています。お母様もきっと喜ばれていた事でしょう。

昨日は珍事や、ゴスペル演奏会にも出掛け疲れて10時前からベッドに…。
今日も忙しくなりそうです。お互い気を付けて秋の一日を過ごしましょうね。

by gerakon | 2018-10-25 15:19 | Comments(2)