孫一歳の誕生日

昨日は初孫一歳の誕生日だった。
昨年の出産直後の事を思い出し、胸が一杯になる。

一年間色々あったけど何とか元気にこの日を迎えられたのは
感謝の一言に尽きる。

娘婿の実家から紅白の一升もちが送られて来たようで背負わせ、一通りの
セレモニー。
デジタルフォトフレームにどんどん写真が入ってくる。

まだ一歩も歩けない孫はお餅が重いのかニコリともせず泣きべそをかいている。
昨日私が送ったバースデーカードは消防自動車のデザインで、メロディというより
まず大きなサイレン音、これでもびっくりして涙を流して大泣き。
電話口に泣きじゃくる声が聞こえる。何だか本人にとっては散々な誕生日だったかと・・・・。

良かれと思うみんなの気持ちだけどまるで虐待だねと大人は苦笑するばかり。030.gif012.gif

でも、すべて楽しい思い出になる事には違いないのでインパクトがある方が面白い。
また、これからの一年どんな日々が待ち受けているか楽しみだ。
怪我無く、大病無く成長しますように。
[PR]
by gerakon | 2012-03-31 20:19 | Comments(0)

中学生日記によせて

50年もの歴史。まさに私が中学生の時に始まったようだ。
でもその当時テレビで見た記憶は無い。
20代の初め頃から、子育て時代私の好きなテレビ番組の一つだった。

子どもが中学生の頃、特に娘に見せたいと思っていたがなかなか
興味を示してくれなかった。
自分を振り返っても親から勧められることは何だか素直に受け入れられない
年頃だったような気がする。

最近は殆ど見ていなかったけど最後だというので録画していた「中学生日記」
一人で刺繍をしながらゆっくり見て涙した。
いじめがテーマで壮絶ないじめのシーン。
苦しくて思わず画面から目をそらしたくなる。
人の心や体を容赦なく傷つけるってどんな気持ちなのか。

自殺まで決意する苦しみを・・・・もちろんドラマではあるけれど同じようなことは
数え切れないほど起きているわけで。
私自身もいじめを受けたことはあるし心のどこかに覚えているものだ。
でも、逆に誰かを傷つけた事があるかもしれないのにそれは殆ど記憶に無い。

命の尊さと共に色々と考えさせられる一時間だった。
本当にいい番組が次々消えていくのは残念でならない。
[PR]
by gerakon | 2012-03-28 19:41 | Comments(0)

きもので散策 40年振り?

思えば、喪服と留袖は殆ど建物内、車で移動なので
一般道を歩いた記憶は40年前の友人とのウールアンサンブル以来?

着物は紬、それに赤みがかった道行きコートにした。
まず、着付けのお免状を持っている友人が待ち構える会場に洋服で行き
そこであらかじめ届けておいた一式を広げて着せてもらう。
その後、大好きなお隣さんと宮島の雛めぐりを・・・・という予定だった。
でも、ショールが無くあまりの寒さに逆方向の電車に乗りデパートに向かった。

さすがはプロ、きちんと着せて下さっているのであまり窮屈な感じもないけど
着崩れもせず、思ったより楽だったかな?というのが私の印象。
ただ、着物姿に全く自信の無い私、はずかしくて知り合いに会わない様にと
祈りながら電車の座席に腰掛けていたら元職場の同僚が目の前に乗り込んで
来た。二年ぶりだったが見たことも無い姿なのでただただびっくりした様子。

その後お昼はやはり和食がいいわねと普段よりちょっぴり高目の食事と
おしゃべりをして帰った。
二人だったから良かったものの一人ではやはり着物の外歩きは(笑)無理かな?

