<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

結婚って難しい?

結婚制度は何千年もの歴史があり数限りないカップルが誕生して
家庭生活を営み社会を構成してきた。でも、少なくとも日本で
今ほど結婚そのものと継続が難しい時代ってあったのかしらと思う。

先ごろ、友人が私の甥をふとしたことで知り、大変気に入って自分の娘に
是非紹介して欲しいと頼まれた。

ところが彼は相手が誰であれ、今は結婚そのものに全く関心が無いと言う。
でも、そういう人が珍しくない時代になっている。恵まれないとか出会いが無い
以前の問題なのだ。

何かを極めようと邁進している人ほど責任感も強く家庭がおろそかになるくらいなら
欲張らないで一方にエネルギーを傾注することを選択するのかもしれない。

そういう真摯な生き方も応援していきたいと思ったりする。
今、生涯独身率がずいぶん高くなっていると聞くが、いつか又、ある年齢に
達したら「先ずは結婚。それが幸せへの近道」という時代が来るのかしら?
[PR]
by gerakon | 2011-09-30 19:05 | Comments(0)

今時珍しい歯痛

この頃、歯医者さんって痛くなって行くのではなく、定期的に
ケアしてもらう人が多いと聞く。
そうすれば治療のために痛みを我慢することも無いわけだ。

夫は二日前から眠れないほどの歯痛で珍しく苦手な鎮痛剤を飲んで
やっと寝るしまつ。
それなのに今日も病院に行かなかったという。
本人は「昼間は全然痛くないもの。夜はお酒を飲むから血液の循環が
良くなるのかズキンズキンと痛み出す」と言って明日も治まれば急いで
行く必要も無いと思っているらしい。

今日、たまたま友人と会い、認知症について話した。本人が自分で気づいて
くれればいいけどたとえ家族であっても大の大人を無理に病院に連れて
行くのには大変な勇気と決意が必要との結論になった。

夫に「痛むときに行くのは怖いでしょ?だから今のうちに…」と言ったら
何と「痛くても痛くなくても怖い」と言う(笑)
「じゃ、車の後ろにでもくくり付けてズリズリ引っ張って行くしかないかな?」と
二人で笑った。

さあ、これから痛み止めを飲んで、明日は「何でも無い」とか言いながら
またまた病院は先延ばしになるのかしら?
でも、最近「虫歯菌は脳溢血などを引き起こすリスクが高い」と何かで読んだ
事がある。いずれにしてもそういう年齢に充分達しているのだから予防の一つ
として一刻も早く治療を始めて欲しいと思う。
[PR]
by gerakon | 2011-09-29 22:18 | Comments(0)

又々感動。昨夜はいつもの事ながら30分~40分、眠くなるまで読んで
閉じていたが、今朝方4時前に目が覚め、最後のページまで読み切った。
物語の背景は1800年代から1921年母親が亡くなる時までを書いている。
しかし、筆者の曽祖父母の時代にまで遡っているのでとても厚味が感じられ
いつか、もう一度読んでみたいと思える本だった。

単なる物語ではなく、間違いなく実在した人物だと思うから更に感動が増す。
失礼ながらこの母親ほどでは無いけれど今、ごく身近に似通った人がいる。
年下だけれど勿論、とても尊敬している。

いつもとても謙虚な人で、彼女がもっと自信を持って強く生きていけるように
この本を紹介したいと、ふと思った。

ネット検索で、私が読んだのは訳者が男性だったが(佐藤亮一さん)村岡花子訳
のものも出版されていると知った。
より優しい文体になっているかもしれないので今度はそれを取り寄せて読んで
みたくなった。
[PR]
by gerakon | 2011-09-28 16:33 | Comments(0)

結婚した37年前も電子ミシンは世に出ていたと思う。
でも、私は足踏み直線縫いを選んだ。
洋裁学校にも通勤の傍ら夜間に週1~2回通ったがその時も
足踏みだけ使っていた。ジグザグを必要とする箇所はバイヤステープでくるんで
丁寧にまつり縫いをするのが好きだった。

でも、めったに使わないのに場所をとるという事で、とうとうポータブルに変えた。
結局不器用なので足を使わないということになかなか馴染めず呼吸が合わないって
この事?とイライラは募るばかり。
殆ど使いこなせないまま、そのポータブルは壊れてしまい、数年前二代目の電子ミシンを
テレビショッピングで購入。「安物を買うとまたすぐ壊れるぞ」と夫に言われつつも
自分の物をチョコチョコ縫うだけだもの…と思っていた。

