人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

久々の?ボケ

小さなボケは毎日数知れずあるけれど今日は普通の人なら
ちょっと落ち込むような内容だったと思う。

三年ほど前から年に一度、脳のMRI検査をしている。
先日電話があり検査日と結果を聞く日を指定されたので、早速
カレンダーに書き込んだ。

ふむふむ、と納得。今日が検査日。早朝より用事を済ませ駐車場の
心配もあるからと夫に頼み送ってもらった。
最低一時間はかかるからと待たなくていいと伝え受付に行き
「9時で予約してあります。」と自信を持って言った。018.gif

ちょっと無愛想な男性スタッフ、しげしげと画面を見ながらボソッとひと言
「午後二時に入ってますが・・・」急に照れ笑いに変わり慌てる私・・・008.gif

検査日と受診日を間違えていたらしい。
慌てて夫に電話。呆れるも、しぶしぶ引き返してくれた。
そういえばいつかも似たような事、あったっけ???

良性腫瘍が数年前に発見されたが急に大きくなったり特に心配な症状が出なければ
一生手術はしない方が良いと言われている。
手術によるリスクが相当高いらしい。(-_-;)

でも、今日のような事態がしょっちゅう起これば、これも立派な症状と言えるかもしれない。

帰宅してカレンダーを見ると、ちゃんと午後2時と書いてある。やれやれ。
でも、こんなことはめげないタイプで面白ネタとして早速パソコンに向かっている
懲りない私・・・040.gif
by gerakon | 2010-09-30 11:10 | Comments(0)

幸福って・・・

結婚するときって「幸せになってね」とみんな口を揃えて言う。
娘も多くの人に言ってもらってとても嬉しかった。001.gif

一応結婚してもうすぐ一年。本人の仕事の関係で共に住むのは少し遅れたけど
今は文字通り幸せに暮している。016.gif

日常のこまごまとした事はあまり話さない娘だがたまに思わず吹き出してしまう
ような暮らしぶりを聞かせてくれ温かい気持ちになる。058.gif

何より嬉しいのは相手のご家族が寛大でとても優しい方だということだ。
娘の足りない部分は目をつむり少しばかりの良い所はちゃんと認めてくださる。
それに甘えることなく妻として母として成長していけるよう努力を怠らないで欲しい。

今月、結婚して初めての誕生日、ご両親が可愛いお花を贈ってくださったとか・・・・。
昨日、夫としみじみ「〇〇は良い人に恵まれたね」と話した。056.gif

この幸せがずっと続くよう、何も出来ない母はただ祈るばかりだ。

幸せの尺度は様々で本人がどれだけ実感しているかということだと思う。
こんな私にも身内は「あなたは本当に幸福だ」とよく言う。
これでも私なりに色々あったのよと言いたいけど・・・。(笑)057.gif
by gerakon | 2010-09-29 15:11 | Comments(0)

ゴミ出し作業

我が家ではゴミ出しは昨秋私が退職後から殆ど夫にお願いしている040.gif
私がまとめて袋詰めして持って出るだけにしてはいるけれど、とてもありがたいこと。
ゴミ置き場はマンションの敷地内にあるとは言え、12階から持って降りる途中
エレベーターで何人もの人に会うわけで、ノーメークの普段着サンダル履きは
やはり恥ずかしい。
でも、朝早くから出勤でもないのにバッチリメイクでゴミ出しするのも不自然と
思うわけで。(笑)
まあ、とても世間に素顔はさらせなくなったということではあるけれど・・・012.gif

そういうことで週4回ほど大変助かっている。
そして滅多に言う機会の無い(笑)「ありがとう」なんて言葉もこの時ばかりは
自然に出てくる。

習慣になる前は主人のゴミ出しを見かけた人がわざわざ電話をくれ、
「奥さん、寝込んでいらっしゃるかと・・・」等と心配してくれた事もある。

その方の家ではご主人は毎日9時過ぎまでベッドにいらして、全く考えられないらしい。
そのかわり、お料理などはお好きで結構キッチンに立たれると言う。

まあ、いずれにせよ二人在宅の生活になれば健康のためにも家事分担は当然では
ないかと思う。001.gif
長く続きますように・・・。037.gif
by gerakon | 2010-09-28 08:49 | Comments(0)

母のこと

このたび初めて、デイサービス利用を承諾した母。

縁戚関係の幼馴染と同じ施設を希望していたので昨日、
実家にいる間に耳の遠い母に代わってそのMおばちゃんに
電話してみた。030.gif
偶然、おばちゃんの一人息子が来ていて話はとてもスムーズに
進んだ。

利用施設名を聞いて早速手続きを開始したい旨を伝えただけで一旦話は
終えたのだが何と早速その施設の係員が今日突然訪問して下さったと言う。
息子さんが手配してくれたのだと思う。

二年ほど前は、勧めても「まだ、一人でどこへでも行けるから」と応じなかった母が
通所が可能らしいと聞くと兄嫁曰く「びっくりするくらい喜んで本当に嬉しそうだった」との事。
いくらしっかりしていると言っても年を重ね日々の暮らしに不安を抱いていたのでは
ないかと思う。

