今どきの連絡網

私の所属している会で訃報があり、40名程の方に連絡網で分担して
お知らせすることになった。

一昔前までは連絡は電話のみ。その内faxの方が間違いが少ない
との事でそちらを希望する人もあり、文書で知らせる方がより効率的と
概ね好評だった。

でも、留守の場合は、帰宅するまで本人は知らないままになる。
次にパソコンのメールでお知らせも・・・。意外とこれは見逃す
合が多いようだ。
パソコンを開かない限り見られないからだ。そのうち携帯の普及で
携帯電話でのメールも電話も可能となる。でも、携帯の場合は
電話料金が格段に高くなり何人もかけていたら後に請求書を手にして
ギョッとすることもある。

今はパソコンとスマートフォンなど連動、同時にメールが入ることに
なり、まず全く知らなかったということはない。
でも、60代以上が大半を占めている私達の会では両方を持って受信出来る
人は極めて少ない。
携帯は持っていても(ガラ系)メールを全くしないという人も結構あり、
今回お一人とても親しい友人だったのに・・・と、その人の訃報を
知らせてもらわなかったと立腹する人が出てしまった。
携帯は持っていてもメールは無視(開けない)が原因だった。
連絡する側としてはそこまでは把握していなかったみたい。

連絡方法が多岐にわたり、便利なようでも確認しやすいのはやはり
固定電話に限ると言うことなのかもしれない。
昔はそれしかなかったのだから、どうしても連絡がつかなければ
諦めていたが今は、む、色々な方法を駆使して時間を掛け何としても
知らせようと頑張る。

何だかものすごい責任を負わされた役員は亡くなられた方の
訃報を嘆くより、皆さんに連絡はもれなく出来たかしら?とご冥福を祈る
心のゆとりは無くなってしまう。本当に心中は複雑だ。
もれなく確実に伝える方法を皆で考える事にする。
[PR]
by gerakon | 2014-08-30 17:56 | Comments(0)

広島豪雨 

先頃の台風は甚大な被害が予想されていたので相当覚悟していたが
広島に限っては気が抜けるほど進路から大きく外れた。

その矢先の今回の豪雨・・・。『広島は本当に住みやすい所』というのが
根底から覆される事になった上、今や土砂崩れの危険ヶ所が全国一
多いと言われている。

病院経営の知人からの電話で、「とにかく深夜入院患者さんを上の階に
移動させるのが大変だった。でも、後悔することになってはいけないので
宿直の看護師さんと必死だったわ」と言っていた。

一般住宅でも大雨の時は家族全員必ず二階で寝ないとダメ。と言われ
今度ばかりは心底納得した。
我が家は以前マンション一階だったけれど10年ほど前12階の部屋を
購入。住んでみて高層階は眺めは良いけど不便なこともあると思って
いたが土石流の被害を受けるリスクが低いなんて考えていなかった。

とは言え、同じ広島市。多くの人が亡くなり、行方不明者も日を追う
ごとに増えてきている。
我が家も遠方の方々からお見舞いのメールや電話を頂くがお陰様で
こちら無事ですと答えながらも何とも言い難い複雑な気持ちになる。

小さな子どもや少年の葬儀で見送る子どもたちが声をあげて泣いて
いるのを見るのは本当にやり切れない。

これから、こんな年になっても何か役立つことを考えたい。
甥がフェイスブックでボランティアの参加を呼びかけ、それにあたり、
必要な持ち物、心構えなどが書かれ、最後に「体力に自信の無い方は
やめた方が良いです」と結んでいる。全くその通りだと思う。

まだ、復興という段階では無いけれどせめて被災した人たちに心の
平安が一日も早く訪れるよう祈りたい。
[PR]
by gerakon | 2014-08-22 20:23 | Comments(0)

孫との10日間

娘婿の出張などに合わせた事もあり、10日間ものお盆休みだった。
何しろあちらこちらへと慌ただしく今回は実質我が家での寝食は何日
だったかあまり記憶に無い。(笑)058.gif

