朝起きてすぐ、あれ?たった今の夢・・・。いくら考えてもどうしても思い出せない
事が多い。
でも、今朝の夢は、とても不思議だったけど何だか細部まで覚えていたので
忘れないうちに書いておこうと。

とても親しい70代半ばの友人のお母様?が亡くなられ葬儀に行った。
どういうわけかキリスト教式。しかもご遺体を取り囲む形で告別式が
始まる。お母様は美しく、まるで眠っているよう。服装はきちんとした外出着。

まあ、きれい!と思ってじっと見ていたら指先がピクリと動く。(笑)
その動きが少しずつ大きくなり、私は側にいる牧師さんに思わず
『生きていらっしゃいますよ』と言ったら『大丈夫、気にしないで』と制して
そのまま司式を続けられる。

私は気が気じゃない(笑)ご遺体から目を離さないでいると、とうとうムックリ
起き上がり、そのまま壇上に進み、原稿のようなものを取り出しスピーチを
始められた。それが何と英語なのだ。
でも、誰も騒ぎ立てるわけでもなく、静かに聞き入っている。
夢の中では私だけが『これって、どういうこと?』と疑問符だらけ?????(笑)
ある意味、本当に面白い夢だった。

最近ご葬儀が続いたからこんな夢を見たのかしら?と思ったけど、そのお母様は
10年も前にお亡くなりなので、不吉な予感とか思わなくて良いので一応、私の
中では『おもしろ夢』にランクインだ。久々の夢日記。
[PR]
by gerakon | 2015-04-30 16:46 | Comments(0)

ボーイスカウト同窓会

同窓会って通常そんなに度々は開かれないと思うが、息子が所属し、夫が
リーダーとして約三十年関わっている団は年に一度のバザーを必ず
4月29日と決めているので多くの人が同じ場所に集まってきてまさに
同窓会!003.gif

スカウト時代は10歳前後だった子供たちが今やお父さんになり赤ちゃんを抱いたり
同じくらいの子供を連れてきたりする。『わあっ、パパの小さい頃にそっくり』などと声が上がり
又、昔若かったリーダーは60歳~70歳になっているのでまるで孫を見るように
目を細める。

ほんの三時間ほどの短い間に多くの人の笑顔が溢れ、この日を本当にみんな
楽しみに待っていたのだというのが伝わってくる。

小学校時代から通う学校も学年も違う子供たちが大人になり、今も交流が続いて
いるのは貴重な事だと思う。

息子も関東に住むスカウトの旧友と結構会っているみたいで、報告を聞くと何となく
その場にいるように温かい気持ちになる。
これからもずっと年取るまで大切に良い関係を・・・と願うばかりだ。
[PR]
by gerakon | 2015-04-30 12:44 | Comments(0)

夫はお酒を飲み始めてもう50年なる。
結婚を決める時、お酒を飲まない人という選択肢は無かった。
周辺の大人の男性は殆どの人がお酒に強かったからだと思う。

でも、今は毎日の晩酌が欠かせない人の割合は低くなってきたような
気がする。それは何故?
例えばお酒のせいで仕事の能率が下がるとか思わぬ失敗があったとか、
又は家計を握る妻の機嫌を損ねないように、先ずは家庭円満のためとか、
今の男性達はずいぶん忍耐強くなってきたのかもしれない。

しかし、私は夫の酒量を上手にコントロール出来ない妻だったこと今更後悔しても
始まらない。(笑)少し多くない?なんて禁句と思っていた。

退職後毎日家にいる夫。年金生活で外に呑みに出かけるなんて無理と自覚は
しているみたい。
取りあえず集団検診で休肝日を先ず一日と言われ、やっと実行し始めた。
何だか眠れないなどでストレスが溜まるかと心配していたが意外と
スムーズに一ヶ月(4~5回だけど)経過した(^-^)

ただ、夫は甘い物も毎日ちょっと欲しいという人。在職中は帰宅したら飲んで寝るだけ
の生活だったので、おやつ等は全く必要なかった。
ところが今は、昼間コーヒータイムに必ず『何か無い?』と言う。

ケーキなどレシピ通りに焼くと糖分過剰摂取になることは間違いない。
時々手づくり、後は何でもいいからあまり甘くない物を買って出している。
勿論私もおやつは夫と同じように食べている。