ところが今回バザーの手づくり品を私も出品する羽目になり慌てている。
値段のつく物を作るなんて本当に本当に久しぶり。
先ずはランチョンマット。まっすぐに縫うことはまあまあ出来るけどどうしても
美しいミシン目が出ない。自分の腕ではなくミシンに問題があるのだと思いたいけれど
そればかりでは無いはず。

同じ生地の色違いをお裁縫が大好きな友人が持ち帰ってやはりランチョンマットを
縫うことになっているので私はデザインなどでとにかくごまかす方法ばかり
考えている。011.gif
[PR]
by gerakon | 2011-09-27 13:58 | Comments(0)

初めての経験…多分

郵便配達員がチャイムを鳴らす。
受話器を取り画面に向かって応答。
「ちょっとお尋ねします。こちらのご住所で〇〇さん宛てに郵便物が届いています。
この方はお住まいですか?」と聞かれびっくり。「確かに良く存じ上げている方ですが
住所は全く違います。」と答えたものの「差出人は誰ですか?」と聞くと保険会社からの
もので特に急ぎの郵便物でもなさそうなので「その方に責任を持ってお届けします」と
答えてポストに入れてもらう事にした。
転送不要と書いてあるその封書、いずれこちらが直接お持ちすることにしたが、どうやら
単なる〇〇さんの方の事務的なミスらしいと判明。

でも、間違いとしては本当に珍しいことで、どうしたらこんな事が起きるのかしら?と
暫く考えたが結局謎は解けないままだ。
[PR]
by gerakon | 2011-09-26 22:48 | Comments(0)

一日も休まず500投稿

一日に2~3回投稿した事があるので連続500日ではないけど
とにかく一日も休まず続けることが出来た。
先ずは健康にも恵まれていたということで感謝。040.gif

何も記すこと無いけど…と思いつつもパソコンの前に座ると
不思議と何かしら浮かんでくる。
でも、最近500投稿を区切りとして、ブログ見直しをしようと
何となく心に決めていた。遂にその日が来たというわけだ。

特に得意なことがあるわけでもなく、ただ駄文を書き連ねてきた。
日記感覚なら問題ないと思うが、やはり公開するということは
相当の制約と責任が伴う。あまりに曖昧な表現をすると月日が経って
読み返してみても書いた本人が忘れて理解できないような事もあり苦笑
してしまう。

これからは気分一新で、特別楽しく面白い事が起きたとき記していこうと
思う。と言いつつも明日も習慣的にキーを叩きたくなるかもしれない003.gif
[PR]
by gerakon | 2011-09-25 17:54 | Comments(0)

早朝高血圧って

今朝はベッドの中にいるときから何だか頭が重かった。
割とゆっくり寝たと思うが寝不足感がある。014.gif

一度トイレに立ち、普段だったらそのまま起きる時間だけど(6時40分)
夫に「先に起きます。ってご挨拶してなかったから」等と冗談を言いながら
もう一度横になった。
そのうち頭痛も収まったが、まだあまりすっきりしないので起床して
熱をはかってみた。私の平熱よりほんの少し高目。これは何だろうと思いながら
今度は血圧測定(笑)。一人で黙って色々やってみる。

案の定、血圧が高かった。最高値154最低値104 これで謎が解けた。
これは久しぶりかもしれない。土日は忙しいので気をつけなければ…。

普段は120そこそこなので降圧剤など飲んでいないし、一度飲み始めたら
生涯…と聞いているので副作用が心配で受診もしていない。

色々と注意事項を守りながらもう暫く様子をみてみよう。
何よりストレスをためないことが予防に繋がるようなので
モヤモヤは忘れないうちに吐き出さなければ…。忘れるくらいなら
たいしたストレスでは無いはずだけど。003.gif
[PR]
by gerakon | 2011-09-24 11:25 | Comments(0)

人それぞれのこだわり

程度の差こそあれ、全くこだわりを持たない人はいないと思う。
今、特に注目しているのは夫のこだわり。(笑)

結婚37年になるが、これまでも捨てたくないものが多いのに
驚いたことが何度もある。
結婚したとき何故か汗染みで汚れた柔道着を持っていた。
色々スポーツはしていたが柔道着姿なんて写真でも見たこと無いので
「これ、汚れているし子供たちも着ないと思うから処分するよ」と
言ったことがある。
「うん、いいよ」という返事かと思いきや「いや、だめ捨てないで」と
怖い顔をして言う。どうやら義兄から譲ってもらったものだったようで
それから三十年引越しのたびに持ち歩いてきた。
その義兄が亡くなってしばらくして「もういいかな?」とひと言。
今更言われてもという感じだった。