メインは、上の孫が大好きな交通科学館に行った事。
八月に入って雨続きで海に初体験という計画や、バーベキューも
中止になってしまった。でも、昨日は婿の実家の方で久々の晴れ間、
ビニールプールに裸ん坊で入って水遊びをしたり、庭でスイカを食べ、
初めて種を飛ばしたとか・・・ささやかだけど真夏ならではの一日に
なったと聞きちょっと安心。夕方の地元のニュースの中で八月に
こんなに雨の多い年は珍しい、一滴も降雨が無かったのは1日
だけだったと言っていた。057.gif

四カ月になったばかりの下の孫にとっては全く記憶に残らない日々。
でも、三歳のお兄ちゃんはかなり前の事でも覚えているので
次に帰省するときまで今回の広島での楽しい思い出を何度も
両親と話すのではないかと思う。

今朝、駅まで送る車中チャイルドシートにちょこんと座って、
急に神妙な顔で頭を下げ「ありがとうございました」と言うので
みんなびっくり・・・(笑)大人の口調を真似たのだと思うけど
今回は促されるでもなく自分の言葉で話す事が多くなり会話
も成り立つようになったと感じた。

とにかく怪我も無く無事に帰宅したと連絡があり、ホッとした。
次はお正月。こちらも体調を整えて待つ。001.gif
[PR]
by gerakon | 2014-08-19 01:40 | Comments(0)

我が家の恒例行事 お盆

夫の弟の奥さんが亡くなって五か月。私とも友人関係のようだったので
生前の事を折に触れ思い出す。長い闘病生活だったとは言えまだ
六十代半ばでの逝去は家族にとっては、なかなか受け入れられないものだ

一応長男という立場もあり年に一、二回は家族全員を招き我が家で
食事の機会を持ってきた。
今夏は初盆なので私達がお参りに行かなければと思っていたら
義弟がこちらに来たいと夫に電話をしてきた。003.gif

それは別に異存は無い事で急遽、娘家族も加わり集合となる。
息子と甥家族が都合で来れなかったけど小さい子も含め9名で
テーブルを囲む。

お正月はお節を中心なのでほぼいつもメニューは決まっているのだけど
夏は結構難しい。
それでも、短時間にボリュームのある料理が出来た。一番のごちそうは
ビールだったかもしれないけど・・・(笑)

テーブル一杯に所狭しと並べた料理もあっという間に皿の底が見えてくる。
若い男性の食べっぷりは本当に見ていて気持ちよい。
約5時間の食事会も終わり、夫は本当に良かったと満足気だった。

男の人・・・特に年配の男兄弟なんて飲まないと喋らないのが普通
みたいで私も何とかこのような機会を体力的にも出来る間は作って
いきたいと思っている。
でも、都会の友人たちは「そんなの親が健在のうちだけよ」と口を揃えて言う。

結局仲良しの従兄同士を会わせたいという思いもあるのだけど・・・。003.gif
[PR]
by gerakon | 2014-08-16 10:15 | Comments(0)

娘が第二子出産前後、約八カ月我が家に滞在して自宅に帰り
二か月。今度はお盆帰省ということで揃って顔を見せてくれた。056.gif

上の子は三歳四カ月、下の子はもうすぐ四カ月。
お兄ちゃんは妹の出現でずいぶん荒れたけど今回どんな
変化が見られるかと興味津津だった。

親の立場では、あまりの慌ただしさに過ぎた事はいつしか忘れてしまうものだ。
でも、ちょっと距離のある私達は本気で心配していた。
お風呂、外のトイレを極端に嫌がる部分などは大分緩和され、何とか渋々
応じるようになっていた。
まだ、自分の事が精一杯で小さい妹に対する優しさなどを示す余裕は
無いみたい。(笑)でも、ゆっくりだけど頑張っている様子はいじらしくもある。
頑張れと言うことでは無いけれどそっと見守り応援したいと思う。