何不自由ない暮らしで家族と同居とはいえ、高齢者特有の孤独感は拭えなかったに
違いない。また、子供の頃に帰って思う存分昔話の出来る相手と毎週会える事を楽しみに
待つ母の姿を思い浮かべ温かい気持ちになった。012.gif

きっかけを作ってくれた兄嫁に感謝の気持ちで一杯になった。
でも、介護の認定を受けないことには不可能なので気になる課題(笑)は無くもない。

これからも娘として悔いの無いように出来る事はサポートしてゆきたいと思う。070.gif
by gerakon | 2010-09-27 15:25 | Comments(0)

実家にお泊り

これまで実家に一人で泊まったのは夫が出張中で、まだ子供が生まれる
前だけだったかも014.gif

昨日35年ぶりに母の部屋の片付け(不用品の処分が目的)と、ちょっとした
イベントの手伝いで一晩だけ泊まった。001.gif

母がとても喜んでくれ、兄嫁とも久し振りに深夜まで話してとても楽しかった。

結婚するまで数年兄夫婦と暮していたので兄嫁には特別な親しみがあり、
私にとっては、頼もしく今では実の姉以上の存在だ。

母は94歳と大変高齢だが今のところNHKの朝ドラ等に感動して涙することも
あるし、新聞も家族が読み終えた翌日(それでは新聞にならない)一時間以上
かけてゆっくり読んでいる。

ここまでだと、まさに理想の家庭のように思われるかもしれないが、娘でなければ
言えないこと、出来ないことがあるということで、たまに声が掛かる。

母にとっては宝物の数々を、「はい、はい、これもあれもいらないね。
もう、使うときも着るときも無いでしょう?」等と憎まれ口ばかり叩いて、
鬼のような娘を演じる(いや、本性かも)
少々心は痛むけど残り少ない余生をすっきり、さっぱり暮して欲しいと願っている。

昨年までは一人で約一時間電車にゆられて我が家に来ていたが、さすがに
「自信が無い」という理由でパタリと来なくなった。でも最後に夫に
「本当にありがとうございました。こんなに娘の家に度々お邪魔できるとは思っても
いませんでした」と深々と頭を下げて挨拶をした。
車で送迎するからと言っても「それならお願いしようか?」等とは決して言わない。
一度決めたら・・・・というわけだ。013.gif

特別取り柄があるわけでは無いけれど、心のどこかで「お母さんには叶わない」と
思っている。一番見習いたいところは「感謝の心」かな?

今回は部屋の整理もまずます゜・・・。
そして一人でバスに乗る事を止めさせ、送迎つきのデイサービス利用をすすめて
了解してくれた事も大収穫だったと思うし、兄嫁も喜んでくれて良かった。

母がいつも笑顔でいてくれる。それが私の幸せ056.gif・・・
by gerakon | 2010-09-26 22:25 | Comments(0)

ボケ防止

日記も音声訳講座もボケ防止の為に始めたつもりだったけど
ただ、ボケを少し遅らせるだけのような気もしてきた(笑)

昨日4回目を受講し、スタートが遅かったと少し悔やむ。
ボケ防止に加え、いつかは誰かのお役に立てる日も来るかと淡い希望も抱いていた。012.gif
でも、それは本当に大変なこと。
たまたま、ボランティアの皆さんが活動しておられた区役所隣接の建物が、建て替え中で
完成は一年余も先になるとの事。
今はそれぞれが録音の場所確保に奔走している状態と聞いた。

この年齢になると、落成の頃、生きてる確証も無いと思ってしまう。(笑)039.gif

もう、こうなったら開き直って「ボケを少し遅らせるだけ」で充分と思うことにした。

励ましあっていける優しく素敵なお友だちもでき、新たな出会いに感謝。
講座そのものはとても楽しいので、その後のことはゆっくり考えたいと思う。039.gif
by gerakon | 2010-09-25 07:16 | Comments(0)

季節の移ろい

夫が本当に久し振りに朝のウオーキングをする気になったみたいで
出かけていった。

やや血圧が高目で降圧剤も服用しているため、起床直後は避けて
夕食前の方が良いと聞くので何度も進言(?)するけれど、何故かどうしても
譲れないらしい。

でも、ここ二ヶ月ほど、暑さのせいで完全休止。
久々なのでちょっと心配。無事に帰宅しますように・・・・(笑)

季節って、これまでの感覚ではいつの間にか少しずつ変化していくもの
だと思っていたけど、この夏から秋に掛けては地球はどうなってしまうのでしょう?
と怖くなるくらいだった。013.gif

東京は先日一日で気温差が10度以上あったと聞く。

今年は季節の移ろいの中で物思いに耽る間も無く、すぐに一日中
「寒い、寒い~」と言ってばかりになるのかしら?

