人気ブログランキング |

<   2010年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

携帯電話

いつか電車に乗る直前に待ち合わせ場所の件で友人から062.gif電話があり、
手短に話しながら乗り込んだ。
その途端乗務員が飛んで来て「通話はお止めください」と言う。
すぐに用件も終わり、勿論すぐに切ったけど大声でもなし、ほんの数秒なのに・・・と
注意された恥ずかしさもあり、多分納得いかない憮然とした表情をしていたと思う。

それから間もなく乗った同じ路線の車中で中年の男性に高らかに062.gif呼び出し音が
鳴り「あっ、もしもし~今、電車・・・いいよ。暇だから003.gifと内容すべて分かるくらい
大きな声で笑い声を交え10分近くおしゃべり・・・。」
車掌は通りかかってもまるで気付かないかのように通り過ぎる。
回りの乗客も迷惑そうに顔を見合わせるが誰も何も言わない。勿論わたしも・・・。

つくづく私って注意しやすいんだ~。逆に中年男性の方は怒鳴り返されそうで車掌さんも
怖いのかもしれないなと思ったら可笑しくて一人笑ってしまった。

結局私は人前で注意されたりするのは人一倍恥ずかしく感じるのだから、
ちょっとのマナー違反もしないように気をつけなければと思った次第で・・・008.gif

しかし、この結論付けは・・・・????が残る(笑) 
by gerakon | 2010-08-31 18:35 | Comments(0)

二人で映画・・・

マザーテレサのドキュメンタリー映画を夫と二人で見に行った。
上演時間までロビーで待っていたら偶然親しい友人も来たので
結局三人で並んで見た。001.gif

夫と映画館に行ったのは何と結婚後今日でやっと二度目?
何しろ好きなジャンルが全く違い、どちらかが無理をすると分かっているので
映画自体、敬遠してしまう。

でも、前売り券をを購入してかねてより今回だけは何が何でも・・・(笑)と思っていた。

マザーテレサが亡くなった時の状況説明のシーンではあちらこちらから
すすり泣きの声が聞こえてきた。007.gif

宗教人でも私腹を肥やす事に熱心な人は数知れず。
しかしマザーの弱い人への働きの姿はまさにイエスキリストの生き方そのものだと思った。
同じ生き方は誰にも真似ることは出来ないが、無為に過ごさずせめて意識して
自分自身をを戒めなければとつくづく思った。012.gif

私利私欲を捨てること。これが現代人には(恥ずかしいけれど殊に私には)なかなか難しい。
今日の映画を時折思い出し、今後もずっと話していき、忘れないでいたいと思う。

猛暑の一日で夫も私も時々襲ってくる睡魔に克てず苦労したが、それも忘れられない
思い出といたしましょう。014.gif
by gerakon | 2010-08-30 16:52 | Comments(0)

映画監督

今日映画監督の千葉茂樹さんの講演をお聞きした。
70代後半とは思えない張りのあるお声とウイットに富んだ
お話しに引き込まれた。
冷房施設の無い会場で、二時間と結構長時間だったが眠くなることもなく
むしろ、それが驚きだった。008.gif
マザーテレサのドキュメンタリー映画を撮られ一挙に七本上映されているらしい。
近々劇場に足を運ぶつもりなので事前に監督のお話しが聞けて幸運だった。

数年前外国の映画祭で監督賞?を受賞した河瀬直美さんの講演会に出席の
機会もあった。

観客数が上位にランクされると相当収益も得られると思うが
なかなか約束されることではないのでクランクアップ、そして上映されるまで
監督はじめ関わった人々すべて胃が痛くなるような日々だと思う。

大成功を祈って会場を後にした。003.gif
by gerakon | 2010-08-29 20:19 | Comments(0)

プログ効果

ブログを始めて三ヶ月ほど経つ。045.gif
人に読んでもらうことが目的ではないので特に誰にも知らせてはいない。

ただ遠くに住む長男に勧められ開設を手伝ってくれたこともあり、彼だけは当然の
事ながら時々興味を持って覗いてくれているらしい。
年老いた両親の(笑)日常がわかるので安心材料にはなるかな?

7月下旬は私達夫婦の誕生日で毎年何かしら贈りリ物をしてくれるが、
以前、日記で「この年になると物を増やさない・・そのためにも無料の景品などは
もらわない、戴くとしたらほんの少しで美味しいものを・・・」等と書いた事が印象に
残っていたらしく「はいはい」とばかり好物の品を送ってくれるようになった。

最初は誕生日プレゼント何がいい?と聞いたので私のブログに掲載の広告で評判の?
コーヒーをお試しに・・・とお願いしたら早速煎り立てを送ってくれた。
それは、それは香り豊かでまろやかで・・・大満足。063.gif

次に珍しい氷見牛のたたきと牛刺し、そして最後に旅行先の北海道から高価な
ウニの瓶詰め。
年金生活者になり贅沢な食生活とは全く無縁になったので息子の気持ちがとても嬉しい。
ふと、これってブログ効果かしら?と思った次第で‥003.gif

