96才母のこと

母は今年遂に96歳。かねてより兄嫁から「おかあさんの部屋を少し片付けて」
などと、頼まれていたので思い切って一泊の予定で電車で一人出かけた。

大抵夫と一緒だが手持ち無沙汰な様子でじっと待っていられたら、とても
集中できない。単なる訪問じゃ無い場合は一人に限る。

到着したら母は聞かされていなかったらしくびっくりしながらも
娘の突然の訪問を喜んでくれた。

兄嫁は仕事で留守だったので先ず、頼まれていた母の寝具を取替えにかかる。
母にとってはどんなに古くても硬くても全く不自由が無いどころか
一番落ち着く布団なのだからまるで赤ちゃんがお気に入りのタオルを
取り上げられるようなもの。
でも、そこは心を鬼にして、今更だけど健康にも良くないし・・・などと
大声で言って聞かせる。008.gif
でも、何とか取り替えると「今日からお殿様のような布団で寝るんだ」と
皮肉めいたことを言って笑う。

私が不要と見極めたものをパンパン処分するが母にとっては超大切な思い出の
品だったり、近いうちに使うものだったりするので厄介だ。

そして、ほぼ当初の目標は達成したかと思った頃義姉が帰宅。
前夜作って持参したおでんと刺身用鯛を持っていっていたので
カルパッチョをして、楽しく夕食。
実兄が福島にボランティアで出かけて留守だったため、義姉と何と深夜二時半
までおしゃべり。

義姉のために今私が出来ること。それは母に時々ショートスティを利用して
もらうこと。

母は耳は相当遠いけど、いまだに自分の事は何とか出来るので、『どうして
家にいてはいけないのか?』となかなか納得してくれなくて困り果てた。
色々なことをわきまえた人だと思っていたけど兄嫁の気持ちには鈍感だと
思う。私は夫の母と長く一緒に暮らしたので何かと同感できる。

何度も説得して「はいっ、分かりました~」とひょうきんな感じで
返事をしたけど果たして近いうちに実現するかどうか怪しいものだ。

また、私の出番が来るかもしれないのでいつでも出かけられるように
スタンバイだ。003.gif

私たちが良かれと思って言ったりしたりすることが母にとっては何もかも要らぬ
お節介だと思うと何だか複雑な気持ちになる。
[PR]
by gerakon | 2012-09-25 17:50 | Comments(0)

今の中国と人を想う

私、60歳は大分前に過ぎたけれど一応戦争を知らない世代だ。
テレビで映し出される尖閣諸島関連の騒動は自分にはどうする
事も出来ないので何だか目と耳を押さえたくなる。

人間では無く建物や車などを襲っているがその光景は正に「闘い」
「戦争」を感じぜずにはいられない。
憤りは解るが何だかただストレスを吐き出しているように思える。

在日中国人もどうして車にしろ建物にしろ中国の物を破壊するのか
理解に苦しむと言っている人が多いようだ。
今、日本人は命の危険があるので外では日本語を話さないように
目立たないように極力気をつけているとか。
ジャスコの地元社長が「中国の方に喜んでもらうために出店して
いるし懸命に働くスタッフも全員中国人なのに・・・・とやり切れない
思いを吐露していた。

略奪放火など恥しい光景が映し出されても中国政府はまだ、日本政府に
責任があるの一点張り。
話し合いの席にも立てないなんて悲しいことだ。

友人同士でも時折不思議なくらい話が通じないと感じることがある。
それが、国対国なのだからしかも暴徒を相手では・・・。
ストレスをすっかり発散出来たら沈静化するのか、そんなに生易しいもの
では無いか。今の日本政府と国民は静観するしかないのかもしれない。
その内、石原知事に何か吼えてて欲しい気もするけど火に油を注ぐことに
なりかねない。
[PR]
by gerakon | 2012-09-18 13:29 | Comments(0)

昔覚えたことは・・・

この年齢になると新しい事はなかなか覚えられず
????の毎日だが、夫も私も昔覚えた合唱曲などは
その後は一度も聞かなくても今も口ずさむことが出来たりする。

驚いたのは先日合唱団の定期演奏会に私だけ行ったのだが
持ち帰ったパンフの歌詞(ラテン語)を見て夫が歌いだした事。
「四十年も前仕事中にも一生懸命覚えたので歌えるもんだ。懐かしい」と
本人もちょっと驚いたらしく感慨深げだった。
これからこの膨大な量をメロディ共に老化した脳に叩き込むのは無理が
あるけど懐かしむ事が出来るだけでも、記憶とか思い出は生涯の宝に
なるのだと夫の姿を見て実感し、いつまでも大切にして欲しいものだと思った。

私はこれからてラテン語の歌なんてとんでも無いけれどまずは遅まきながら
始めた朗読と刺繍は覚えが悪くて恥をかくばかりだと思うけれどコツコツ
続けて今後の励みになればいいと思う。
[PR]
by gerakon | 2012-09-17 16:50 | Comments(0)

