孫の不思議

三月末には三歳になる孫。不思議が一杯。
今、一番の課題はおむつ離れ。二ヶ月ほど前すっかり卒業したかに
思えたのにある日をきっかけに簡単に戻ってしまった。

何でもおしゃべり出来るのにどうして・・・?といくら考えても
分からない。
『自宅でトレーニングの期間が過ごせたら良かったのかも
しれないね』と夫と話したりしている。

とにかく音に敏感な子でテレビの音量なども下げて欲しい、コーヒーミル
などのガーッという音は別室まで逃げて行くほどだ。

トイレについては、換気扇の音がダメなのかもと娘が思い至ったみたい。
そういえばあの音もこの音も・・・となるわけだが電車など間近で
見るのも騒音がつきものの工事現場なども結構好きなのだから不思議だ。

また、ドアをきちんと閉める、出かけるときにはテレビや暖房器具をoffに
するなどとても几帳面な面もあるければおもちゃを一杯広げて遊ぶのが
大好きで片付けようとするとやめてやめてと大騒ぎ~。(笑)
先日は出かける私に鍵や携帯に加え、イヤリングまで持ってきて「これ
は?」と言う。本当に不思議が一杯だ。
でも、どれもこれも大きくなったときに話しのネタが多くて面白いかも
と思ったりする。
親と同様楽しみと不安が入り混じる困ったおばあちゃんだ。
どーんと構えなければと自分に言い聞かせる。
[PR]
by gerakon | 2014-02-25 16:11 | Comments(0)

ブログご無沙汰・・・

三歳の孫と娘が我が家に滞在約4ヶ月(途中10日ほど帰宅したけど)。
習慣的に続けていたことが、ちょっとおろそかになっている。
何とか続いているのは家計簿と短い日記くらい。

夜就寝前は長い年月殆ど睡眠剤のように何か読まないと眠れなかった
ものだけど最近ベッドに横になると意外と早く寝てしまっていることに
気がついた。
やはり疲れているのだと思い、案外これが健康的な生活のリズムなの
かもしれないと思ったりする。

完全に退職して4年余り・・・・。目が覚めた時起きれば良いという
生活に馴れてしまってきていた。

今の忙しさに体が順応し切れていない。でも、折角与えられた
機会なのだと理解しこの忙しさを先ずは健康に過ごせている
ことを感謝し、もう暫く頑張りたいと思っている。

ブログも確かに途切れがちではあるけれど細々ながら続けて
6月頃から完全復活したいものだ。

孫は同年代の子どもと毎日のように遊んでいた自宅が恋しい
らしく、部屋の写真を見るたびに「新幹線に乗ってとうちゃんの
いる家に帰りたいね」と言っている。
何だかかわいそうになるけどお兄ちゃんになるには全て乗り
越えなければならないことなのだ。007.gif

あと数ヶ月今の自分に出来るだけのフォローをしなければと
心に決めている。001.gif
そして夏には元の生活が戻ってくる・・・。001.gif058.gif
[PR]
by gerakon | 2014-02-21 08:55 | Comments(0)

おしゃべりはどんどん達者になる。
この頃はお兄ちゃんになる自覚も少しずつ見えて来た。

でも、父親と離れているので、やっぱりママが一番。
私と二人でお留守番も出来るけどなかなか楽しそうには
してくれなくて、ばあちゃんとしてはあの手この手で大奮闘。
それにはやはり体力を要する。電車ごっこだの、お店屋さんごっこだの
本気で遊ばないとすぐにばれてしまう。笑

今日はとても寒い一日だったが、すぐにお迎えがあるということで
コートを着ないで出たら、おじいちゃんのように背中を丸めて、
手をすり合わせ「寒いね~」と言う。
その姿が可笑しくて、慌てて上着を羽織らせながらもつい、笑ってしまう。
マンションで誰かに会うと初めての人にでも大きな声で
「こんにちは!」と言うのでかえってビックリされたり。

毎日面白いおしゃべりが満載なので〇〇語録を作りたいけど一日が
あっという間で、おばあちゃんなかなか取り掛かれない。

今日は夫がスキー、娘と孫は彼の実家に行ったため本当に久しぶりの
一人きりの夜。最近は孫がいることが当たり前になっているので何だか
淋しいけど折角与えられた時間。のんびり過ごさせてもらう事にする。
[PR]
by gerakon | 2014-02-08 20:58 | Comments(0)