人気ブログランキング |

<   2015年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

巾着、ランチョンマット

珍しく娘から巾着とランチョンマットを作って~と電話があった。
幼稚園用がちょっと足りないと言う。
どちらも型紙とか要らないので、ばあちゃんは二つ返事でOK003.gif

でも、出掛ける用事が重なり結局先ず、裁断、布選び、縫い始めるまでに
2日も掛かり、頼まれもしないのに名前をチェーンステッチで刺繍したり、
電車を端切れでアップリケ・・・。ついつい張り切る悪いクセだ(笑)
又、面倒な事して・・・と娘に笑われるに違いない。

昨日、暑い中友人が出演する大音量の詩吟ライブを聴きに行ったせいか、今日は何だか頭痛、
吐き気で(ごめんなさい)全く食欲も無かったけど、夏休みも終わる事だし、何とか今日中に仕上げて
早く送りたいと思い、ばあちゃん頑張った~066.gif
素朴なてづくりの味、ばあちゃんの頑張り、孫は喜んでくれるかしら?

d0165488_1531385.jpg

by gerakon | 2015-08-31 15:35 | Comments(2)

日帰りバス旅行

結婚以来宿泊の旅は家族以外と行った事は一度もない。

旅行が特別好きというわけでもないのと、姑と同居年数が
長く、子供を置いて友人と旅行なんて考えられなかった。

又、子供が巣立った後は姑も高齢となり留守中何かあったら
嫁として後悔することになると、いつしか心に根付いていたのだと思う。
携帯など持たない時代だから、連絡がつかない場所には行けなかった。

12年前、義母が他界し、暫くして友人との日帰りバス旅行位は行ける
環境になった。でも、やはり気を遣うタイプ(笑)なので宿泊は無理と一人で
決め込む。(-_-)

昨日は海沿いを走り四国までの旅をお隣りMさんと満喫した。
ただ、晴天だったのは良かったけど、日射しを嫌って皆さんカーテンを
引いてしまい折角の車窓からの景色を堪能とはいかなかった。
時々ちょっとカーテンをめくり美しい海や島を、のぞき見て小さな
声で『やぁ~きれいですね』(笑)

それでも、マンションで一番仲良しのMさんとは楽しいおしゃべりが
尽きなくて、またたく間に時間が経ち、先ずは楽しい旅に。

そう、昨日は思わぬハプニングがあった。
隣の市に住む、二歳上の従姉が同じバスに・・・・。
乗車前、たまたま並んで立ち、びっくりして『あら~っ』と肩をたたいた。
ところが、一瞬私の顔を見た後ニッコリ笑って『人違いです。』思わず私も
『あっ、ごめんなさい。従姉にそっくりで』とドギマギ。えっ?と二度見した彼女。
『Kちゃん?』『はい、そうですよ』その後は二人で爆笑。
近くに住んでいる事もあり、従姉の中では一番頻繁に会っているのに・・・。
本当に、ボケちゃったのかと思ったけど、私が普段と違いサングラス(眼鏡並みの薄い色)を掛けていた事が原因だったらしい。

席は指定されていたので車内でおしゃべりは出来なかったけど降りる度に偶然の再会や近況報告などをして二倍に楽しい旅になった。003.gif
by gerakon | 2015-08-28 07:29 | Comments(2)

育児の想い出

娘は、上の子のトイレトレーニングはのんびりと少々汚れても良いように
帰省した時に頑張ると言っていた。(笑)
二歳の内にと下の子を妊娠中(7~8か月頃)その時が訪れた。
でも、なかなか難しく、最後の切り札は得意の絵を描き、ちゃんとトイレで出来たら
孫が大好きな電車の小さなシールを自分で一枚ずつ貼っていくというオリジナルの、
ものを作った。親バカだけど、フリーハンドでチャチャッと描く様子には感心したものだ。

トイレのドアに貼りつけて、ばあちゃんまで必死で、頑張った。
あの苦労、今ではずいぶん昔のような気さえする。
娘はすっかり忘れたように、この絵も大切な思い出として保存しておくなんて特別考えても
いないようだがジジババは娘の作品として、とても処分する気にはなれず、そっと隠し持つ(笑)