また、今はボーイスカウトで使っているザック。こちらも使い始めて
二十数年。雨に濡れたことも泥にまみれたこともあると思う。
色もあせ、修繕不可能なくらい布が朽ちて破れてしまっているが
まだ、それに裏からあて布をしてミシンでも掛けてみようかと言う。
ひっくり返して考え込んでいるのをみると理解に苦しんでしまう。

たまりかねて新しいのを買うか息子が活動していた時の全く同じ物があるので
それを使ったら?と言ってみた。

全然乗り気ではないらしい。でも、何も言わずとにかく洗ってみることにした。
さっぱりしたザックをちらと見ていたが今日早速それに色々詰め込んで
出掛けていった。もう、破れた所から何か物が落ちる心配は無いはず。(笑)

でも、このズタズタボロボロのザックも私が勝手に捨てたら大変だと思う。
夫の物に対するこだわりはまだまだ数限りなくある。

私は…あまり無いと思うけど本人が気づかないだけで夫からみたら凄いこだわりの
人かもしれない。
[PR]
by gerakon | 2011-09-23 17:23 | Comments(0)

昨日の外出に着たワンピースは7~8年前に買っては
みたものの、とても細身でいつも正しい姿勢でいないと
胃やお腹のプックリが気になるので殆どクローゼットに
下げたままだった。
丁度、五十肩に数年間見舞われ後ろのジッパーを一人で
上げられなかったのも着なかった原因の一つだ。

でも、瑠璃色系のペイズリー柄でとても気に入っていたし五十肩も
すっかり直ったので年齢的には今が限界かなと思い着てみた。

お腹辺りもちょっと気をつければ大丈夫そう。何だか嬉しくなった。
結局このワンピース、小柄な私にとっては43キロ以下でなきゃピチピチ
状態になるということが分かった。
何とか朝食の食パンは食べないでコーヒーと果物だけにして昨日も
42キロ台をキープ。

久々におしゃれして出掛けみんなもなかなかよしと言ってくれたので
とてもいい気分だった。

ところが今日そのときの写真を持って来てくれたYさん。
私のこと「写真を見たらあんまり細いのでびっくりした」と
言われる。なるほど確かに実物より相当痩せて、何だかちょっと
やつれて見える。

念願のワンピースは着ることが出来たけど、この年になると「細い」は貧弱に
なってしまうのだ。これからは痩せない努力もしなければ…。

「手芸と読書の秋」を満喫…が目標だったが折角だから食欲の秋も加えましょう。

痩せた原因って本当に思い当たらないけど今夏の暑さとこれまでと違い初めて
名実ともに「おばあちゃん」になった緊張感があるのかしら(笑)
[PR]
by gerakon | 2011-09-22 20:52 | Comments(0)

久々フレンチ

指定時間に4名一組で一人1500円というコースフレンチ(ランチだけど)を
マンションの友人が見つけてきた。

私たちの年代は予約をして、その時間に間に合うように出掛けるのが
精一杯で(笑)色々なお得プランをネット検索等は殆どしない。

今回は通常3000円のコースが条件付きで半額になるという。
後で感想などを書き込むのも条件らしくそれぞれが感じたことを言い合った。
入り口のメニュー看板から店内の調度品、化粧室にいたるまで完璧、うっとりした。
店の名前がブーケ・ドゥ・ローズということでお皿類は勿論あちらこちら
トイレットペーパーまでバラのプリントだったりする。
何も頂かなくてもそこにいるだけでリッチで優雅な気分になれそう(笑)
会話の内容はあまりに日常的だったけど…。

メインは蒸し小鴨(おおざっぱ!)デザートはメロンムースでこれも絶品だった。
みんな通常の3000円出してもいいわねと言っていたが貧乏性の私は
ちょっとそこまでは出せないかなと思った。

全てパーフェクトだったけどおしぼりが出なかった事が唯一の残念項目。
いきなり手に取るフランスパンが出るのだから、ひょっとしたらすっかり
忘れていたのかも・・・。でも、半額だったので50代から60代の私たちも
ちょっと言いそびれてしまった。026.gif

仲良し四人組、その後も運転してくれたYさんが同窓会用の服を物色するのに
付き合って本当に素敵で、彼女にピッタリなのが見つかったので大満足。
まるで自分が良い買い物をしたみたいにみんなウキウキしているので、
何だかおかしくて…。でも、人の幸せを心から喜べる本当にいい友達と思った。

台風もこちらは殆ど被害も無かったのでこうして出掛けることが出来たけど
日本列島夜まで風雨が強く、東京も交通はマヒ状態。息子が電車で10分のところ
車で二時間かかったと言っていた。そしてその電話が終わった途端午後10時31分
茨城を中心に震度5の強い地震。

どうか台風も地震も早く治まりますように。
[PR]
by gerakon | 2011-09-21 20:02 | Comments(0)