娘が追いつめられたりヒステリックになったりするようだったら祖父母が
傍にいる方がクッションになって良い場合もあると聞く。
でも、割と大らかで辛抱強い母親だと思うので私達の口出しや助言は
却って邪魔になる様な気もするのでやはり別居がベストなのかもと
思ったりする。
お兄ちゃんは立ちはだかる高い山を乗り越えようと頑張っているようだ。

もうすぐ四カ月の孫娘は、たった二ヶ月でずいぶん表情も豊かになり、
泣き声のトーンが不機嫌な時、甘える時で微妙に違ったりするのが
面白い。
ガラガラを持たせると暫く離さないで見つめて振りながら音も楽しんでいる様子。
おもちゃを近づけると小さな手を一杯に広げて握ろうとする。
こんな些細な事にも成長を感じて「結構早くない?」などとばばバカ
全開となる。003.gif

先日は少し遅れ気味だったけど婿の実家の方々がお宮参りにお連れ
下さった。
また、今日はこれもやや遅れて百日のお食い初めとなる。
折々に優しく細やかな配慮をしてくださる事にただただ感謝だ。
あと、一週間弱で帰って行くが次に帰省するお正月は、それぞれ
又うんと成長していることと願うばかりだ。071.gif012.gif
[PR]
by gerakon | 2014-08-13 09:04 | Comments(0)

夏本番 忙しさも本番

広島は8月6日原爆記念日前後、県外から訪れる人も多く
街全体が慌ただしくなる。
私たちも老若男女それらの接待で大忙し。

今年も150人分の昼食を前日から準備した。真夏の食事関連は
本当に気を使う。ハヤシライス用に玉ねぎを切るのにゴム手袋を
はめるのだけど作業が難しくてたまらない。
ある人はその手袋の指先を切っていた事に暫くして気付いたようで
まさかどこかにゴム片が入ってしまったのでは?と慌てていた。
結局しっかり火を通す物は良しとしましょうということになり急遽、
素手になる。以降は大変はかどった。(笑)
お味は…工夫をこらし大成功。

それが終わると翌日母の様子を見に車で一時間半の実家まで
行き、部屋の掃除、耳の遠い母の話し相手などで一日費やし
夕方帰宅。明日は、もう娘ファミリーが帰省、10日程滞在予定だ。

忙しい事は結構ウキウキするけれど元気でいなければ楽しさも半減
するので今日はゆっくり部屋の片づけや寝具の準備をして、体力
温存の一日だ。

何とか体調を崩さないで大好きな季節、秋を迎えたいと思っている。
[PR]
by gerakon | 2014-08-07 14:53 | Comments(0)

山椒の実の佃煮

レシピを見ながらもお醤油が多すぎるのでは?みりん、砂糖は少ないのでは?と
ハラハラしながら完成した佃煮。

高いお値段で販売されているのには勿論遠く及ばないけど、思ったより
美味しくて「くせになる味」とはこんなのかも?と自画自賛。003.gif

最初に私たちが摘んできたのは何とか生のまま、又は茹でた状態で
それぞれ完売出来た。
でも、その後、また親切に届けてくださる方があり、感謝はするものの
軸や枝を外すのが大変だった事を思い出し、みんな困惑の表情。

今は茹でたままで引き取り手がないのが700グラムほど冷蔵庫に眠っている。

いつまでもそのままでは折角苦労して摘んでくださった方に申し訳ない。
今日、ちりめんじゃこ、昆布を買ってきて実の一つも無駄にしないよう、
使い切りたいと思っている。

少量のご飯にちょっぴり乗せて試食してもらったらバザーの一品として
注文あるかな?と昨日までとは打って変わって自信満々の私なのだ。(笑)003.gif
[PR]
by gerakon | 2014-08-01 14:01 | Comments(0)