素晴らしき仲間 

ボーイスカウトが日本で活動を始めて100年程。
息子が小学生から大学まで所属していた団は約50年前、
発団と聞いている。


夫が指導者として関わるようになって30年。
その当時はスカウト隊も今の何倍もの大所帯で行事も
盛んだった。スキー教室、夏のキャンプ、募金活動、
近隣のゴミ拾いなど、貢献度も高かったように思う。

バザーは、それらの活動を支えるためのもの。
安全に特化したキャンプ用品やスキー板、靴などは
個人での購入は無理なので売上金で補充してきた。

ただ、児童数の減少と、サッカー野球人気でスポーツを
希望する子どもたちが増え、今はどんどん先細りの状態。
従って備品補充の必要性も低くなってきている。

今のバザーは純益も少ないけれど、何故か止めましょうという
話にはならない。

それは何十年も関わって来たスカウトと保護者が同窓会の
ように集まるという素敵な目的があるからだと思う。

昨日は女子高生のお父さんになっていた昔の少年?と言葉を
交わし、あの可愛らしかったY君が・・・と、ただただびっくり。
中には既におじいちゃんになった人もいるとか・・・。
夫だって40歳そこそこだったのに、70歳だもの。当然と言えば当然。(笑)

ご夫婦でステッキを(白杖の方も)手に、笑顔で懐かしい方々と
歓談なさっている姿もお見かけした。不自由を押してでも、どうしても
行きたいという気持ちにさせる、不思議な場所。

年に一度4月29日と決めているので案内は無くても県外から
駆けつける人もいる。

食卓につくと、可愛いお花が飾られ『来年もお待ちしています』とカードが
添えてある。
こんなにも大人も子供も赤ちゃんも、ニコニコと笑顔で集えるって、
あらためて感動を覚える数時間だった。

又、今年は急遽中高生スカウト達が熊本大地震の募金活動に加え、寄付に
充てるため、生八つ橋風の手づくりスイーツを販売。
考案からすぐに実行、この行動力もスカウト活動の中から培われたものかと、
胸が熱くなる。奉仕の心はきっとみんな生涯持ち続けると思う。

お天気が良すぎて、ちょっと疲れたけれど、紅茶売りのおばあちゃん、
最後まで頑張りました。(*^^)v売上げは7900円。

昨日、帰って来た娘達、まだお婿さんの実家にいるけれど、
私、これから又みんなのスケジュールに喜んで(笑)あたふたと
巻き込まれて行くことでしょう。

[PR]
by gerakon | 2016-04-30 14:30 | Comments(4)

引きこもりの1週間

昨日娘婿のお母様から電話があり、いつものように最初に
『お忙しいですか?』と聞かれ、思わず出た言葉『暇ですね~』(笑)

後で、『暇です』なんて、これまであまり言ったこと無いな~と気付いた。
明後日は娘達が帰省するというのに何となく実感がわかなくて…。

今思えば、先週病院に行った後、一週間、特別外出の用事も無く、
引きこもり状態だった事が暇と言わせた一番の原因かもしれない。

外部との接触と言えば熊本大分に実家のある友人四人に
お見舞いのお電話をしたくらい。
ご無事は確認したものの明るい話題では勿論ないので何となく
沈んでしまう。外出と言えば徒歩2~3分の買い物だけ。

夫と二人で一日中家にいても、そんなにお喋りをするわけでもない。

ふと、今のこの状態が数年後には毎日になるのかもしれないと
思い、何とも空しい気持ちになる。

たまたま昨夜夫が『このマンションで一人になったらちょっと住めないな』と
言う。『あなたはすぐに誰か一緒に住んでくれる人探すでしょ?』
『うん、確かに探すと思う。でも来てくれる人はいないよ』と、こちらも
何ともネガティブな~(-_-)

でも、ひとつだけ、一人で夢中になった事がある。
広島の外国人向けの英語で観光ガイドをするボランティアグループが
出版した百ページに満たない冊子を先日メンバーの知人から購入。

CD付きなので頻繁に流して運転中とか家事をしながら聴いている。

もちろん、それで内容が把握できるわけも無く、合間に英和辞典
タブレットを駆使(発音確認)しながら読み進めていく。

本を開くと左の頁が日本語、右が英語になっているのでわざわざ
単語を調べる必要はないかもしれないけど、英語の部分は詳しく丁寧に
書かれているので、単語も出来るだけ完璧に理解したいと思うのだ。

普段通りの家事は何とかこなしているけど、その合間は殆どこれに
没頭している。暇だから?何となくモヤモヤ気分だから?

