年末雑感

我が家族だけを言えば、先ず穏やかな年だったかな?と思うが
夫と私のそれぞれの親戚関係では、本当に色々なことがあり、
また来年に持ち越し事項も多くのんびりしてはいられない。

母が驚異の長寿、喜ばしいことだけどいつ何が起きるか分からない
という心配も尽きない。

只、今年の大晦日は珍しく夫婦だけで過ごすことになり、雑用は
割とはかどり、料理も黒豆、煮しめ、ピクルス、きんぴら、松前漬
などが完成。後は材料を買っているので来客時に準備すればいいので
気が楽だ。
これからお花を生け最後に足りないものの買い物くらいかな?

用事をしながらこんな風にお正月の準備が出来るのも幾つぐらいまで
かしら?と初めて思い巡らした。

何度もブログに書いているが大規模修繕中で、足場とメッシュの囲いの
中ということをみんな承知で来てくれるわけでちょっとした思い出に
残るお正月になりそうだ。

来年、家族は勿論だけど日本、そして世界中に災いが少ない年になるよう
ひたすら祈る
[PR]
by gerakon | 2012-12-31 13:43 | Comments(0)

今年も選挙で・・・

毎年12月25日私たちの団体では選挙で役員七人を選ぶ。
何十年も続いていることらしい。三年前退職がばれたのか、
暇らしいということで初めて選ばれてしまった。
最下位当選だ。
何十年も拘わっていても自分とは無関係と思っていたので驚きと同時に
「私は役員ってタイプじゃない」と消えてしまいたいと思ったものだ。

ただ忙しく一年が終わり、翌年も何も実績は残さず上位当選。そして
去年と今年はトップ・・・007.gif
皆さん私に一体何を期待していらっしゃるのだろうと考え込んでしまう。
特技なし。人前嫌い。会議苦手。リードするより後ろにいる方が好き。
どうもトップ当選が会長に・・・というのが慣例らしいが去年は会長職は
二年任期との事で私は免れた。
でも、今年はあなたしかしないとまで言われている。
いくら票が多くても適性という面では私は相応しくない。
早速根回しというものを初めて試みた。

他の人に立候補してもらうのだ。歯科医で有能だけどパソコンは
一切しないという今時珍しい人だ。書類作成等は全部頑張るし、
全面的にサポートさせてもらうという条件で何とかokとなった。003.gif

そうしないと全く適性に欠ける私が任命されてしまうのだ。

彼女が任期の二年間にどんどんスリム化、のどかで温かい
婦人の会に変貌させてくれたら次には私でも引き受けられるかな?と
思っている。

いずれにしても来年は母の介護もあるかもしれないし、今年より
更に慌しくなるに違いない。

ブログ更新もままならない。
でも、忙しい時こそ息抜きが必要になるような気もする。
[PR]
by gerakon | 2012-12-28 23:45 | Comments(0)

電車内いざこざ

電車が到着して乗り込もうとした時ホーム数メートル先に
ちょっとふらついて、駅員に絡んでいる私と同年代と思える人の
姿が目に入った。

発車と同時に乗ってくるなり空席を探しながら「座りたい。座りたい」と
何度も大声で言って見回している様子。とうとうたまりかねた女性が立って
席を譲ったらしく「おねえさん、ごめんね。足が痛いんよ」とあの切なげな
声はどこへやらご機嫌になって、それからはどうやら眠ってしまったようで
急に静かになった。

15分で目的地到着。その人も別の出口から降りてきて、また駅員に何やら
文句を言っていた。

これまで数え切れないほど利用しているが「座りたい~座りたい」と
大の大人が訴えていたのは初めて見た。笑
夫は酔っ払いだったんじゃないの?と言うけど・・・本当に足が痛かった
のなら全く素直で何だかかわいい気がしてきた。001.gif

この頃自分も含めこの年代ってどうも思い込みが激しく自分よがり、どんどん
頑固になる人が多いような気がする。
出来れば角が取れてまーるくなりたいものだ。003.gif
[PR]
by gerakon | 2012-12-17 23:17 | Comments(0)

さつま芋レモン

昨日のオレンジにニンニク・・・程では無いかもしれないけれど
さつま芋にレモンもちょっと驚きの組み合わせだ。

さつま芋は、我が家は二人ともちょっと苦手で大きい
のがキッチンの片隅に一つ残っていたので早速試してみる
ことにした。

苦手な理由は前にも書いたと思うけど必ず食した直後からやって来る
胸やけだ。
レモンを入れて煮るとちょっと酸味があり一層美味しくなると先日
聞いた。
詳しくは教えてもらってないけど適当に一センチ位の輪切りにして
出し汁に砂糖、醤油を煮物より控えめに加えて煮込み、柔らかくなって
上にレモンの薄切りを蓋をするように何枚か並べて少し小さな火で
5~6分煮て火を止めた。

全然期待していなかったけど結構美味しくて二日に分けて少しずつ
つまんでいるうちに(夫は食べないけど)無くなってしまった。

一番の感動は美味しい上に胸やけが殆ど無かった事。
これはレモンのお陰と思うしかない。003.gif

さつま芋嫌いは返上しようかと・・・笑
でも、かなり知れ渡ったのでなかなか頂けなくなってしまった。
[PR]
by gerakon | 2012-12-15 17:41 | Comments(0)

オレンジとニンニク?