今日、賞味期限切れのうどんが一玉あることに気づき、いつかテレビで
紹介していた生うどんのかりん糖のようなものを作ってみることにした。
熱湯でほぐし水切りり、コメ粉をまぶし(今回コメ粉は無いので小麦粉と片栗粉を適当に混ぜ)
カリッと揚げる。事前にきな粉、砂糖を振りかけ混ぜ込んでも良し。

ケーキだと砂糖も100グラム単位で怖いくらいだけど、こちらは大匙一杯くらいでも
甘さは十分。
まさに外はカリッと中はモチモチだった。夫にも大好評。

お菓子作りは材料計量の正確さが一番らしいけど、これは本当に適当で失敗が無い。
ずぼらな私に合っているかも。友人で何もかもレシピ通りという人がいるけど
彼女が聞いたら『ちょっと、私はそんなの無理・・・』と言いそうだなと想像して
一人笑ってしまう。

私も時にはきちんと計って作りますよ003.gif

こうしてお酒もお菓子も好きな夫の健康を気遣いながら暮らしていますって言うと
カッコ良いのだけど・・・。結局ケチなだけ?
[PR]
by gerakon | 2015-04-28 11:57 | Comments(0)

頂き物の洋服

断捨離の一環で夫婦二人の洋服の処分も考える。
退職してから以前と比べ本当に服は買わなくなった。

次々処分しているうちに最近出掛ける時は夫も私も『着るものが無い!』と
大騒ぎする事も度々ある。

そんな時、頂いたもので、好みもサイズも合わないんだけど何とかならないかな?・・・と
引っ張り出して眺めてみる。

先日は、少し変わったデザインの厚手の布ペストを見つけた。
頂いたのは、もう二十年も前か・・・。ちょっと羽織ってみたら肩幅がとても
広くてまるで裃みたい。
とても私には無理と思ったが、自分の好みに合わないからといって、折角私にと
下さった物を捨ててしまうのは、申し訳なく大変な勇気を要する。

暫く考えた末、ダメ元でリフォームに挑戦してみることにした。
肩も脇もほどいてしまうこんな大掛かりな(笑)直しは初めて。
殆ど解体状態にしたものの、何だか自信も無くなかなか取りかかれない。
悪戦苦闘して、何とか形になった時はとても嬉しかった。

今回の挑戦で布を裁断して新しく縫い上げる方が、よほど楽だと良く分かった。
でも、面倒だけど何でも処分する前に一度見直してみようという気にもなれた。
新しい洋服を買いたい衝動が抑えられるのは何より良い事だ。003.gif

昨日オーバーブラウスの上に羽織り同系色のパンツを合わせて出掛けたら、
『あら、珍しいスタイル、パンツスーツみたいよ、自分で直したなんてわからない』と
言われホッとした。
そのうち頂いた友人に会う時に着て行きたいと思っている。
[PR]
by gerakon | 2015-04-27 16:55 | Comments(0)

娘との会話

娘は専業主婦なので短いけれど、こちらから週に2~3回は電話する。
今日は孫娘のとても可愛い写真がデジタルフォトフレームに送られてきたので
『私の携帯にも送って・・・』と電話した。どれかな?と言いつつ、すぐに切ろうとするので
まだ何も分からない孫娘ではあるけれど『代わってくれない?』と言ったら『寝てます!』だって。
結局この時はほんの1~2分(笑)

はいはい、そんな風に素っ気なくできるのも私だけなのよね~と半分ひがみつつも、おかしくて
一人笑ってしまう。003.gif

間もなく、その可愛い写真(ばばバカ丸出し)が送られてきて『そうそう』と頷きながら保存していたら
すぐに、もう一通。『これだったかしら?』と、とんでもない泣きペソの一枚が送られてきた。

娘はこんな短い悪戯が大好きなのだ。
母と娘、話しが尽きないと言う人もいるけれど私達は真逆。殆ど5分以内だ。

それは娘が不幸じゃない・・・むしろ幸せの証かもしれないと思えるようになった。

先日も義理のご両親のお泊まり訪問があり、普段から愚痴を言わない娘だけど
少しは嫁として気疲れしたのではと心配したけれど一言『子供たちの面倒を
見てもらえたので家事がはかどって助かった』だって。