でも、母としては都会でしのぎを削り、精一杯暮している息子にこんなに甘えて
いいのかしら?とか自分が美味しいもの食べて元気でいて欲しいとか色々考えてしまう。

色々と苦難もあるけれどそれぞれが健康でよい関係が続くことを願っている。040.gif
by gerakon | 2010-08-28 10:22 | Comments(0)

小指の治療完了

まだ、腫れも曲がりも(スワンネック変形と診断)痛みも残るが、
例の装具をはめるだけで特に治療は無いらしいので治癒と
言わず自分で「治療完了」と名付けた。045.gif
骨折後五ヶ月・・・。

でも、昨日は手術をお願いするかどうか双方で最終的に話し合う予定だった為
少々緊張して出かけた。008.gif

ただ、数日前私よりずっと若い知人が「へバーデン結節」と言う難病で
辛い日々を送りながらも前向きに暮している事を知り、指一本完全に元通りに
なるとは限らない手術をするって・・・と疑問を持ち始めてはいた。013.gif

ネットで検索するとヘバーデン結節は殆どの場合親指を除くすべての指が痛み、
最終的には第一関節がまさに白鳥の首のように曲がってしまうという。

ピアノやギターなどの楽器の演奏が出来なくなったとか激痛で鎮痛剤が
欠かせないがその強い薬のため副作用で苦しんでいるとか多くの方が苦悩の日々を
過ごされているようだ。

知人は「力が入らず何枚お皿を割ったことか・・・」と吹っ切れたように明るく語っていた。
その明るさゆえにショックで胸が震えた。

これまで何度も会う機会があったが、苦痛を顔に出さないで接してくれていた
彼女の忍耐強く人に心配をかけまいとする温かい人柄にはあらためて敬服するばかりだ。
今後はお節介にならない程度に見守っていきたいと思っている。
結局彼女の事がきっかけで手術をやめる決心がついたような気がする。

それとは別に親指が妙に痛み、洗濯バサミをつまんだり練り歯磨きのチューブ類を
絞ったりするときとても困難になってきたので医師に相談してみたら
「これは腱鞘炎とかではなく老化現象と思われます。湿布薬か塗り薬出しましょうか?」と
言われガッカリ(笑)

何と老化現象が多くなったことか・・・。037.gif
翼状片、老眼、いぼ、ホクロ、手指の痛み、物忘れ・・・。
これからは仲間が(?)増えるたび.一つずつ受け入れ人間終えるまで仲良く付き合って
いくしか無いと痛感した一日だった。
来春は初孫が生まれる予定。体の老化現象がポロポロ出てくるのは仕方が無い。
ただ、名実共におばあちゃんになれるのは嬉しい。001.gif
by gerakon | 2010-08-27 11:55 | Comments(0)

あなたと二人なら

   《愛しいあなた 恋しい私》

 どんなに辛くっても
 あなたと二人なら
 耐えていける

 どんなに悲しくっても
 あなたと二人なら
 乗りこえられる
 あなたと二人ならば

こんな詩を見つけた。012.gif056.gif
これは男性が書いたものだけど、私達の年代でこんなご夫婦殆ど知らない。
親しい友人で近い感じの仲良し夫婦がいらしたけれどご主人が60歳過ぎに
亡くなってしまわれ一層愛しさが増して辛い日々と話していた。

彼女は会う度に「ご主人を大切にしてあげてね。
いつまでも一緒にいられるとは限らないんだから」と言う。
「はい、わかってますけど~」とうつむく私(笑)014.gif
この詩の作者が本当に自分の奥様への気持ちを書いたのなら
凄いと思うし主人に読んで聞かせたい。(笑)

私たち夫婦の会話は人が聞くと楽しく軽妙などと評されるがこんなにも
何もかも違う夫婦は少ないかもしれない。

夫はアウトドア派、私は典型的なインドア派。
ずば抜けて器用な夫。私はとても不器用。
殆どのスポーツは人並み以上に出来てしまう夫。私は何一つまともに出来ない。

夫は理数か強く、私は国語が好きで図書室に通いつめていた。
血液型は唯一同じだが、性格はまるで違い短気な夫がカッとなって
声を荒げることがあっても、私は「はあ?どうしたの?」という感じ。

そうかと言って年中仲が悪いわけではないけれどこの詩のような夫婦に
なるのは相当の歩み寄りが必要だと思う。

あっ、まるで話のオチみたいだけど
何と私たち夫婦何の因果か顔が似ているらしい041.gif
by gerakon | 2010-08-26 16:09 | Comments(0)

支払いが楽しみな新聞集金人(^_^)v

この頃月々の支払いで集金は殆ど無くなり、銀行口座振替にしている。
しかし、ただ一件、新聞だけは集金人のお世話になっている018.gif

40代半ばと思われるその女性は色々なお仕事を掛け持ちしているらしい。
でも、どのお仕事も生き生きと取り組んでいることが伺える。
いつも明るく短い会話も相手の状況に合わせる事が出来る頭の良い人
という印象。001.gif

