人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ドローワーク刺繍の難しさ

今回急に大作を作る前段階の糸抜きなどの作業に
携わることになった。

ドローワークを取り入れたブラウスやハンカチなど
目にしてはいたけど、自分がかじることになろうとは
思ってもいなかった。
先ずはリネンの10メートル程の布の縦横四箇所の糸を
それぞれ四本ずつ抜くという。
これまで出来上がりを見ても、こんな工程があるなんて
想像したことも無かったので人のなせる業に驚くばかりだ。

昔ギャザースカートを縫うときにギャザーを寄せていたら
何度も途中でプツンと切れて悔しい思いをしたものだけど
それとは比較にならない細かく気の遠くなるような作業だ。

全ては糸抜きから始まると言われているみたい。
飽きたら他の作業を・・・とも思うが次の段階はまだ
何も教わっていないので手がつけられない。
仕方なく恨めしそうな顔をしながらひたすらほんの数ミリずつ
ギャザーを寄せては抜くを繰り返している。

刺繍も糸一本どりで信じられないくらい細かく美しく
仕上げていく。
共同作業だからいいようなもののこの年になって、こんなことを
始めるのが何かの励みになるか、または健康を害することになるか
今はまだ自分でも見当もつかない。

とりあえずは単純な作業も慎重に楽しんで出来るようになりたいと思う。
by gerakon | 2012-02-27 15:33 | Comments(0)

インフルエンザのお陰で手づくり品が

昔は一度入院すると結構長い日数退院許可が貰えなくて
整形外科などでは色々と趣味のプラモデルだとか飾り物を
作る人が多かったと記憶している。

今回の私のインフルエンザも割と軽くて、気分も良く、寝込む程
では無い・・・しかし外出は禁止という事でものづくりには絶好の
チャンス。003.gif

まず、孫の襟巻きとレッグウオーマー、簡単な刺繍入り
布袋、そして最後に娘が喉が痛くて・・・と言っていたのを
思い出しネックウォーマーを取り急ぎ編んで今日別便で送った。

時には迷惑なものもあるみたいだけれどストックしている布や
毛糸が形になると嬉しくて・・・・。今度は・・・006.gif
次々色々なものがひらめいてくる。(笑)まさに下手の横好きだ。

一昨日孫に送った襟巻きとレッグウオーマー、ママにちゃんと
はかせて貰い、じいちゃん手作りの木馬に乗ったご機嫌の写真が
デジタルフォトフレームに送られて来た。
適当に作ったのにピッタリで嬉しい。
d0165488_21123771.jpg

約二年前の指の骨折で編み物は無理と諦めていたが殆ど不自由なく
編めるようになり感謝だ。
by gerakon | 2012-02-23 20:22 | Comments(0)

タミフルに代わって登場イナビル 

感染を恐れ、神経質過ぎる程気をつけていた私。
当然の事ながら先ず寝室は別にして、洗面所の
うがいのコップも自分用を置き、勿論トイレなどの手拭の
タオルも別々。しょっちゅう手洗い、常時マスク。
思いつくことはすべて実行した。予防接種の時期を逸して
いたので感染率は高いと分かっていた。

でも、やはり防ぎきれず夫が発症して5日目の朝、昨日
遂に症状が表れた。
起床後何となくすっきりしない。ちょっと咳も出ると
いった程度の症状だったが熱を計ってみると37度3分。
普段の私だったら一日は様子を見るのだが何と言っても
インフルエンザのウイルス保持者と暮らしているのだから
楽観は出来ないと思い、すぐにかかりつけ医へ。

病院で計ると8度3分まで上がっていた。すぐに隔離室に案内
されたがそこには一人若い人が診察後投薬会計の為に待っていた。

私も鼻に綿棒を入れられて粘膜のウイルス検査、そしてよりはっきり
させるため血液検査までされた。
その後、診察。ウイルス検査ではまだインフルの反応は無いが白血球が
正常値なので他の病気は疑えないということでインフルエンザの治療
対象となった。結局私としては珍しく早目に病院に行った事が
良かったのだと思う。

初めて目にする「イナビル」という粉末薬をストローで何かを
飲むときの要領で薬剤師の指導のもと吸入した。
そして帰宅後一旦8度8分まで上がったが食後きちんと薬を飲んで二時間
程横になって計ってみたら一挙に6度台になっていた。
即効性があり、タミフルより副作用も少ないという新薬「イナビル」の
お陰か、「私のインフルエンザ」は(笑)7時間ほどで終息・・・

でも、結局4000円以上支払い、何としても予防接種は受けるべきだったと
反省するばかり。
by gerakon | 2012-02-19 12:16 | Comments(0)

