人気ブログランキング |

<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お兄ちゃんになるって大変

娘が4月17日に第二子を出産し、入院してから丁度一週間だ。
お兄ちゃんにとってはまさに悲しく辛い毎日で荒れまくっている。003.gif

その上良かれと思って行きはじめた幼稚園だが発熱、風邪が長引き
「もう行かない」病も同時に始まった次第。
今朝も泣き叫び暴れていたけれど何とかなだめすかして出かけてくれた。

元々嫌いなお風呂も母さん父さん以外は頑として受け付けず、浴室を
暖房してシャワーで何とか済ませるのが精一杯だ。
マンション中に響き渡るような声で泣き叫ぶ。
ジジババとしては、そんな無理はさせたくないが娘からは清潔を保つ
ために何としても入れてくれと言われているので必死だ。笑

幼児教育専門の知人からミニカレンダー作って、母さんが退院するまで
良い子にしていたら毎日ごほうびシールを貼って「あと何回寝たら」と
話して聞かせると、もう理解出来るはず」と聞き早速ばあちゃん簡単な
カレンダーを作ってみた。
その、効果があったのか、どうかは不明だが昨日辺りから思いのほか
良い子になってきた。
一番手ごわい三歳児。でも、一番苦しんでいるのは本人のはずだから
回りの大人が察してやるべきなのだとも思う。
単純な一日のスケジュールだが叱ったりしないでこなすというのは
かなり難しいには違いない。

25日娘が退院予定だったが一日だけ早まるかも・・・と言ってきた。
上の子にとっては願ってもないことだ。003.gif
by gerakon | 2014-04-22 14:48 | Comments(0)

広島カープの勢い

広島が冗談抜きで優勝候補と言われのは何年・・・いや
何十年ぶりだろう。笑
本当にここ最近そんな感じだった。

確かに今、期待は膨らむけれどセパ交流戦で散々な
成績で終わることもあるので油断がならない。

二人目の孫が生まれたこの年に優勝なんて事が実現すれば
また、暫く遠ざかっても何でもない。応援し続けるだけ。
優勝したからって何一つ生活が変わるわけでもないのに
何だか無条件で嬉しい。
これがファン心理と言うものかもしれない。

チーム打率打点最下位。だからこそ面白くて目が話せない。
鯉のぼりが泳ぐまで・・・とよく言われてきたけれど
今年はどうかそんなこと絶対ありませんように。
by gerakon | 2014-04-19 21:44 | Comments(0)

孫4月17日 お兄ちゃんになる

妹が生まれていきなりお兄ちゃん、本人の気持ちは複雑で
病院を出るとき母親と一緒に帰れないとわかり、声を
振り絞って泣いていた。

車中泣きながら眠ったものの目覚めたらやはり寂しさに
襲われたらしく、また涙がポロポロ。
まだ、風邪の症状も治まっていないので余計かわいそうで
これからの一週間何とか乗り越えて欲しいと思う。

最近、BSテレビで放映の『トムとジェリー』を本人がリモコン操作
するうちに見つけ大喜び。
父親にも連絡し家に眠っていたDVDを持って来てもらった。

ご機嫌が悪くお手上げのとき切り札として使わせてもらう事に
している。
しばらくは赤ちゃんの事はあまり言わないでお兄ちゃん中心の生活に
しなければと大人みんなで話し合っている。
ちゃんと乗り越えて心の成長を遂げて欲しいと願っている。003.gif

因みに赤ちゃんは3198グラム。よく泣き、ミルクもたくさん飲み
かなり逞しそう・・・。三歳、四学年違いのお兄ちゃん、妹に
やり込められる姿を想像してしまう。(笑)012.gif
by gerakon | 2014-04-18 12:31 | Comments(0)

娘明日出産の為 今日入院

前回は個人病院だったが、かなり不安の残る出産だった。
予定日より遅く帝王切開の手術日を設定されたため
前日深夜より陣痛が起きてしまい、激しい痛みに5時間位
耐えた挙句、手術開始という、辛いものだった。
結局夜中はスタッフを招集出来ないという産院側の都合
ということで納得せざるを得なかった。

同じ所で二人目も・・・の方が何かと便利かもしれないけど
衝撃が強すぎて今回の選択となった。
終わってみないと分からないけど・・・。

今度は上の子の発熱という思わぬ状況となってしまった。
無事出産、お兄ちゃんも早く元気になるよう祈るばかりだ。
明日のこの頃は・・・楽しみと不安で一杯のジジババだ。
by gerakon | 2014-04-16 17:21 | Comments(0)

入園三日目 孫発熱

昨年12月から体調良く、『四ヶ月も病院に行かないなんて
珍しいね』と話していたが遂に今日高熱が出てしまった。
明日はお休みだ。
初日、二日目も泣いてる子を不思議そうに見ていたようだけど
今日は車から降りる前にぐずり始めママと離れる時は
こんな泣き方久しぶりと驚くくらいだったとか。

でも、間もなく泣き止みお友だちと楽しく遊んだと私も
同行したお迎えの時、先生が丁寧に様子を話してくださった。
昨日の面白エピソード。
孫が先生に「はな、はな」と言いながら何か持って
きたのでお花でもくれるのかと思い手を出したら、何と
「鼻くそ」(笑)
それを「どうぞ」と渡したと言うので申し訳ないけど
家族中爆笑してしまった。
本人曰く「大きくて、びっくりした」だって。003.gif