敬語オンリーではなく時に親しみのこもった話し方をされるけれど
決して馴れ馴れしくはなく自然でとても心地よい。056.gif

チャイムを鳴らして支払いが終わりドアを閉めるまでほんの数分だけど
短い会話が楽しみで集金取り止めの決断はなかなか出来ない。

それに年に一度の更新時、僅かだけど図書カードを頂ける。
これも無職の身で、本好きな私としては結構嬉しいものだ。(笑)

それにしても表現は難しいけれど、私があこがれる部分を沢山持っている
集金人のこの女性から目に見えない何か吸収し学んでいきたいと思う。
これからも彼女の訪問がある限り口座振替はしないと思う。

毎月気持ちの良い笑顔をありがとう。元気で続けてくださいね。と
今日も支払い後に心の中で語りかけた。
by gerakon | 2010-08-25 17:10 | Comments(0)

不思議、不思議。

今日は友人と二人でkさんのお宅にお邪魔した。
お弁当持参で伺い5時半頃まで延々と話は続き本当に満ち足りたひと時だった。
私はランチなど外で人と会うことはあっても誰かの家を訪ねるって殆ど無いので
何だかものめずらしくキョロキョロしてしまった。

中高生の子供さんのいらっしゃるお家なのでメモや数式や化学記号などあちらこちらに
貼ってあり何だか微笑ましく懐かしいような気がした。

今日の自分・・・とても変だったと思うのは家族5人の写真を見て、kさんを「この方はどなた?」
なんて見間違えてしまったこと。本当にとても美しく女優さんのように見えたのだけど
冗談だと思われてしまった。
特別なメイクをしてるんでしょう?と言ったら全くの素顔だって二度びっくり(笑)036.gif

帰宅したら息子から本場北海道のウニが届いていた。
美味しいもの頂いてリフレッシュしなくちゃ。ボケも直りますように。
by gerakon | 2010-08-24 23:11 | Comments(0)

ボランティア

自分と身内以外の人の少しでもお役に立てたら・・・と常に思ってはいるが
なかなか不器用な上にスタミナ不足で思うほどは活動が出来ない。

昨日の炊き出しのお手伝いもボランティアと呼べるものではあるけれど
単発的なのであまり実感は無い。

7~8年前より継続的にしているのは老人ホームで様々な場面で使用される柔らかい
裂き布を作ったりゴミ箱に入れる袋を新聞紙で折ったりして定期的に届けている。
でも、これも空いた時間に少しばかり。今度は初の試みで目の不自由な人への朗読
ボランティアにも挑戦しようかと考えている。
しかし、取り掛かりが遅く準備段階で頓挫しそうな気もする。
ぼやぼやしているとこれから年齢を重ねるばかりですぐに動き出さないうちに
自分がお世話になるのではないかと焦ってしまう。後ろ向き過ぎる!!012.gif

「ボランティアしたいけど出来ない症候群」(笑)と診断されるかも。

友人とたまにランチをするけれど働かなくなってからは目的無くただおしゃべりで終わるとき
本当に勿体無いと思う。しかも折角の外食で時にお腹をこわしたりする。

お金を使わないで自分も満ち足りた気持ちになれ、他の誰かも喜んでもらえるよう
ボランティアを見つめなおしてみたい。
折りしもマザーテレサの映画を鑑賞予定である。
また、自分とのあまりの違いに苦悩するかもしれない(笑)015.gif

068.gif今、気付いた今日でブログ100回072.gif024.gif067.gifバンザーイ(*^。^*)
今日の内容はちょっと重かったけどよく頑張りました!これからも無理なく
続けていきたい。
by gerakon | 2010-08-23 17:18 | Comments(0)

世は様々

今朝一番に入ったメールはスコットランド旅行中の友人から・・・・。
何と、「とても涼しく気温は20度くらい、湿度も低くまるで避暑に来たみたい」だって。

そもそもの目的は大切なお友だちのお見舞いとの事だけど、とてもとても
贅沢なご夫婦の旅には違いない。012.gif

また、別の知人は明後日から10日間、父娘でイギリス旅行。

それで・・・??? 今日午後、私は路上生活者の方々への炊き出しボランティアでカレーを
作り配膳のお手伝いをした。近くの公園に口コミで多くの男性女性が集まり、とても
喜んで下さった。夕方とは言え気温33℃くらいはあった筈だけどスタッフ全員いきいきと
働いていた。
そんな中ふと、今日まさに格差社会を目の当たりにしたと思った。

私達は今のところ住む家もあり子どもたちの援助も受けないで何とか暮しているけれど
海外旅行に行くような余裕は全く無い。でも、ここに集まった人々は今夜眠る場所さえ
決まらず思い悩んでいるかもしれない、頼る人も無いのだと思うと何だか胸が苦しくて
残りのカレーを頂くとき涙ぐみそうになった。
今の自分の暮らしを感謝しつつもこの違いは何だろうと・・・様々な思いが心を巡った
一日だった。

いつか必ずみんな死を迎えるけれど顔かたちが違うようにその生き方もすべて違う。
神様は生けるすべての人々それぞれに何を望んでおられるのだろうか?
by gerakon | 2010-08-22 22:19 | Comments(0)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る