私の一番好きな季節「秋」が少しでも長く続きますように・・・。

娘は関東の特別暑い地域に住んでいるため、お腹の赤ちゃんも含め
心配でならなかった。
昨日「涼しくなって、やっと少しは食欲も出て来たし顔色が良くなったみたいよ」と
人ごとみたいに笑いながら報告してくれた。本当に本当にホッとした。

身体にいいもの沢山食べて娘にとって特別なそれぞれの季節を元気で満喫して欲しい003.gif
by gerakon | 2010-09-24 07:22 | Comments(0)

人の心

近頃、私の周辺では、小さな揉め事が多く、また心底悩んでいる人もいる。
時が経てば解決できることと、何らかのアクションなくしてはいつまで経っても解決しない
ことの二通りあると思う039.gif

しかし、どんなに知恵を寄せ合っても不思議なくらい氷解の兆しが見られない事が
今起きている。
当事者ではないけれど、話し合えば何とかなるという内容だと思っていた。

小さな出来事でも捉え方により取り返しのつかない事態に発展してしまう事が
あると知った。
こんな時、普段の生活を知らない臨床心理士、カウンセラーのような専門家に
すべてを吐露することで何か糸口がつかめ、出口が見えてくるような気がする。

相手の気持ちになって・・・とよく言うけれど、なかなか見えないのが人の心の中。
不思議なもので子供の気持ちは何となく分かるけど夫は未だに分からない040.gif

36年も共に暮していてこれだから時々会う他人の気持ちを理解することなんて
無理な話しだと思う。
それが、なかなか割り切れず分かろうとするあまり苦しむのかも。

未熟な私だけれど役に立つ事はないかしら?とお話しを聞いたり、少し自分の考えを
伝えたりしたけれど、あまりの堂々巡りにギブアップ寸前になった。
でも、そんな時、ちゃんと辛抱強い人がいて「諦めないでいきましょう」と
声を掛けてくれた。

今は見守ることしかできないけれど投げ出さないと一人誓う。001.gif
by gerakon | 2010-09-23 10:52 | Comments(0)

これまでも、これからも

私の所属している団体ではボランティアの一環で二十年近く
毎月老人ホームに届けている物がある。

それはゴミ箱に入れる中袋(ゴミがたまったら、そのままくるんで捨てる)で
みんなが手分けして古新聞で500枚ほど作る。私が、そのグループの一員に
なったのは、約10年ほど前から。一人の担当は毎月50枚。066.gif

少しずつ作り置きすれば良いのだけど、どうも性に合わず、いつも半日がかりで
仕上げていた。それをきれいに紐でくくって一束にすれば完成。003.gif

形が台形なので、くくるのにもちょっと技術が必要で、荷崩れなどしないように
それぞれが工夫している。

ただ、ホーム近くにお住まいの運び役のご夫妻が高齢になられ、
遂に運転免許証を返上され、今度は私がバトンタッチすることになった。

17年位、毎月一度も休まず二人で届けてこられたという。
まさに継続することの素晴らしさを、若い(?)私達に身を持って教えて下さったのだ040.gif

運び役は期限までに500枚に満たない時は自分で折って補充する。
でも、私もそうだったけど、皆さん頑張っておられるらしく、今月で五ヶ月になるが
足りない月はまだ一度も無い。

お蔭様で私は運び役に徹している。
実母がこの作業が大好きで「喜んで貰えて楽しいとはありがたい仕事だね~」と
我が家に滞在したときは喜々として取り組んでくれていた。
一人では来れなくなったけど、「お母さんお願い」と言えば今からでも喜んで
取りかかってくれるかもしれない。

今日午後、夫と一緒にドライブがてらホームまで届けに行くつもり。060.gif
by gerakon | 2010-09-22 12:33 | Comments(0)

面白い?プロ野球

長男が生まれたのは広島カープが初優勝した年、昭和50年6月。

出産後、入院中に「今シーズンのカープの勢いはちょっと違う」等とローカル局で(笑)
言い始めていたのを記憶している。
その年、広島地方で誕生した男の子は優勝にちなんで「優」と名づけられた子が
多かったと後で聞いた。

我が家は、私が子供の頃からのカープファン、夫が大の巨人ファン。
応援する球団が極端に違うと変な摩擦が起きて苦い思い出は山のように
ある。
義父も熱烈な巨人ファンで、カープが優勝する前、「今、カープは何位ですか?」と聞いたら
ニコニコして「すみません。下々の事は分かりません」と言われたのを思い出す。
何だか可笑しくて、シーズンになると思い出しては笑ってしまう。

それにしても、せめて、セ・パ別れていれば良かったのだけど・・・。

その年の日記に「私はニコニコ、彼はプンプン」等と書いている(笑)
ファン心理とは不思議なもので、無関心になるとか今日から巨人を応援するとか
さっと切り替えられれば何の苦労も無いのだけど、どうしてもそんな風にはいかない。
今も苦悩の日々を過ごしている007.gif


ほんのひと時、それでも10年くらいは何度か優勝したり結構Aクラス入りしていたと
記憶している。
ところがこの頃は、強いカープを全く知らない子ども達が優勝ではなく
「今年は三位にはいれますように・・・」って願い事を書いていたとか・・・(笑)

まあ、監督、選手一同、座布団敷いてシーズン前から5位の場所でちゃんと座ってる
感じだもの。可愛らしく思えてきた。037.gif
by gerakon | 2010-09-21 12:54 | Comments(0)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る