38回目の結婚記念日

今年は珍しく夫が友人と山を散策で一日外出、私は「二人でどうぞ・・・」と
案内を頂いていた演奏会に出かけることになったため夫婦バラバラの一日に
なる。一緒に食卓に着くことも無理みたい。笑
せめて40年は小さなイベントを考え、それを最優先にしたいものだ。

今週は来客、外出で予定がびっしり。8日連続で出かけるなんて数年来の
ことかもしれない。
何とかこの歳になっても、それをこなせることを喜ばなければ・・・003.gif
でも、そんなわけで結婚記念日が吹っ飛んでいた。
今、私の周りには何だか不仲の中高年夫婦が多い。小さな家で家庭内別居
なんて嫁姑ならともかく夫婦でそんなの無理でしょ?と思っていたけど
結構耳にするようになった。
友人はとうとう本当に別居してしまったがかえって良い関係になったとか。
『仲良く不満なく添い遂げる』という事は今では当然ではなく奇跡のように
思えてきた。

私は多分・・・笑 添い遂げると思うけど何の不満も無くとはお互い言えない筈。
同じ家にいる限りは、嬉しい時は共に笑い、悲しい時は共に涙し、慰め合って
過ごしたいと思う。相当の努力は要するけれど。008.gif
[PR]
by gerakon | 2012-09-15 10:18 | Comments(0)

お年寄りパワー

夫の長姉77歳が葬儀参列のために関東より来宅。
昨夜は我が家に一泊。葬儀場所への姉の送迎をして下さったのが
何と80歳の老夫婦だった。

結局送りがてら初めて我が家にも急遽来てくださる事になった。
ただ、高速を使っても一時間以上の道のりで本当に申し訳なかった。
途中、土砂降りの雨に遭ったり、ナビ通りに走れなかったりで、
迷ったこともあり、予定時間には到着されず少々ハラハラした。

一度はお招きしたいと思っていたご夫妻ではあるけれど、大先輩でも
あり、躊躇していたが突然実現することになった。笑

長時間の運転にもかかわらずお疲れの様子も無く趣味の木工の話など
大いに盛り上がり、「今度は持ち寄りでパーティをしましょう」なんて
持ちかけられ、特に料理など得意ではないので「私は場所提供と、頂くほうで」
と言ったら「そんなのダメダメ」と笑われた。

今年スイスに行く予定だったが、ちょっと奥様が体調を崩されたとかで
「一年延ばしました。」とちょっと残念そうに仰るけれど、あくまでも
前向きで、毎日ご夫婦仲良く生き生きとお過ごしのようで少しでも
お手本にしたいと思った。

お二人お帰りになった後、77歳の義姉と食事をしながら少しビールも
頂き12時頃までおしゃべり。
家では殆ど声を出すことも無いらしく楽しいわ~と何度も言われ、
喜んで下さるとこちらも嬉しくなるという感じで、本当に幸せな
ひと時だった。
これを機に、お互いの老後のためにも親戚関係が益々密になれば良い
のだけど・・・と思った。

それにしても私よりはるかに年上の皆さんだけどずっとパワフルな
一面もあり、こんなに素敵な先輩方が身近にいてくださるのはとても
有難いことだと実感した。

また、今日は義姉と午前中に水族館に行き、さかなちゃんの絵を鑑賞
したり美しく珍しい魚達やペンギンさん、カワウソなどにも会い義姉も
「水族館なんて何十年ぶりかしら?」と大喜び。

午後、新幹線の駅まで送って行き、再会を約して別れた。
ご葬儀関連でなければもっと、楽しかったのだけど・・・・。
[PR]
by gerakon | 2012-09-11 20:53 | Comments(0)

When bad things happen to good people.と
いうのが原題だ。《善良な人に悪い事が起こるとき。》
二年ほど前、勧められて手にして読んだ本だが、仕事もしていてあまり
内容を把握していたとは言えなかった。

手元に興味を引く読み物が無くなったのでいつものように、
本棚をさがしていたらふと目に止まり、また読み返している。

著者は聖職者でありながら息子を早老症という奇病で十代で
亡くしてしまう。
どんなに考え抜いてかける慰めの言葉も親の心に届くことは無い。
その時の回りの対応、当事者がどうすれば立ち直れるのか・・など
考えさせられることが細やかに綴られている。

色々なことを神のなせる事として、これまでの行いが悪かったから
こんなにも大きな試練を与えられるのだと思ってしまう人が多いようだ。
とにかく自分を責めないこと。
どんな事も起こるべくして起こるのであって、その後の立ち直りのきっかけに
なるのが信仰や祈りではないかと読んでいるうちに思えてきた。

数年前三十代後半の大切な大切な息子さんを亡くされたお母様もこの本を
読まれたと聞いている。
まさに《善良な人に最悪な事が・・・》どうして起こるのか今も考えずには
いられない。その事には触れられないほどずっと悲しみのうちにおられるが
やさしいお人柄は全く今も変わらない。

最後のページまであと少し。また内容を忘れてしまいそうなのでいつも
側に置いてこれからも何か大きな悩みが生じた時頁をめくってみたいと思う。
数年ぶりに読んでみて、あらためて私の大切な一冊にしたいと思った。
[PR]
by gerakon | 2012-09-04 16:54 | Comments(0)