フィレンツェに長期滞在した友人から聞いた前菜。
とても簡単でメニューと言えるかどうか・・・。

それはオレンジの皮を剥き、房を食べやすい大きさに切り
器に盛る。そこにニンニクのすりおろしを絞り入れ、
オリーブオイルと塩を少々振りかけ混ぜるだけ。

私はオリーブオイルはちょっと苦手だけど友人の
紹介のバージンオイルはかなり高価で体には確かに優しい。

ニンニクとオレンジなんてその意外性が面白いと思ったけど
味もかなり面白くて・・・笑 これぞクセになるという感じ。

今日はマンションの仲良しグループ四人で食事に行ったが
そこでも思いがけないメニューに出会った。
簡単に家では作れそうもないけど応用は出来るので今度
頑張ってみよう。003.gif
会心の作となったら紹介することに。
[PR]
by gerakon | 2012-12-14 19:11 | Comments(0)

音声訳壁に・・・

12月の勉強会は司馬遼太郎の坂の上の雲の巻頭部分を読んだ。

先週の指摘で、アクセントの間違いもあったが情景が全然浮かばない読み
だと一人の方から指摘され、「そうだそうだ」となり愕然としてしまった。

自分としてはまだ物語を理解するというより、ただ、誤読をしないようにと
一生懸命な段階なのだ。
でも、頑張って録音し直して又、昨日の勉強会にメモリを持って行った。

メンバーが違っていたこともあり、「どこがそんなに・・・?」と言ってもらえる
かと少しだけ期待していたが全くの当て外れ。良いのは声だけ・・・。笑
出席者のほぼ全員からダメ出しをされて、ちょっと立ち直れないくらいの
気持ちになった。

家に帰って再度聞き返すもどこをどうすれば良いのか全く掴めず、今回だけは
打開策も無いまま一ヶ月悩む事になりそうだ。

読書は好きだけれど朗読は自分には合わないような気がしてきた。
音声訳は感情を込めたり抑揚をつけたりはしないように、ただ目の不自由な
人に内容を理解してもらえれば良いのだから色は付けないと言われ、それなら
私にもってこいと思っていたけれど文意を捉えながら淡々と・・・は本当に難しい。

かなりの事を犠牲にしなければならず、それほど打ち込む体力も気力も
ないので、今、入っている予定だけやり遂げ、来年度は、きっぱりやめようと
初めて心に決めた。何だか急に気持ちが楽になった。
約二年半、とても良い経験をさせてもらい濃い時間を過ごすことが出来た事は
ただただ感謝。
[PR]
by gerakon | 2012-12-13 14:16 | Comments(0)

エアメール

二ヶ月前、フランスへ留学中の知人のお嬢さんに初めてカードを送った。
頂いた便りの返事だったので住所などその通り書いて郵便局に持って行き
「はい、70円です。出しておきま~す」とその時はいとも簡単だった。
一週間以上して無事着いたらしく「娘が喜んでいましたよ」と知人に言って
もらい、エアメールにもちょっと自信が付いていた。

今度は封書でクリスマスカードを送ってみようと、取りあえずクリスマス切手
一枚貼ってまた、近くの郵便局(今は日本郵便?)に行ってみた。

「これでも大丈夫だとは思いますが切手の位置が左右逆ですね。国名は最後に・・・」
と言われ万全にしたいのでエアメールのシールをもらって持ち帰った。
まず、国名は分かりやすく最初にドカンと書くんじゃないの?と独り言。笑
昔、英語の授業で「外国に手紙を書くときは・・・」と習った記憶はあるけれど
全く必要なかったので彼女の留学が無ければ、生涯未経験のままだったかも。
そういえば実家の母は義妹がオーストラリアにいるので何度も小包や手紙など
送っているはず。

結局必要料金の切手とエアメールシールを貼って封筒を書き直して投函した。
大丈夫かな~。015.gif
折角のクリスマスカード絶対届いて欲しいのだけど・・・055.gif056.gif012.gif
[PR]
by gerakon | 2012-12-12 16:58 | Comments(0)

ふと気がつくと十二月に入ってもう6日経っている。
あっという間の日々でブログを書く時間も無かった。

このところ、うっかりが多く本当に気を引き締めなければ
人様にまでどんどん迷惑を掛ける事になりそうで怖い(笑)

先日は立体駐車場の自分のスペースでない№に入れてしまったし、
朗読のテープCD送付当番をすっかり忘れていたりもした。

自分が困るだけなら「あれれ」で済んでしまうけど・・・。
年を取るってこういうことなのねと実感している。

そんなすっかり自信を消失している中事情があり、生後二ヵ月の
小さな赤ちゃんをこれから時々預かることになった。

最近孫の誕生からちょこちょこ見てきているので適任とかおだてる人も
いるけど、親戚筋とは言っても孫では無いので事故が無いようにと
思うと一人では無理と自分なりに判断を下し、夫と共に面倒を
見ることにした。

でも、一度9時間ほど預かったけど本当におとなしくて可愛くて、
いつでもどうぞと思わず言いたくなってしまうほどだった。

緊張感のある生活は呆け防止には一番いいのかもしれないので
自分なりに頑張ってみるつもり。

ただでさえ慌しい師走、どんな一ヶ月になることか・・・笑
先ずは風邪を引かないようにしなければ・・・。
[PR]
by gerakon | 2012-12-06 17:15 | Comments(0)