強いお勧めがなければ絶対実現しなかったこと。
あらためてしつけのかかったままの着物に思いを馳せる良い機会になり、
そして何より揃えてくれた母に健在なうちに報告できる事をうれしく思った。
[PR]
by gerakon | 2012-03-27 11:36 | Comments(0)

リネンクロス完成。

リネンクロスにドロンワーク、チェーンステッチを施す一連の
手仕事が終了。大作を含め四点、最後の手洗いとアイロン掛けで
完成してほっと一息だ。

これから色々なシーンで見られることになると思うと大した仕事を
していない私も感動で涙が出そうになった。
日程的にも無理だと思っていたがいざとなったらおばちゃんパワーは
凄い!!(平均年齢73歳くらい?)予定より一週間早く出来上がった事になる。
一本の針と糸の作業でこんなにも緊張感と充実感、そして達成感が
得られるとは思っていなかった。
心底素晴らしい体験をさせてもらったと感謝している。

でも、チェーンステッチはまだまだ満足とは言えない。どうしたらお手本の
ように美しく仕上がるか大きな課題となったし、目標もできた。
[PR]
by gerakon | 2012-03-26 16:35 | Comments(0)

年の差婚

今朝方、娘と同じ名前の友人の娘さんkちゃんが73歳のおじいちゃんと
再婚して二人目の赤ちゃんはその人の・・・という夢を見た。又~023.gif

夢の中でどうして・・・?と私は友人の事を思って泣き出さんばかり(笑)
目覚めて「本当に疲れるわ~」と言いながら起き出し、夫に笑われた。

そして今朝、たまたま特ダネでぎんさんの四人の娘さん(88才から97才)が
歳の差婚についておしゃべりしていた。
ずばり「そりゃ、お金目当てだわね」と言い放つ。
この頃の女性は年収600万以上の男性じゃないとダメだそうで、どうしたって
そんな相手は50代くらいになってしまうというわけだ。

この頃は女性もかなり年下の人と結婚って聞くけど、孫のいるようなおばあちゃんが
若者となんて殆ど聞かない。
どうも若ければいいという男性の心理、私には理解できない。
[PR]
by gerakon | 2012-03-20 14:58 | Comments(0)

スケジュール一杯

無職で、学生もいない我が家だけど、やはり三月は何かしら
慌しい。
いつものように確定申告。(還付金請求だけど)先ず先日
無事終わり、その合間に音声訳ボランティアの勉強会が二度
入り、任意保険の更新手続き、親戚の子供への入学お祝いの
手紙を書いたり、そして今年は急遽入った刺繍の会。
そんな訳で定期健診も先延ばし。又、目の病気、翼状片が発症して
いると分かっていながら受診する暇も無い。

でも、最近は何とか様々な用事が一つずつでもこなせていることを
感謝しなければと思えるようになった。

今一番の気がかりは車。6人乗りの2000CCクラスに乗っていたが
燃費がかなり悪く一回り小さい普通車でせめてℓ当たり、15キロ
位は走るのにしたいと思っている。
日ごとにガソリン代もアップして年金生活者にとっては何ともやりきれない。
それも三月中に決断を迫られている。
何とか良い方向で乗り切りたいものだ。
[PR]
by gerakon | 2012-03-16 18:40 | Comments(0)

着物で雛めぐり

着付けの師範をしている友人から二週間ほど前から熱心な
お誘いを受けていた。
自分の着物一式を持参して着付けをしてもらい宮島に渡り
雛めぐりや、有名な人形作家の作品も鑑賞するという企画。

私は着物が似合うとも好きとも思わないので全く着る機会も無いまま
何十年経ってしまった。
しつけ糸もほどかないままの着物が何枚もある。

今回はとうとう「雨が降らなければ・・・」の条件付きで仲良しのお隣り
さんと着物で散策してみる事にした。

今日は眠っていた着物数枚と帯、小物一式を出して当日、着付けをして
くれる友人に選んでもらった。
「袖を通してないなんて勿体無い」とずいぶん言われた。

お任せで一応全て決まりその日を待つばかりとなった。
それにしても着物って・・・。何か一点でも忘れたら大変なことになる。

私はとても似合う人の着物姿を見るとうっとりするけれど自分が短時間でも
着て歩く事になろうとは思いもしなかった。
これも良い体験と捉えて楽しまなければ。
意外とこの年齢になってとりこになったりして(笑)

あと10日あまり。決めたときは雨乞いをしたい気持ちだったけど
いつの間にか晴れる事を待っている。
あっ、今気付いた。私は着物用のバッグを持っていない。002.gif
[PR]
by gerakon | 2012-03-14 23:55 | Comments(0)

