母の要介護度アップ

母の介護度が要介護1から一気に4に上がった。
特別申請したわけでは無いけれどディサービスの様子などで
ケアマネさんが判断されたものと思う。

兄はとても親孝行で懸命に頑張っているのは認めるし
敬服しているが、最近一人では限界に達していると
見るに見かねる時もしばしばあった。
先日義姉も交えケアマネさんとお話しした結果、やっと
ヘルパーさんに毎日二時間お願いすることショートスティも
定期的に利用、在宅時に入浴サービスも週一組み込んで頂くと
いう契約?が結ばれたらしい。

ホッとしてやっとゆっくり眠れるようになった。
兄は、母を大切に思うあまり、衰えないように叱咤激励
して機能回復に努めていたが、私はそれはもう良い、
楽に暮らして欲しいと思っていた。
でも、介護度が上がった事で、無理なく自然に移行して
いくものだと・・・。
介護を巡って、口論や口出しをしないで済んだ事も有難い事と
思っている。

来月から始まる母の日々の暮らしが平穏でありますように・・・。
[PR]
by gerakon | 2015-10-31 11:29 | Comments(4)

マンション心配だらけ?

工事手抜きなんてお隣の国々の事と(ごめんなさい)思っていたけど
そうでは無かったのだ。

たまたま私の甥が貸していたマンションを売却した。
6~7年賃貸にしていたがとんでもない状態で転居され、
補修が数百万円の見積もりだったとの事。

すぐに借り手が無かったら目も当てられないと思い、売却を
決断したようだ。
勿論、補修も含めなので大した利益は得られなかったけど
空室になっている間の管理費負担など考えると、とても気持ちが
軽くなったと言っている。

その甥夫婦は、親の支援もあり、結婚と同時に購入、暮らし始めたものの
二人ともマンションの経験が無かったので、馴染めなかったようで十年程で
限界が来たようだ。
結局今に至るまで、偶然見つけた広い芝生のある古民家を
借りて住んでいる。犬が飼えるのも魅力の一つだったみたい。
その家は、古民家と言っても海軍将校さんの住まいだったとかで洋風で
素敵な佇まい。
若夫婦のこだわりに見事に合致したのだと思う。マンションが売れたら次に
一戸建て購入でも考えているのかと聞いたら、『持ち家に魅力を感じなく
なった。災害の多い時代、ローンを抱えながら大切な財産を一瞬で
失うかもしれないでしょう?今の暮らしが一番快適、この家素敵過ぎて
当分引っ越すなんて考えられない』と言う。

マンション不具合の件に戻るけど少し古いマンションの方が安心かも知れない。
息子は横浜と東京目黒にそれぞれマンションを持っていて、横浜を賃貸にしている。
最近、東京のマンション売却を考えていると言う。古いのがかえって魅力なのか
立地が良いこともあり、すぐに売却できるようだ。

親が買って与えたわけでは無いので何も言えないけれど私は惜しいな~と思ってしまう。
よく考えて決めて欲しいが、今度は郊外の二世帯住宅?(笑)

先日マンションの友人とランチをしたとき若い人たちは、建て替えられないものかと言ってる
人が多いとか・・・。まだ、十数年しか経っていないのに。
全ては今回の杭打ちデータ改ざんのせいだ。私達、もうバタバタしたくないんですけど(笑)
[PR]
by gerakon | 2015-10-30 11:28 | Comments(3)

母の若かりし頃の写真

母の部屋の片付けも大詰めを迎えた。
義姉に勧められ始めたものの、当初はあまり乗り気
ではなかった。しかし今では毎回色々な発見があり、これで
良かったのだとやっと思えるようになった。

今回は、今の私と全く同じ年齢の母の写真が出てきた。
すっかり老いさばらえた今の母の姿を見るとただ切ないばかり。

母は民謡教室に通っていたようで着物を着て舞台に
立っている。引っ込み思案?控え目を絵に描いたような人で(笑)
家族にも発表会に来て・・・なんて言えなかったのだ思う。