久々のインフルエンザ

夫は昨年12月頃よりインフルエンザの予防接種をしなければ・・・と
言いつつ体調万全でないことを理由になかなか受けられないでいた。

でも、最近暫くは高熱が出る事もなくなりにんにくカプセルを欠かさず
飲むようになり免疫力が備わったのかもと喜んでいた。

この度ボーイスカウトのスキー教室に50人程の一団体で一泊してきた。
やはり中にインフルエンザを発症した人がいたようで、
見事に(?)夫を直撃。昨日からそれらしき症状が出始め、今日は朝から
39度の熱にうなされ気味だ。他にも感染者は次々現れているらしい。

久しぶりに病院に送迎。タミフルよりも効果が上がるという新しい
治療を受け2800円もかかってびっくりした言いながら車に乗り
込んできた。

帰りには、はっきり診断してもらった安堵感もあり
「〇〇先生も、今が稼ぎ時だね。自分がダウンしないで患者数をこなせば
暫く遊んで暮らせるよ」等と冗談を言い合うまでになった。

今後はたった一人の大事な家族、私に感染しませんようにと祈る
ばかりだ。
by gerakon | 2012-02-15 16:48 | Comments(0)

バレンタインデーによせて

私が二十代前半の頃、もう四十年近く前かバレンタインデー
なるものが日本でも商戦として始まったような気がする。

でも、その頃は義理チョコは殆ど無く、とにかく女性から
男性に告白できる年に一度だけの日と言われていた。
だから、当時は、その行為自体なかなか勇気を要すること
だった。女性はただ、男性からの告白を待つのが普通という
時代だった。

私は夫以外の人に本命としてチョコを渡したことは一度だけ。
でも、メッセージもつけなかったしまだ、あまり定着して
いなかったので単なる「おやつ」と思われたかも。(笑)
私も相当の照れ屋さんだったのだ。012.gif
その人とは特に進展はなく夫と結婚してからは毎年愛よりも
感謝の言葉を添えて気持ちだけ贈って来た。
今年37回目だ。いつかは騒がれなくなるかと思っていたが
本命、義理チョコばかりでなく友チョコなんて同性同士でも
とエスカレートしてきた。
これから先、クリスマスプレゼントのようにずっとずっと続く
のかしら。056.gif
by gerakon | 2012-02-14 17:51 | Comments(0)

探偵ナイトスクープで知る凄い人たち

この番組が始まって何年になるのだろう。
少し遅い時間だけど金曜日の夜は一週間の疲れが
吹き飛ぶくらい笑えたものだ。

でも、ここ数年始まりが深夜0時過ぎになり、目も
ショボショボ、睡魔に襲われ、なかな最後まで見られなく
なってしまった。
やむなく時々録画して昼間暇な時間に見るくらい。

先週も久しぶりに録画して見たのだけど「本当にこんな
素敵なお年寄り!」と驚くほどの人に出会えた(?)

カメラ作りが趣味という85歳の一人暮らしの男性。
その情熱にも敬服したものの、何より私の心を引きつけたのは
清潔でさっぱりした暮らしぶり。
毎日キッチンにも立っておられるようだが恥ずかしながら暇な
主婦のいる我が家より余程きれいに片付いている。
隅々まで整然としていて、とても今年86歳のお年寄りの住まいとは
思えない。

几帳面な性格が一番だとは思うがそれに加えて健康で
あることが大きな要因だと思う。
そして、いつもオリジナルカメラを作るためのおわんや
空き缶などを見つけ出し完成させる喜びでわくわくして
おられるみたい。
百薬の長と言いつつお酒も欠かさないようだが決して
適量を超えない生真面目さも素晴らしい。

奥様は十数年前にお亡くなりになったとの事。統計的には
妻に先立たれると後を追うように数年内にというのが多いと
聞くがこの方の場合はどれ位長生きされるか見当もつかない。

何よりも好感が持てたのはこれだけ素敵な生き方をしながら何だか
自慢するでもなく世間に対して不満を言うでもなく・・・。
楽しい番組なのに涙が出そうになった。

これからも面白くて素敵な人に出会うため番組は見続けたいと思った。
それにしてももう少し早い時間にならないものかしら?
by gerakon | 2012-02-11 10:05 | Comments(0)

器用な人と不器用な人の違い

私は言うまでも無く「不器用な人」に属すると思う。
そして自分も含めこれは周囲を見回しても殆どDNAが
関係しているような気がしてならない。

母は何でも一生懸命する人。確かに昔は私たちにも
色々編んだり縫ったりして着せてくれた。
でも、何だか見栄えがしない。(ごめんなさい)
私も物づくりに関しては始めたらとにかく最後まで・・・
取り合えず頑張るが大雑把な性格(家族で一人だけO型
だ)が災いして仕上がりが不出来でも「まっ、いいか」
と、なってしまう。(結婚してからは全員O型008.gif)
それに、その過程が本当に器用な人って手さばきも美しい。
結局私は真逆ということだ。