みんなで取り組んだドローンワークがクロスの四辺合わせて
約10メートルほぼ完成。
次に白地に白の刺繍糸で中央と四隅に色々な図柄を
チェーンステッチで仕上げていく。

一箇所を担当することになったが見本を見せてもらったら
驚くほど美しい。
糸は一本取りで約一ミリの鎖になるという。
この目とこの年齢で今更そんな作業出来るかしら?と尻込みするけど
周りは殆ど私よりも年上、80歳過ぎている方も二人いらっしゃる。
そんなわけで年齢は辞退の理由にはならない。

あまり言い訳すると変なことになりそうなので(笑)012.gif
「少し練習してみます」となった。

恥ずかしながら一本どりの刺繍は初めてだ。
さえずる小鳥さんを適当に布に描いて刺してみた。
几帳面で器用な人とは仕上がりはまるで違うと思うけど
とにかく細かくつないでいけばくっきりときれいな線が
出来てくる事がわかった。
可愛い小鳥を見ているとなんだか頑張る気力が湧いてきた。
一生懸命自分をヨイショしている感じ。

これも楽しみになればいいのだけど・・・・。
[PR]
by gerakon | 2012-03-08 19:15 | Comments(0)

五月人形

初孫は昨年3月30日生まれ。
男の子なので一ヶ月ちょっとで初節句となるわけだ。

でも、里帰り出産で我が家にずっといたこともあり、
鎧兜など選びに出かける余裕も無く、迷っている
うちにインターネットで生後二ヵ月以内に初節句を
迎えるようだったら翌年にしてもいいとあり、即
決断。

それで今年はひな祭りが終わると同時に探し回る
事になった。
今日初めて実物の下見で三軒回ってみた。

一軒目は息子と娘のを購入した老舗のお店。
同じ場所にあり、とても懐かしく感じた。
以前はチラシなども入っていたが今はのんびり構えて
いる様子。でも、それがなかなかいい感じでまずは
久しぶりにゆっくりお勉強をさせて頂いた。

価格帯は三十数年前と大差なく物価はあまり上昇
していないと実感。
あとデパートも行ってみたがお値引きは無く作家さんの
ブランド料が相当上乗せされているという印象。

昔は結構お顔付きのこども大将人形も人気があったと
記憶している。今は殆ど鎧兜か兜だけ。
マンション住まいなのでコンパクトで割りと高級感の
あるものに絞ってみようかと思っている。

結構こだわりを持っている二人だと思っていたがなぜか、
こればかりは「お任せします。高くなくていいから」の一点張り。
親に選ぶ楽しみを・・・と思っているのかもしれない。

まだ、この時期品揃えが十分ではないようなので、来週あたり
もう一度出かけて決めたいと思っている。
[PR]
by gerakon | 2012-03-05 17:51 | Comments(0)

初めてのドローンワーク

縦1m、横5mほどのテーブル用のリネンクロスを製作しようと
いうことになり先日から開始した。その日、私はドローンワークの
為の糸抜きだけ二時間ほどして悪戦苦闘。

でも、二回目の昨日は初めてドローンワーク刺繍の手ほどきを受けた。
とにかく融通がきかず一つずつゆっくり教わって習得というタイプ
で、しかも呑み込みがが悪いので指導する人は大変だと思う。
本当に少しずつだけど形になるととても嬉しい。

こんな面倒な事私には到底無理だと思っていたので、
「皆さんが休憩される時のお茶汲みさんで参加させて頂きましょう」と
本気で言っていた。

しかし60歳過ぎて、初めての事に挑戦の機会を与えてもらえるなんて
感謝だと気持ちを切り替えたら何だか急に楽しくなってきた。

凝り性の私、家に帰ってハギレ切って練習用を何枚か作り糸抜きをして
美しい仕上がりの研究(?)をしている。
ここまでする人は多分いないね~と夫に冗談を言いながらも実は
自信が無いからなのだけど・・・・(笑)
[PR]
by gerakon | 2012-03-01 12:59 | Comments(0)