さて、一歳の下の子にはどんな秘策を・・・?何も苦労無く・・・かもしれないが。001.gif

d0165488_18141340.jpg

by gerakon | 2015-08-26 18:54 | Comments(2)

映画鑑賞

独身の頃は名作と言えば良く観に行ったものだ。
子育て時代は、自分の趣味に時間を費やすのは、何だか気が引けて
好きな映画を観る事なんて忘れてしまっていた。061.gif

結局、本同様、夫と好きなジャンルが全く違う事が大きく影響して
いたような気がする。
西部劇、コメディ、洋画のアクションもの・・・すべて私はあまり好まない。

7~8年前になるだろうかフランス映画の『コーラス』を何で目にしたのか
覚えていないけど、どうしても観たいと思い、職場の同僚と劇場に行った。

何とも言えない感動を覚え、これだけは夫にも観てもらいたいと、私にしては
かなり強引に一週間後に連れて(面倒がるので正に連れて(笑))行った。
唯一合唱好きというのだけが頼みの綱だった。

夫は頭が痛くなるから・・・と渋々だった。コーラス(LES CHORISTES)と
いうタイトルでなかったら、行かなかったと思う。
ふと、思い返すと結婚後、二人で映画って初めてだったかもと、お互いビックリ。
趣味が違うってこういう事なのだ。
夫は戸外でアクティブに私はその名の通り『家内』(笑)

意外にも、コーラスは夫も気に入り、買ってきたCDは何度聴いたことか・・・。

ふと、もう一度観たいなと思っていた時、息子から申し出?がありDVDを
プレゼントして貰っていた。
字幕を希望したとはいえ、じっと落ち着いて観るには、(フランス語わかりません)
まとまった時間が必要なので、息子が帰省した時にゆっくり観ることにしていた。
この度、三人で鑑賞。主人公の少年のボーイソプラノ、そしてタイトル通り美しい
コーラスにもうっとり。
夫も息子も合唱経験があるので、音楽は珍しく家族の一致した趣味なのだ。

お気に入りのDVDを持ち寄り、大画面で無料鑑賞会が時折開かれている所が
あるので、そのうち貸与という形で利用してもらうつもりだ。001.gif
by gerakon | 2015-08-26 16:56 | Comments(2)

広島、今年最大級の台風15号


お昼頃が一番風雨が強く、その後は徐々に弱まると聞いていたが3時過ぎ、まだ外出出来る
状態では無い。
マツダスタジアムのプロ野球も早々に中止となっている。

マンション12階の自宅から今日は一歩も出ていないが、かなり幅のあるバルコニーに
降り込む雨が窓を叩きつける程って…久しぶりかもしれない。
『お陰で窓ガラスや網戸がきれいになったね』と呑気なことを言っていたけど身近な所で
避難勧告が次々発令されるので落ち着かない。
でも、この風雨の中、避難所への道中、転倒したりずぶ濡れになったり却って危険だと
思ってしまう。
二人とも80代になったらどんなに不安なことか・・・でも、それもほんの10年ばかり先の事。
こんな事をぶつぶつ書いているうちに各地の避難勧告は解除されたとか・・・。

昨年、大規模な土砂災害が広島県を襲ったため、ちょっと雨が多いと予想されるや、すぐに
あちこちで避難勧告・・・。危険区域に住んでいるのは高齢者が極端に多かったりするみたい。

温暖化が主な要因か少しずつ地球規模で自然環境は良くない方に変化しているような気がする。
だんだん年取ると、孫達が大きくなる頃は、もっと住みにくい世の中になっているのではないかと
憂いてしまう。

嵐も少し治まってきたか・・・これから夕食の準備をして、車が出せるようであれば病院に
行ってみようかと・・・。
by gerakon | 2015-08-25 15:43 | Comments(2)

スマートフォンは必要ない?