ご両親は目に余る部分を呑み込んで下さっていると思うけど、良好な関係が
築けている事は確かなようで、娘との会話は実は少ない方が良いのかもしれない。056.gif
[PR]
by gerakon | 2015-04-24 13:34 | Comments(0)

フェイスブック

いまだにフェイスブックの良さが分からない。
夫は始めて二年ほどになるかと思う。

当初は友だちリクエストがあると当然の事として殆ど承認?
していたがある時から際限なく増やしていたら情報が入りすぎて
大変・・とスルーし始めた。
でも、時折直接会った人からお友だちになりましょうと言われると
『はい、はい』(笑)

スルーした相手は共通の知人で礼儀を尽くさなければならない人だったり
するので結局私一人気がもめるわけだ。

生きている限りお付き合いは大切にしたいと思うけど、フェイスブックの
お陰でかえって希薄になったりする。

この頃は、『もう、面倒になった。止めようかな』と言いだした。
そもそも他人の日常などにあまり興味を持てない人には情報過多が結構負担に
思えるのかもしれない。何でも始めてみなければ分からないものだ。

私の場合は知人などには公表しないブログが一番性格に合っているので
このままで十分。003.gif

ただ、娘とはいつでも電話が出来るので(いつも数分だけど・・・)どんな生活を
しているか、何となく掴めるから良いけれど、年中仕事他、多忙な息子とは
なかなか連絡が取れないので、フェイスブックを止めたら日常が全くわからない。

そう思うと、次の手段が見つかるまでやっぱりもう暫く続けて欲しいと・・・。
息子の情報さえ分かれば良い?(笑)
[PR]
by gerakon | 2015-04-24 10:03 | Comments(0)

断捨離あれこれ

悪性では無いものの病気と診断されたせいか色々と片付けたくなってきた。
いや、片付けるというより処分、断捨離と言った方が・・・。

今日はお天気も良いし、近いうちに半年に一度の火災報知機の点検も
あるので各部屋の整理もしましょうとクローゼットを開いてみた。
見上げると棚に今や40歳にもなろうという、息子のランドセルがある。

12歳で卒業なので28年・・・。中にはテストやプリント、ノート等が
入っている。小学生時代は二人の子供、私の子にしては(笑)
(抜きん出ていたわけではない)かなり良い成績だったので通知表
賞状などは本人達より自分が良き思い出として取っておきたいのかもしれない。

でも、昔の自分を思い出し、実家に帰るたびに色々引っ張り出して見せられ
母には悪いけど『もう良いから捨てて!』と邪険に言っていたような気がする。
でも、ちょっとましな通知表だけちゃっかり持ち帰り今も捨てないでいる。
我ながら呆れてしまう。

色々思いめぐらし、取捨選択は非常に難しいけれどうんと減らしたとしても
子供たちに『あれ、どこにある?』なんて言われる事はまず無いと確信。
早速思い切って作業を進めたいと思っている。

娘に電話をして、とりあえず学生時代の物では無いけれど、冬用の小さな
ベビー服等どうする?と聞いたら今年の冬に着れるかもしれないから、
もう少し取っておいてと言われた。二歳近くなって着るかな?と思いながらも
『わかった、置いとくわ』と、またケースにしまう。

何年か前、母が私の独身時代のパジャマを着ていて、びっくりした事が
あるけど、何だか自分も同じような事してる時があり、一人で笑ってしまう。

母は40年近く前に亡くなった祖母(母にとっては姑)の手紙など大切に
保管していて、『これ、いくらなんでも、もういいでしょ?』と言ったら
『いや~、捨てないで。優しい事書いてあるんよ』と制止された事がある。
嫁姑関係が良好だった証し、又は唯一の誇りようなものだったかもしれない。
母が生存している限り、急いで処分しなくて良い物は沢山あると認識。

自分の場合は出来るだけ子供たちを悩ませないように、潔くスリムにしたいと
思うが・・・。
[PR]
by gerakon | 2015-04-22 14:31 | Comments(0)