多分薄化粧をしているのか、娘の私が言うのも変だけど
こんなにきれいな人だった?と驚いてしまった。
40代でも、極端に地味な格好をしていておしゃれとは無縁だった母。
自分と比較してしまうが、正直母の方が余程整っていると認めざるを
得ない。
ということは私が90代になったら・・・考えるだけでも怖ろしい(笑)

母の歴史を追いながら親を一人の女性として見る事は
殆ど無いものだとつくづく思い知らされている。
母がもう少し自信家で自分磨きに励むような人だったら
人生も変わっていたのかもしれない。

義姉が一言『お姑さんはべっぴんさんだったよ』と言ったけど
客観的に見るからこそ言えるのかもしれない。

父はとっくに他界。子どもたちを思い、再婚もしないでひっそり暮らした母。
辛い事もたくさんあったと思う。せめて、最期は、苦しみも無く、皆の温かい
見守りの中で送ってあげたいという、気持ちが一層強まった。
[PR]
by gerakon | 2015-10-29 11:27 | Comments(2)

久々のランチ

以前から約束していたランチに四人グループで行って来た。
33階のフロアー、三方ガラス張り、素晴らしい眺望だ。
このメンバーで行った食事会では今回のお値段は最高
だった。何しろ美しい盛り付けにしばらくうっとり見とれる。
家でこんな風にしたら『どうしたの、大丈夫?』って
心配されるねと笑ってしまうほどだ。005.gif

メインはドカンとフードが被せられてとっても柔らかい
牛ひれ。最後のデザートまでお皿が一枚の絵のように
美しい色彩。
ただ、元よりどんな高級料理も馴れないものは苦手な
お腹(笑) お腹一杯というより膨らむ感じで夜まで
何も食べなくても・・・と思ってしまう。
でも、夫の食事を手抜きしたら機嫌悪くなるので
頑張ったものの自分はやはり食べられなかった。(-_-)

実は今日のランチの目的は最近60代で結婚した友人の
お祝いだった。新婚生活に興味津々、ただ心配も
あったので余計食事に身が入らなかったのかも。(笑)
でも悲喜こもごもの暮らしぶりを聞いて、とりあえず一安心。

熟年結婚は、同時に親の介護も、もれなくついて来る事が
多いので色々考えさせられた。

これから、ストレスを吐き出し、又明日から元気に過ごすためにも
時々会いましょうねと言って解散した。
[PR]
by gerakon | 2015-10-27 21:37 | Comments(0)

初めてのボケ

昨日から実家に泊まり込み、引き続き母が過ごしていた部屋の
片づけをした。
片づけと言うよりやはり断捨離。昨夜は家系図だの、昔の写真だの
色々出てきて12時過ぎても興奮したのか目が冴えてしまって結局
一時前まで・・・。外堀から(笑)少しずつ崩してゆくしかない。
なかなかすっきりしないものだ。

今朝も起きるなりゴソゴソと母の部屋でまた、作業開始。
朝食を義姉と二人でおしゃべりしながら済ませ、さあ、
次は今母が療養中の家に向かおうと荷物をまとめて
玄関を出る時、あれっ、スッピン?と思ったとたん
義姉に聞く『私、お化粧してるかな?』『いいえ、してないでしょう?』
思わず吹き出してしまう。

人に私お化粧してる?と聞いたのなんて初めてだし、余程のボケ老人
でなければ、あり得ない事。(笑)

いや、笑いでは済まされない。
数分でチャチャッとメイクして戻り、『洗顔は覚えてるんだけどね~』

4歳上の義姉に『ちょっと大丈夫~?』と心配されてしまった。

一時的なものなら良いのだけどと思いながらも、あまりの事に
これはかなり面白ネタだと思ってしまう楽天家の私だ。003.gif

昨日は要介護1からいきなり4と認定された母に会ったけど
暗算で簡単な足し算、引き算、九九の問題を出したら瞬時に
答えたのでまさに、ありゃりゃ~。
介護している7歳上の兄は探し物ばかり(笑)大変だ039.gif
[PR]
by gerakon | 2015-10-26 18:49 | Comments(4)