今日行きたがらなかったのは体調不良と昨日おもちゃの取り合いで
トラブルがあったようで、それらが原因らしい。

結局、帰りに病院に行くと38℃くらいの熱、夕方には9℃3分にまで
上がってしまった。
16日は娘は入院、17日出産予定だというのに・・・。
坐薬のお蔭で熱は下がったけど、何日も続かなければ良いのだけど。

発熱の原因は色々考えられるけど不安感など精神的なものも大きい
のでは無いかと思う。
母親が好きでどうしようもない今の時期しばらく離すのは大変なこと
どうなることやら007.gif
by gerakon | 2014-04-16 00:27 | Comments(0)

入園第一日目

孫は3月30日生まれ。三歳になったばかりだが実家出産の母親の
産前産後2ヶ月だけという条件付で幼稚園にお世話になる予定だ。

今日は初登園の日。そのため、今週は早寝早起きの習慣をつける
ため、お昼寝をさせないで連れ出すなど、みんなで頑張った。
二ヶ月限定なのであえて入園式は遠慮したこともあり、本人は何の
ことだか出かけるまでは殆ど理解できていなかったみたい。

母親とジジと三人車に乗り込み園に到着したら、大勢の子どもが
泣き喚いたり賑やかで物珍しそうにキョロキョロしていたらしい。

でも、本人は先生に手を引かれこれから何が始まるのかという
感じで呆気無いくらい簡単にバイバイしたらしい。(笑)

もうすぐ四歳になる子もいるのでこれから挫折感を味わう事が
度々あるかもしれないと思うとババとしてはこっそり応援
したくなる。割とコミュニケーションはとれるタイプなので
安心な面もある。

二時間ほどで娘が迎えに行くと通園バスで帰るこどもが
羨ましい様子で「ぼくもバス~」とぐずり、仕方なく電停まで
じいちゃんが車で送りそこからたった三駅の区間大好きな
電車で帰るというわがままを許してしまった。

娘が出産後はどうなることか・・・008.gif

毎日の送迎など面倒なことではあるけれど、本人にとっても
今日からの二ヶ月は充実した日々になるのではと期待している。003.gif056.gif
by gerakon | 2014-04-11 15:03 | Comments(0)

初孫遂に三歳!

震災の年、娘はお産のため広島に帰省していた。
関東にいたらどんな不自由があったか想像もつかない。
それから三週間ほど経った3月30日に出産。
元々帝王切開の予定だったが手術時間より一日早く陣痛が
来てしまい二重の痛みに襲われたわけで本当にかわいそうで
ならなかった。

あれから三年。三歳の誕生日を過ぎて二三日してから急にオムツが
殆ど不要になった。でも、我が家以外ではどうか・・・。
紙おむつの普及で、この頃、幼稚園年少さんの三分の一位は取れて
いないとも聞く。中でも一番幼いはずなので。

孫は色々とこだわりがあり、換気扇の音とか臭いとか明るさなどに
とても敏感ですんなりとは行かないかもしれない。

ただ、おむつが取れると同時にずいぶん聞き分けもよくなって、何だか
物足りないくらい。003.gifでも、来週はお兄ちゃんになる予定。
多分、そんにいい子にしてばかりはいられない・・・となるだろうとは思うけど。
孫にとってそれが大きな節目になる。ジジババも心して見守りたい。

息子が生まれた年広島カーブが初優勝した。6月27日の誕生だったけど
その頃から「ひょっとしたら?」と待ち望んだものだ。
地元では赤ちゃんの名前も優とか勝の文字が随分使われたみたい。

昨年終盤好調でクライマックスシリーズに出場したせいか今年は優勝を
予想する解説者もいるらしい。どうなるかしら?

ともあれ、無事に、そして母子共に健康でありますようにいのるばかりだ。
by gerakon | 2014-04-07 16:33 | Comments(0)

指先の皮の厚み

夫は手の皮が薄いのかちょっと熱い物も全く
触れない。

昔は大袈裟と思っていたけれどどうやらそうでは
無いらしい。
同じお湯呑み茶碗にお茶を淹れても
私が平気で包み込むようにして飲んでいると
「信じられない~」と仰天される。003.gif

先日はトースターにちょっと小ぶりなパンを入れて
焼こうとしたが、私の焼き方は焦げすぎると
気に入らず「放っといて自分でするから」と言い
焼けるのを待っていた。ポンとあがり「よしっ」と
ばかり取り出そうとするけど、どうしても熱くて
パンに触れない。
私は全く熱く感じないので、しっかり手のひらに載せ
バターも塗れる。
やはり、体全体皮膚が薄いのだと思い至った。
そういえば湿布を貼る絆創膏が皮膚と一緒に
剥がれたこともあるし、靴擦れだって重症になる。
お風呂も熱いのに無理して入るとゆでだこのように
なる。
舌は薄い厚いがあるのかしら?それほど猫舌と
言うほどでもないような気もする。

今更訓練しても強くなるとか無いと思うので
熱いもの対応だけは私に任せて頂く事にしよう。笑

でも、男は我慢強いという意識があるので心中
複雑だと察する。
by gerakon | 2014-04-03 15:26 | Comments(0)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る