携帯電話を持って何年になるだろうか?アンテナつきの娘のお古から始まり
今はダークグリーンの三台目。
約七年。長く持てば愛着もあり、不具合が生じない限り買い替える気もない。

自宅には数年前、息子が私達の誕生日か何かにプレゼントしてくれたタブレットが
あり、月々の利用料金も払ってくれているらしい。
息子流の親孝行なのだ。(笑)勿論大いに活用している。この度帰省の折、
そのタブレットでラインが出来るように設定してくれた。

丁度帰宅した孫が具合悪くなり、電話もなかなか繋がらず、短いラインでの
やり取りでずいぶん不安が解消されることとなり、それ程必要に迫られていた
わけでは無いけれど、息子の思いつきに感謝。

やっと元気になったとは言うけれど、今日も姿が見たくていきなり画像機能の
電話をしてみた。部屋や孫達の様子が映し出され声も聞こえるので元気な
姿を見る事が出来て本当に良かった。
今までもスカイプで連絡を取り合う事はあったけど、相手の都合を聞いたり
設定の切り替えをするなど、結構面倒だったので滅多に利用しなかった。

私達タブレットは殆ど携行はしないので家にいる時だけという条件付きではあるけど
今後も結構重宝するに違いない。

やはり、メールは携帯が絶対打ちやすいと思っているし、多分今後も譲れないと思う。
それに、指を滑らせるより、絶対ポチポチ押したい派なのだ(笑

でも、時代の流れに逆らえなくて、いつか『遂にスマホ持ってしまいました宣言』を
する時が来るかもしれない。(^v^)
by gerakon | 2015-08-24 17:22 | Comments(2)

孫交代で夏風邪

二人の孫、ひどい夏風邪。やっと回復か…。
帰省して間もない8月の第一週、年中の上の子が40度を超える発熱で
寝込み、家族中本当に心配したが、翌週は何とかお祝い行事など
参加し、初めての海も体験。(これには、ハラハラさせられた)

でも、第三週の月曜日全ての行事を終え、自宅に帰る日、何となく下の子が
熱っぽいと言っていたけど、夜中既に39度になったとか・・・。
結局空港から自宅到着まで遅れもあり、6時間位掛かったようだ。

歩けるようになったばかりの一歳の子供には何もかも強行軍だったのでは
ないかと思う。疲れているから免疫力が落ち、感染しやすかったのかもしれない。

下の子は昨日中耳炎を併発。又、喉が急に腫れて苦しくなる仮性クループという病気の
可能性ありと言われたとか。

上の子はお友達がお互いだからと気持ちよく預かって下さり、下の子の看病が
つきっきりで出来ているみたいで良かった。

二人の実家が遠いので友人と普段から良好な関係が築けている娘を、この時ばかりは
褒めてあげたいと思った。

昨夜は心配でたまらなかったけど、夫も不在なのでただただ祈るばかり。

今朝、早速メールしたら良く眠っている。パパと上の子はお散歩と返信があり、
胸を撫で下ろす。

婿殿、娘も休ませたいと思われたのだろうと感謝。
その後送られてきた写真は何となく目も腫れぼったくむくんでいる感じ。

先程、外出先から帰宅したら孫の髪を切りましたぁ~と初めてスッキリとした
元気そうな写真が送られてきていた。
完治ではないかもしれないけど一週間の闘病?ぶり返さないように気をつけて欲しい。

今回は、暑いさなか小さな子どもにはハードスケジュールだったかと思う。
夏休みも後一週間、みんな揃って元気に二学期が迎えられますように。
by gerakon | 2015-08-22 19:08 | Comments(3)

古希の夫 恒例のキャンプ

タイトルで『こうれいの』を変換したら最初に『高齢『が出て思わずなるほどと笑ってしまった。

夫がリーダーをしているボーイスカウトの団、夏はキャンプ(登山体験も含む)冬はスキーを
40年近く恒例としている。夫はそのうち約30年、場所選びや計画、栞作りから引率、
現地での指導などすべて関わってきた。
そもそも、スキー、登山が趣味で毎週出かけていたのに、息子が入団した事により、
指導育成に自然移行してしまったようだ。
当初は毎週日曜の活動の為、個人の本格的な登山が出来ない事でストレスが
溜まっていたみたいだが、退職後やっと昔の山仲間と時折、平日の登山を楽しめている。