コントを考える

元々、私は母親譲りなのか、くだらないギャグで人を笑わせるのが好きらしい。
自分では受けを狙ってなんかいないよと言うのだけど子供達には見抜かれている。

絶対天然じゃない、計算だよと苦笑される。でも、何気なく言った一言で息子が
大笑いする事もあり、そんな時はつい調子に乗ってしまう困った母親だ。

数日前、息子が帰省した時に、ライブで歌の合間にちょっと楽しい事を
相方さんと話したい。そのネタをお母さん考えてくれない?と言われ、
『えっ?私が作家さん?』と驚きつつ、単純な母は早速頭をひねり始める(笑)
しかし、普段のおしゃべりの中で咄嗟に口をついて出る事はあっても、
ちゃんとシナリオにするって、とても難しいもの。

錆びついた頭を少しでも活性化・・・いやボケ防止にというのが息子の狙い
かもしれないが、色々悩みを抱え考え込むよりはるかに前向きで
面白いと思うので、お勧めに従ってみようかなと・・・(^-^)
[PR]
by gerakon | 2015-10-23 16:38 | Comments(4)

毎日のお掃除

ブログのお友だちとか、知人のお掃除法を参考にする事が
結構多くなってきた。

トイレはとにかく毎日こまめに・・・これは時に忘れる事も
あるので夜寝る前にそうだっ!と突然思い出しゴシゴシ、
そして翌朝は当然の事として入念に掃除してたら夫に
そこまで・・・?病的じゃない?と笑われた。

でも、確かに気持ち良い。戸外にいるみたいな空気感だ。

ずっと40年以上専業主婦の知人は、毎日重点的に掃除する
箇所を決めていると言う。

月曜は休み、火曜、火回り、水曜、水回り、木曜は庭玄関回り、
金曜は金銭出納の整理見直しとDM、手紙類の処分・・・・。
土曜日は土いじり?違ったかな?

とにかく、自分なりに忘れない方法を編み出して凄いと思う。
怠け者の私には真似は出来ないけど確かに読んで字の如しで
分かりやすくて良いかな?と。少しだけ参考にさせてもらっている。

年末の大掃除、私は11月中旬からぼちぼちという感じだけど
彼女は10月中に完璧に済ませるそう。
今は、追い込みだと思う。こんな事を書きながら、ちょっと私も
焦って来た。(笑)
[PR]
by gerakon | 2015-10-21 14:30 | Comments(2)

息子の大学では合唱の定期演奏会に毎年、家族で出掛けたものだけど、
卒業後、もう二十年近くになるなんて信じられないくらい。

でも、就職してから数年ブランクがあっただけでやはり、歌いたい
ステージを、曲を作りたい気持ちが湧いて来たらしく、ずっと音楽に関わって
きているので、家族も何だかんだと巻き込まれている感じ(笑)
今は、コミックバンド的な事をしていて(荘厳なミサ曲等も歌っていたのに(笑))
方向転換が面白い。

夫も昔社会人で合唱団、又、職場でジャズバンド部を結成したりと音楽全般に
好きなんだなと思う。
義父母、義姉、義弟もかなり音感が優れていたと聞くが、私は調子っぱずれで
ただ歌うのが好きなだけ。最近は声が出なくてもっぱら口パクだ。

娘は歌うよりピアノを弾く事の方が好きみたいで大学入学と同時に
時には気晴らしに弾きたいというので、急遽電子ピアノを持たせ
目的は充分に果たせたようだ。

今は子どもが小さく日々慌ただしいので部屋の隅っこに置かれたまま。
そろそろ孫がレッスン始めてくれないかな~とと期待している。
ふと考えてみるとこんな風に家族中が音楽好きって珍しいかもしれない。

