音訳で初めての区報

音声訳ボランティア、いよいよ三月末で退会を決めているが、
最後まで担当分はこなすつもりで目下全力投球中(笑)

今日は区報の編集完成版を作った。でも、実は初めてだったのだ。
何となく家庭内が大変な時外してもらっていたら、これまで、その
メンバーに入っていなかった。三人~四人で作るのだけど、私も
何度か体験済みと思われたみたいで「初めてだった?」とびっくり
され読む箇所も短い部分にと配慮して頂いた。

他の方は私の三月末退会をご存じなく今後のためにと色々教えて下さるので
だんだん心苦しくなり、お一人にだけ実は「区報は初めての最後になります」
と打ち明けた。
「折角馴れたのに~辞めないで」とずいぶん言っていただき恐縮。
区報は毎月月末までに完成させ月初め1日に必着として前日投函する。
これはテープなのでパソコン録音したものをテープに落とす。

前もって、見せてもらう原稿を視覚障害者用に言葉を加えたり削除したり
するのだが、馴れないので、日程時間など誤読は許されないこともあり、
私は全部原稿を自分用としてA4三枚に打ち直した。

時間は掛かったけどお陰で間違いも殆ど無く、正解だったと一人満足。
ところが、今日の編集では大ハプニング。
「テープの時代はそろそろ終りね。何とかリスナーさんにもデージーーに
移行して頂きたい。専用テープデッキも販売されていないし、中古品はすぐ
故障するし・・・」なんてみんなで話しながら持ち寄ったテープを一本に
編集しているとき、パタッと止まってしまった。巻き戻しも不可。
新しい90分テープだったのに・・・・007.gif

でも、みんな優しい人たちで「ごめんね。悪口言って。まだまだ、大丈夫ね」
なんてデッキを撫で撫でしていた。笑

今日は順調なのでお昼までに済むかも・・・と言っていたけど、このアクシデント
で初めからやり直し。
今、テープは日本製品が殆ど無く、外国製に頼らざるを得ない状況らしい。
最後は何かと自国ブランドの素晴らしさを熱っぽく語る事に・・・。

結局、三時近くまでかかり、楽しくお茶を頂いて解散した。
ちょっと楽しい思い出になりそう。

明日、お昼に投函するべくテープを持ち帰った。忘れないようにしなければ。005.gif








これで本読みは、まだしていなかったけど、他の事は一通り体験して、本当に
パソコンでの録音まで出来るようになったのだから、世界が拡がった気分。
[PR]
by gerakon | 2013-02-27 17:31 | Comments(0)

十年近いお付き合いの青年が昨年結婚しつい先日赤ちゃんが誕生した。
出産までの数時間どんなにハラハラして待っていたことかと若いパパの
様子を想像し、息子を思うような気持ちになった。012.gif

彼からのメールで「生まれたときは思わず涙が・・・」と。
「変顔とペストショットです」と女の子だけど意外とキリリとした
写真が添付されていた。003.gif可愛くてじっと見ていたら
一昨年生まれ、今二歳になろうとしている孫の誕生時の事を
思い出し、またホロリ。007.gif

若いパパとママがこれから一生懸命、愛情を持って育てていくのだと
思うと、遠くからだけで一杯の声援を送りたくなる。056.gif

我が家に二番目の孫は、いつ、どこから(笑)来るか分からないけど、
また、生まれたての新生児見たいな~と思ってしまう。

若い人たちが安心して赤ちゃんを育てられる環境が今後の日本に整うことを
ただ祈るばかりだ。
勿論、それには一人一人の努力は必要だけど。
[PR]
by gerakon | 2013-02-25 18:35 | Comments(0)

物思う年頃って

自分はこれまでその年齢に応じてずっと「物思う年頃」だった
ような気がする。笑
でも、今周辺に一番多いのが七十代。その方々が口々に「この歳になって
本当に色々考えるようになった」と言われる。