義姉の器用さは、まさにその逆。先日おしゃべりの中で細やかな刺繍の
ボランティアの話が出ていたが「結局この手仕事が好きかどうかで
取り組み方も仕上がり具合も違って来るのよね」と言っていた。
「はい、確かに・・・」。私は大して好きでも無い上、不器用なのに頑張ら
なければと思うちょっと迷惑なタイプかも。

昨日は珍しく急に思い立ち、新聞を折りたたんで作るゴミ袋を25枚
(老人ホームに届ける)一時間ほど掛けて半分だけ仕上げ、次に布袋の
ポイントとして小鳥の刺繍に挑戦。
これも一時間以上、そして最後に孫のマフラーを毛糸で編み始めた。
そもそも、私は一度に、あれこれ手をつけることはまれで一つずつ
仕上げていくタイプなので「今日は一体どうしたの?」と自分に聞きたい
位だった。(笑)
しかも全部中途半端。でも、取り掛かったからには優先順位を考えながら
平行して完成させなければ・・・・。

今日はただ自分の不器用さと要領の悪さを露呈しただけ?012.gif
by gerakon | 2012-02-08 10:42 | Comments(0)

友人の葬儀

これまでは毎年何人も親世代の訃報が聞かれ、「大変だったね」と
娘や、嫁である友だちを囲んで小さな慰め会を開いたりしていた。

でも、今日初めて友人本人の葬儀に参列してきた。
60歳過ぎたばかり、まさに早すぎる死だ。

病を抱えながらも日常生活は普通に送り急に悪化入院して数日で
他界したという。
参列した友人の一人が5年程前みんなで会っておしゃべりした時の
写真を持って来た。ほんの少し前のような気がする。
この時は彼女が一番元気そうだったのに・・・と涙した。

これからは少なくとも年に一度くらいは会っておきたいねと話した。
結婚してからの新たな付き合いは、色々なしがらみもあり、洗いざらい
心中を吐露することは出来ないが、学生時代からの友人は何だか子どもの
感覚で何でも話せ、会うたびにリフレッシュ出来るような気がする。
それぞれいつ召されるか分からないが、少しでも存在価値のある生き方が
したいものだ。

そして生きてる限り彼女の笑顔をずっとずっと忘れない。
by gerakon | 2012-02-06 22:40 | Comments(0)

にんにくカプセルで便秘が・・・

10年位前からお試し的ににんにくカプセルを頂いていた。
夫婦共に勤務中は臭いが気になり消費期限もあるので、つい
飲みきれず処分を繰り返していた。008.gif

自分の体にはちょっと合わないと言っていた夫が何故か急に
昨年夏辺りから毎日飲み始めた。070.gif
するとしょっちゅう風邪を引いていたのに「この冬は全く大丈夫。
多分にんにくカプセルのお陰」などと言う。
それを聞くと殆ど家にいるのだから・・・と一緒に飲み始めた。
その間にも私は相変わらず風邪は引きひどい咳のため気管を痛め
たりはしていたが、ふと気がつくとあれほどしつこく旅行なども
そのために苦痛になっていたひどい便秘がすっかり解消。
まるで誇大広告みたいなのでこの場で正式品名は言えないのが残念。

起床直後に「するり」なんてことも珍しくない。夫は便秘は元々無い
けど10分以上もトイレにこもる事はずっと変わらないので改善される
部分はそれぞれ違うのだと実感。
友人の中には服用直後に胃の辺りがおかしくなったので一度で止めたと
いう人もいる。

私の場合今後もこの快適な状態が続いたら「にんにく様々」と毎日感謝
して飲むことになりそう。003.gif
by gerakon | 2012-02-04 09:29 | Comments(0)

インフルエンザから私を守る

4年ほど前になるだろうか?久しぶりのインフルエンザが
家族三人を襲った。息子は遠く離れて暮らしていたが何と
お葬式参列で会った父親が、既に感染していてウイルスを
親族に撒き散らしてしまった。

結局三家族私を含め8人位が12月20日頃から年末までに次々
寝込んだ。
これは亡くなった義兄の思い出と共にいつまでも語り継がれる
事になりそうだ。
他、明らかにインフルエンザと診断されたのは、十数年前娘の
大学受験に付き添って名古屋に行ったとき試験前夜ホテルの部屋
で高熱にうなされた。
結局私のせいで(?)合格はしなかったが、それはそれで別の
よい進路が待っていたので良かったとは思う。あの時の
私の風邪、娘にとってはとにかく大迷惑だった。

何かにつけ私はタイミングが悪いのだ。
まあ、色々あって今年も絶対感染は避けたい。でも、昨日
会った人が風邪気味の様子ではあったが何とインフルエンザと
診断されたと夜になって連絡があった。

昨年は百日咳にもなった事だしもう風邪なんてごめんだ。
今更予防接種は間に合わないので「どうかウイルスさん、私を
避けて通って下さい」とお願いするしかない。(笑)
by gerakon | 2012-02-03 22:49 | Comments(0)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る