特ダネでモラハラを 

たまたま夫と二人で見ていた。
私はこの言葉、モラルハラスメントを知ってから、程度の差こそあれ
どこの家庭でも見られる事だと思っていた。
夫が妻に、妻が夫に・・。

今日取り上げられていたのは、離婚にまで至ったもの、今夫も
反省しつつカウンセリングなどを受けているといったケース等。

殆ど性格なので個人的には抜本的解決は無理というのが持論だ。
受け取り方も耐えられないと感じるか、受け流せるか・・・。

思い返せば夫は一日に一回以上は私に対してムッとしてる筈なので
10年で3650回、40年で1万回以上、私もドキンとしてきたわけだ。(笑)

でも、口喧嘩は基本しないので若い人からおだやかな憧れの夫婦などと
言われたりするので気恥しくてたまらない。012.gif
二人とも外面が極端に良いらしい。

最近は私の声が小さいとかで『ああ~っ?』と眉間に皺を寄せて大きな声で聞き
かえされる事が多くなったが、それでも一瞬ドキン(笑)

モラハラ特集を見終わってから『うちも似たような感じかも・・・・』と言いたかったけど
どうしてもそれは言えずそんな不快になるような事は言わないでおこうと思い直し
いつも通り家事をしている。

この程度で変わって貰おうなんて望んだら性格を変えて欲しいということなので
ストレスで病気になるかもしれない。
そんなのは私も困るので全て呑み込み消化しつつ参りましょう。003.gif

カッとする事が少しでも減るように私が努力すれば良いのだ。

でも、息子には、特に何事も主張出来ないタイプの女性に対しては決して声を荒げたり
しないでと日頃から言っておきたいと思う。勿論議論や討論好きの人だったら別だけど。

私が育てた子どもが人から怖いと思われるなんて母親としては耐えられない。008.gif
[PR]
by gerakon | 2015-04-21 12:51 | Comments(0)

四十年程前、女性は大抵の人が22歳~24歳位で結婚していた。
私も計画上は23歳で・・・と思っていたものだ。

その頃のお付き合いでは結婚にまでは至らず少し遅れて
25歳になったばかりの時だった。当時としてはかなり遅い方
だったと思う。

今は、それよりずっと後の30歳前後が普通になり、勿論生涯独身を
貫く女性も少なくない。

昔は独身時代が短くあまり趣味なども続けられず、あらゆる事が
結婚まで・・・と諦めていた。

しかし今や、働く女性は経済的にもゆとりがあり、貯蓄が
趣味という人は別として、自分磨きに惜しまずお金を使っているような
気がする。

昔では考えもしなかったエステやネイルサロン、ヨガ、フィットネスクラブ、
又は英会話、その他の外国語の教室、海外旅行・・・・。
経済効果は絶大だと思う。
ただ、その人たちの30年、40年後を憂う時もある。

子どもを産み育てながら同じようなお金の使い方は女性にはかなり難しい
のかもしれない。
雨の日に家にいると結論など出ないのに色々考えて思いめぐらし、
これもおばあちゃんの余暇の過ごし方かと一人苦笑する。
[PR]
by gerakon | 2015-04-19 16:41 | Comments(0)

孫一歳の誕生日

昨年の今日、感動というより上の子の気持ちを考えてヘトヘトに
なっていた事ばかりが思い出される。056.gif

ご本人、何も存ぜぬ事でのんびり健やかに育っている。
ひょっとしたらお兄ちゃんより大らかかもしれない。
まだ、暑くも無いのに着替えなどで裸になると嬉しいらしく、
つかまえようにも高速はいはいで逃げ回るそうだ。070.gif041.gif

誕生日を前にほんの数歩だけど歩けるようになったという。
手放しの得意そうな顔が目に浮かぶ。067.gif

ただ、血筋なのか、どうもひょうきん者らしく可愛いというより、おふざけの
写真が多いような気がする。ばあちゃんとしては、女の子なのにちょっと
どうにかならないの?と言いたくなるのをグッとこらえるわけだ。
娘は何よりも面白さ優先らしい。(笑)

初節句の3月には私達がお祝いに駆け付けたけど今日は、パパの
ご両親が行かれると聞いている。

10時頃には下田を通過とメールがあったとかで、思いのほか早いご到着に
娘が大慌て…(~_~;)

でも、家族行事をとても大切にされるご両親なのでバタバタ落ち着かない中でも
きっと楽しく過ごして下さっていると思う。

願わくは娘には出来るだけのおもてなしをして欲しいと思うのだが・・・。067.gif
[PR]
by gerakon | 2015-04-17 16:40 | Comments(0)