夫にとって何十回目か恒例のキャンプが今日から2泊3日車で1時間半程の場所で行われる。
今朝、7時半雨の心配をしながら重いリュックを背負って出掛けたが
エレベーターの中で、『やれやれ、70歳のじいさんに、いつまでこんな事させるんだろう』と
ぶつぶつ言いつつ、『まっ、自分より年上のSさんも頑張ってるから』と思い直した様子(笑)
幾つになっても必要とされる事が生きる喜びかもしれない。
私も『確かに制服を着ると10歳は若返るね~大丈夫よ』とおだて激励する。

さて、私は久々の一人ぼっちの生活、車が無いのでちょっと不便だけれど、誰かに必要とされるかしら?
by gerakon | 2015-08-21 09:16 | Comments(2)

ほくろ除去から三週間

レーザーで除去してもらった(形成外科)ほくろ、三週間経った。でも今も
通院は続いている。経過はすこぶる良いらしいけど、シールを交換だけのため、車で
片道三十分待ち時間を合わせると三時間以上かかるので、感覚的には半日・・・。

丁度孫たちが帰省していて本当に大変だった。
でも、この度母が骨折したということで、自分で途中シール交換をして、一週間後の診察で
良い事になりホッとしている。それが最後になれば良いのだけど。

隣家の奥様、『ホクロなんてあったかしら?と思って食事会の写真をまじまじと見たわ・・・』
と笑っておられた。他の人もどこにあったか思い出せないとずいぶん言われた。
本人にしてみれば、眉頭辺りで、とても邪魔だったけど人は案外気付かないものらしい
ということが良くわかった。でも、良性だったとの検査結果も出たし、眉も描きやすく、
すっきりしたので、それなりに良かったかなと思っている。

ただ、治癒までにこんなに日数がかかり、しかも頻繁に通院しなければならないと
手術前に聞いていたら決心は鈍っていたと思う。

大袈裟なシールも無く、早く顔全体をプルプル洗いたい。(シールは透けているので
上手に貼れば殆ど分からないけど・・・。)
by gerakon | 2015-08-20 11:22 | Comments(2)

99歳母、圧迫骨折

昨日ひどい腰痛を訴える母に兄は動転していたようで
私が電話をした時も何だか慌てふためいて要領を得ない。
 
結局義姉からのメールで入院も視野に入れ救急搬送されたが
痛みどめの座薬などで大分楽になり帰宅したらしいとの事で一安心。

今朝もその後の経過が気になり、電話をすると掛かりつけの内科の病院に
連れて行くからと何も話さないうちに切られてしまった。
兄もとにかく一生懸命なのだ。

却って義姉の方がちゃんと把握して話してくれるかもしれないと、夜電話を
してみた。
確かにいろんな事がよーく分かりやっと不安が解消された。003.gif

兄は母の事をとても大事に思っているので、どんな時も出来るだけの事はして
あげたいと思うようだ。入院とか入所も極力避けたい派だ。
そして、昔堅気と言うのか余程の事で無ければ救急車を呼ぶなんて
まず考えられないみたいで、何とか自分で対処したいと思うらしい。

義姉に『母を載せる台をこれから作ろうと思う。出来たらそれで一緒に
車まで運んでくれるか?』と言ったとか…。
その光景を想像して思わず <泥棒をとらえて縄をなう>だね~と笑ってしまった。

この程度で119番は、どうも申し訳ない。何か他の方法はあるかと消防署に
相談したら、救急車が出動してしまったと言う(笑)

超高齢者になると長時間座っているだけでも圧迫骨折は起こり得るものらしい。
だから自然に横になることが多くなるのかもしれないとふと思った。

このまま、日にちが薬という風に快方に向かうと良いのだけど・・・・。

兄が母に優しいので娘である私、実はとても助かっているのだと
この頃やっと気付いた次第。

口出しはしないで何か要請があれば素直に従うことに致しましょう。
by gerakon | 2015-08-18 22:50 | Comments(2)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る