どちらかと言えば明るい未来ではなく不安とか後悔などが心一杯に広がる
みたい。勿論私も足を踏み入れているようなもので・・・。幸福感は徐々に
薄れてきていると思う。

ただ、そんな年代の方も、もどかしさを割り切れるタイプと何故何故?と
自問して悩む人とに分かれる。
出来れば前者でありたいものだ。

おぼろではなくやはり「死」に直面する年代なのだと思う。

今日、ふと目にした名言の冒頭。
マハトマ、ガンジー

明日死ぬと思って生きなさい。
永遠に生きると思って学びなさい。

これから歳を重ねてもずっと覚えておきたい言葉に
出会えた。

こんな気持ちで生きて行けたらいいのだけど・・・。

 
[PR]
by gerakon | 2013-02-19 14:14 | Comments(0)

コスプレおばあちゃん?

先日おしゃれな80代のご夫人と電車移動した。
幾何学模様の明るい暖色のコートをお召しだ。
きれいな白髪に栄える。

その時の私は相変わらずの帽子コートスカート、手袋、靴
見事に黒づくめ(笑) 中の赤いセーターをちょっと隠せば
そのまま通夜でもお葬式でも・・・といった調子だ。
でも、会った途端「お帽子がステキね」等と言って頂き恐縮
するばかり。

帰りの電車で向かいに座っている七十代後半とおぼしき女性の
姿に驚いた。
メイクもまるで舞台俳優、帽子は手づくりかピンク、黄色、青が
基調でひらひらと薄い布を大きなリボン風にして遊ばせている感じ。

ワンピース、上着、タイツ全てが原色の動物、花などの柄物。
そうそうキャリーバッグも同じくなのだ。024.gif

想像できるだろうか。二人、目が点とはこの事で、ご夫人いわく
「すごい!本当に楽しいものを見させてもらったわ。初めて・・・012.gif
あなたと対極ね」とニコニコ。確かに・・・笑

都会では珍しく無いのかもしれないが、こんな地方都市では
人目を引くこと間違いなし。あまりジロジロ見ては失礼とか
思ったけれど案外人に見られる事に快感を覚えているのかも
と後で思った。もう少し観察すれば良かったかしら?003.gif

そうすれば、もっと詳しく紹介できたのに。

短い時間だったけど、おばあちゃんのご家族は?とか
お家は?とか想像を膨らませ楽しかったし、ずっと
元気で続けて欲しいと思った。

人を決して不快にはしないし、思わず笑顔になるのだから。
[PR]
by gerakon | 2013-02-15 11:55 | Comments(0)

夫と二人で行くようにと団員から招待券を頂いた。
今回はその方は出演されないと聞いていた。
ただ、夫が抜けられない用事があり、急ぎ
音楽好きの友人(と言っても80歳代の方)を誘ったら
手帳を開いて「その日なら空いてるわ」とすぐにok。

前日電車の時刻と乗る車両をお知らせし、全く
迷わず合流できた。早くも感激(笑)

会場に着き、着席したらすぐ後ろの席に招待券を
下さったご本人が座っていらっしゃる事に気付き
その幸運に驚く。友人もその方とは周知の仲なので
紹介するまでも無く会話が出来て良かった。

ミサ曲の合唱に管弦も・・・というのは珍しく
あまり飽きないで(失礼040.gif)いられた。
ただ、前半一時間一度の拍手もなく曲と演奏者がすっと
変わるだけ、身じろぎもしないでじっと聴き入る演奏会には
少々、疲れちょっとだけ睡魔と闘ったのは確か。014.gif
でも、後ろの席には・・・笑

15分の休憩時間に友人が「本当に素晴らしい。レコードとかCDでは良く
聴いていたけど(ご主人が特に詳しい人だったらしくペアガラス、防音も
行き届いた鑑賞室も完備していたとのこと)生のバッハは初めてだったの。
誘って下さってありがとう」と何度も言ってくれるので第二ステージは
ちょっと気合いを入れて聴く事が出来た。003.gif