一般的に秋は色々な演奏会が最も多く開催されるような気がする。
様々な芸術が目に、耳にそして心に沁みやすい季節なのか・・・・。

芸術の秋…音楽の他、絵画なども鑑賞の機会があれば良いのだけど。060.gif012.gif
[PR]
by gerakon | 2015-10-20 12:16 | Comments(2)

息子のライブ

今の二人組ユニットは活動開始から三年位。
昔大学時代は合唱でラテン語などの曲も歌ってた事を思えば
180度以上の変わりよう(笑)
今はとにかく子どもからお年寄りまで楽しめるコミックバンド?を目指し、
仕事の傍ら(これも出演料を頂くのだから仕事だというけれど・・・(*^^)v)
土日を中心に活動を続けている。

私は今回も会場移動のアッシー係と滞在中の寝食の世話だけ担うつもり
だった。これまでは恥ずかしいし本人も親の前では・・・と、あまり乗り気で
なかった事もあり一度もライブは見ていなかった。
でも、少しずつ自信もついてきたのか珍しく『やっぱり来ないんだね~』と
この度は微妙な感じだったしきっと楽しいからなんて後押ししてくれる方もあり、
遂に勇気を持って(笑)出掛けてみる事にした。

始まる前は妙に落ち着かなくて心拍数相当上がっていたと思う。(笑)
見回すとまさに子どもから、かなり年配の方もいらして二人共満足そうに
見まわしながら笑顔一杯で歌い、楽器を奏で、あっと言う間に終了。

私達が座っていたすぐ近くの席に温厚そうな初老の紳士がおられ、楽しんで
下さってると思っていたら、何と相方さん(息子より10才も若い)のお父上と
判明。慌ててご挨拶をした。その会場は隣県のご自宅から車で一時間以上も
掛かると聞いた。でも、普段はなかなか会えない息子さんのお顔を見るために
わざわざいらしたみたい。
何だか胸が熱くなった。私は歩いて10分余りの所なのに・・・恥ずかしいからなんて。

お父様はCDまで買われ、何だか申し訳ないような・・・。

活動の内容はフェイスブック等でよく知ってはいたけど、初めて生で見て
一層息子の頑張りが感じられ良かったかなと思う。

色々なアイディアもそろそろ枯渇して来る年齢かもしれない。
輝く今の時間を大事に過ごして欲しいと願う一日となった。

明日もラジオで告知通りの3会場頑張れ!060.gif070.gif
[PR]
by gerakon | 2015-10-17 20:54 | Comments(2)

息子帰省ステージママ?

今日から月曜日まで広島滞在予定で帰って来た。
お昼頃、駅に降り立って最初に向かったのは地元ラジオ局。

本業の他に自称ミュージシャン(いや、芸人?)として夜FM局にも
出掛け、スタジオでそれぞれ15~20分程トーク番組に出演させてもらった。

お昼は録音しながら聴いていたけど、突然何かお気に入りの
一品は?などと聞かれ『これは母から教わったのですが・・・』と
言い始めたのでドキッ(笑)司会者が『お母さん聴いてますか~』
全く思いがけない展開で夫は笑っていたけど、こちら大慌て(~_~;)

その番組は二度目の出演だったのでパーソナリティとも息が
合い、なかなか面白かった。

私は、おしゃべりなくせに大勢の人の前で話すのは超苦手、夫は
呑まないと喋らないタイプなので息子のこの度胸、一体誰に似たのかしら
と、いつもの事ながら驚くばかりだ。

土日のライブもしっかり告知して二本とも無事修了。私は、普段不足気味の
野菜たっぷりの料理を作るくらいしか出来ない。
二日間にわたって5会場でライブの予定だけど、何だか照れくさくて、どうしても
出掛けられない、勿論殆ど宣伝もしない変な親だ。 
お宿とアッシーに専念予定。(笑)

息子は本当によく笑って面白いので、滞在中は家の中がパッと明るくなる。
久しぶりにお母さん業楽しみましょう。
[PR]
by gerakon | 2015-10-15 23:03 | Comments(3)