勿論後半もたっぷり一時間身じろぎもせず・・・殆どラテン語の曲。
日本語は勿論ひと言も無いわけで・・・司会も無く指揮者も演奏者も
言葉は一切発しないというコンサートは初めてだったような気がする。
でも、真に音楽に親しむってこういう事なのかも。
演奏者も聴衆も凄いとしか言いようも無い。

帰りの電車は三人一緒で色々友人は質問していた。
「私がテノールの人良かったです。」と言ったら「うーん、それよりアルトの
ソリストが素晴らしかった」とお二人意気投合していた。
なるほどね・・・。
とにかく慌てて誘ったけれどこんなに喜んでくださるとは予想外だったので
それが何より嬉しかった。
ちょっとあわてんぼうの所もあるけれど人生の先輩としても教えてもらいたい
事が沢山あるのでずっと長く元気でいて頂きたい。
とても、とても良い一日だった。
[PR]
by gerakon | 2013-02-12 10:54 | Comments(0)

旅行はちょっと苦手


今回は日帰りバス旅行なので「旅行」と言うほどでもない。
早朝6時半集合、帰宅は午後10時過ぎの強行スケジュール。

スーパーのキャンペーンで時々無料招待券が当たるのだ055.gif
行き先と夫の都合で当たっても廃棄することも多いが
結構あちらこちら行った。
勿論本人だけ当選で同行者は一万円余りの負担。
家族二人だとお得なのかどうか・・・。笑

今回は夫の都合が悪く沿線に住む高校時代の友人を誘ったら
「うん、いいよ」のひと言。旅馴れた彼女はまずは行き先と
日程を聞いただけ。申し込み後しばらくして、仕事お休み
取ってねと連絡したら「えっ、なんだっけ」とすっかり忘れて
いた。笑

まっ、それくらい気を遣わない相手ということで・・・・。
40年以上の付き合いだが、どちらかと言えばサッパリしたもので
電話も殆ど用件のみ。たまに会って情報交換はするけど
覚えていないことも多く、私の親も何度か死んだ事になったものだ(笑)

彼女との関係はこれくらいにして・・・。

元より私は旅行は苦手というか体調が崩れる事が多く、なかなか出掛ける
気になれない。
腸が弱いので長時間の飛行機なんて全く考えられない。
でも、あちらこちら海外も行きたいのを我慢するよりよほど気楽。
私って安上がりなの~と思っている。

今回も日帰りで暢気な相手なのにやはりお腹はぐるぐる張って困った。

でも、誘った彼女が本当に楽しそうにしてくれて、それは何より
嬉しかった。003.gif
結婚以来友だちとの泊まりの旅行は、いまだ経験なし。
日帰りは今回でやっと二度目。笑 まるで子ども並だ。

緊張感の無い旅を少しずつ重ねていけば今更だけど旅馴れた人に
なれるかしら?012.gif

今回素晴らしかったのは夫が洗濯物を干して、夕食のおでんを作って
くれたこと。(私が洗濯機も回し、おでんの材料も買っておいたけど笑)

いずれにしても主婦業を忘れて旅行なんて幸せ!043.gif
感謝の言葉がちょっと足りなかったかも。040.gif
[PR]
by gerakon | 2013-02-10 17:15 | Comments(0)

体罰に思うこと

私は体育会系ではなく、一度もスポーツのクラブに入ったことも無い。
でも、中学生の頃はテニス部で・・・野球部で・・・と熱血指導の噂は
聞いていた。

実際に拳で殴られたことなど一度も無いので、テレビなどでその現場を
見ても、痛みの程度が伝わらない事に今、気がついた次第だ。

息子、娘、共にスポーツクラブに身を置いていた期間があるがレベルが
高くなかったせいかそれ程厳しい指導は受けていない。

今回世間を騒がせてはいるものの、自分自身の気持ちも定まらない状態だった。
とにかくどんな理由でもどんな場所でも人が人の肉体を傷める事、そのものが
間違っているという程度。

夫がスポーツどっぷりの人で、体罰を容認しているのが分かるので単に
それへの反発心もあったのだと思う。

でも、今日のトクダネの投稿で『高校時代かなりの体罰は受けたけれど、
その顧問に親も自分も感謝こそすれ全く恨んでなんかいない。
自分の結婚式で温かいスピーチもして頂き嬉しかった』というのがあり、
ちょっと感動的な話しかなとも思えるようだったが
コメンティターとして出席していたアーチェリーのメダリスト山本博さんが
『その顧問は慢心せず、そんな生徒を持てた事を感謝すべきだと思う。体罰が
成績向上に繋がるなんて無い』と言い切っていた。

私も、これでモヤモヤが消えた。全くそうだと思う。
[PR]
by gerakon | 2013-02-05 10:31 | Comments(0)

広島出身の標準語

今日の朗読勉強会に17年振りに東京から広島に帰ってきたという
元朗読グループのsさんが出席。
広島のグループに復帰されたいとの事で役員会で承認済みとのこと。

私は初対面だったが、録音されたものを聞いて皆様々な印象を持ったようだ。
最初に感想を言った人は「ボランティアだけですか?まさにプロみたいですね。」
だった。
広島特有のアクセントが一切無いからだと思う。
地方では気付かないけど、東京に行って標準語の大切さを思い知らされた
ようで日常会話すら矯正に懸命だったらしい。
関西弁が抜けないんですという人に、読むときだけではなく腹をくくって普段の
会話から訛りを取ってくださいなんてズバリと指摘。

次に二十年近く続け、指導員も兼ねているベテランの方は「指導法が
違うのかな?と思った。」と言われた。
情景は浮かぶけれど抑揚をつけすぎ・・・こちらでは望んでいない部分と
言いたかったみたい。でも、三原則の「ハッキリ、クッキリ、スッキリ」は
見事だと絶賛。

sさんは特にアクセントに厳しく、人のテープも指摘されるが、自分への忠告に
対してもとても謙虚で気持ちの良い対応だったと思う。

東京では人のアクセントが気になり、どこの地方の言葉?なんて思うと
そればかりが頭を巡り話が掴めなくなってしまうという苦労もしたという。

広島出身の芸能人は、沢山いるけれど特に違和感を感じないのはやはり
若い時に上京しているから早く順応出来たということなのかも知れない。

でも、こんなボランティアをしていなければ全然そんなこと意識しないで
暮らせるのに・・・と複雑な気持ちになった。

日常会話も完全な標準語になんて変えたら、地方では浮いてしまうかも
しれないもの。

それにしても東京帰りのsさんは音声訳に新風を送ってくれることは
間違いない。
[PR]
by gerakon | 2013-02-01 16:11 | Comments(0)

遂にノロが我が家に?

このところ色々な場所で窮地に追い込まれることが多く寝不足が
続いていた。
昨日、午前中は平気で朗読の録音などもして家事もこなしていたが
夕食を作り食後何だか変・・・と思い、熱を計ってみたら38度、同時に
腹痛下痢が始まった。
結局深夜には8度7分まで上がり遂に重病人状態になった。
その間にもトイレとベッドの往復で殆ど眠った気がしない。

今朝は7度台になり、今平熱近くまで下がった。一体何だったのか
分からないけどノロウイルス感染を疑った。病院に行っても治らない
下痢止めもダメ、とにかく体から菌を出してしまう事と、聞いて
いたので、ひたすら腹痛に耐えた。

今日は痛みの間隔もだんだん開き、入浴も出来た。
ノロの特徴と言われる嘔吐吐き気が無かったので単なる腸に来る風邪だった
のかもしれないが、これで感染した時の心構えは出来たはず。

夫が今のところは発病の様子が無いのでホッとしているものの土曜日結婚式に
招かれているので、とにかくそれまでは元気でいて欲しい。

このままぶり返さないことを祈るばかりだ。
[PR]
by gerakon | 2013-02-01 00:34 | Comments(0)