広島は被爆地なので、その部分の説明が多く、中には初めて知った事も
あり、熊本大地震の最中、福島の原発事故の事にも新たに思いを馳せる。
だから、この作業、夢中にはなれるけど今は明るい気持ちには、ちょっとなれない。
ただ、黙々と調べて読んで聴くという作業自体、夢中になれる事には違いない。

夫が『又、やってる?何か始めたらこうなるんだから~』と呆れた
顔で言うので『目障りだったら止めますが…』などと言ってしまう。
後、数ページ終わるので止めませんけど・・・。(笑)

そもそも購入のきっかけは路面電車に乗った時、外国人旅行者にちょっと話しかけて
みたいかな~というだけ。

それにしても長年住みながら足を踏み入れた事のない場所も結構あるもので
知らない事だらけの自分に驚いた。

娘達が海外勤務になった時、『私達の出身地です』と紹介したりも良いかなと
思い、1~2冊追加注文することにした。

作業は終わらないけどそろそろ引きこもりからは脱出しなければ・・・。
[PR]
by gerakon | 2016-04-27 08:19 | Comments(7)

脳髄膜腫MRI検査結果

検査を始めて、もう10年近くになる。これまで、MRI検査の度に
『殆ど変化は無いのでこのまま手術をしないで最後まで経過観察
のみというのが理想です。』と言われていた。

ところが今日はちょっと違っていて思わぬ展開になりそう。
『通年で言えば2ミリ程大きくなっているだけですが、ほんの少しずつ
変化しているのは確か。でも、手術はかなり困難なので一度
ガンマナイフ治療の設備がある病院に相談に行かれたら?』と
勧められる。紹介状を持ち、5月連休明けに行く事になった。
T病院は中国地方で唯一ガンマナイフ設備を持っているとの事。

私は、自覚症状も無く一病息災とのんびり構えていたのでちょっと
ガッカリ。
パンフレットを貰って帰宅。入院、治療、退院までのスケジュールが
イラスト記載され、費用は手術でもないのに三割負担で19万円だって。

もし、大きくなるまで放置していたら?と聞いたら、左側に髄膜腫が
あり、圧迫により右半身が不随になる可能性があるとの事。

『やっちゃえ』と夫は言う。
受診後の事ではあるけれど結局決めるのは自分ということで…。

担当の脳外科医はガンマナイフ治療により腫瘍が小さくなれば、
徐々に大きくなったとしても危険な状態は何十年後なので、(百歳?)
治療はした方が良いと思いますと言われた。

今は考えても仕方ないので強く勧められれば従うことにした。
小さくなる確率はどの程度なのかが気になるところだ。
[PR]
by gerakon | 2016-04-21 14:29 | Comments(5)

孫はやっぱり面白い

被災地の方々の声、助けて下さい~水がありません~食料がありませんなど
見聞きすると胸が一杯になる。
色々な形で私の周囲でも物資を送る準備が始まっている。

そんな中で、孫が昨日、二歳の誕生日を迎えた。数日前に
バースディプレゼントとして贈ったリュックを背負った
姿で動画が送られて来た。

『じいちゃん、ばあちゃんありがとう!(*^^)v』ここまでは
取りあえず普通。その後娘が『はい、クルリと後ろ見せて』と
言ったら、ちょっと考えていた孫が、やおら前転のポーズ。
『そうじゃなくて・・・』と娘が笑う。意表をつく行動だ(笑)

それで、ふと思い出したけど二人目の出産のため
三歳になったばかりのお兄ちゃんを二カ月ほど
気晴らしになれば良いのだけど・・・と幼稚園にお願いした。
ママの出産は上の子にとっても、まさに一大事。
そんなに楽しくはなく本人にはとても辛い毎日だった。

でも、一度みんなが笑った事がある。
指先に何かつまんで『せんせい、オハナ・・・』と持って行ったようで
先生は桜の花びらかしら?とニッコリ笑って受け取られた。
何と、そのてのひらには〖鼻ク〇〗が・・・・(笑)
娘はごめんなさいと言うしかなかったと。でも、子供なりに家にいるのと
違い、これどうしよう?と処理に困ったのだと思う。

幼少期は無心だから面白いのだ。二度と帰らないこの年頃のエピソード
いつか話して聞かせたいと思う。

ただ、この子たちも、今いる場所は平和だけど、いつどんな災害に見舞われるか
わからないと強く思うこのごろだ。ただ無心な笑顔を見ていると本当にホッとする。

きっと、窮屈な避難所などでも幼子の何気ない仕草に多くの方が、心癒されている
いらっしゃると思う。
幼い子供は何かを生み出す力は無いけれど、又、迷惑を掛ける事もあるかも
しれないけれど、目に見えない生きるエネルギーを周囲の人々に与え続けていると
思えてならない。
[PR]
by gerakon | 2016-04-18 16:56 | Comments(4)

人に対する評価の違い

私には、数十年お付き合いしている10歳年長の心から
敬愛する友人がいる。

僭越ながら、うんと年上だけれど私の事も、多分生涯の友と思って
下さっているはず・・・。

先日彼女と同年代の女性から、
『とんでも無い人ですよ。あなたは気付かないんですか?』と言われ、
何の事だか・・・とポカンとしてしまった。

私が彼女の事を好きな要素は挙げればきりが無いが、
先ず、謙虚、誰に対してもわけ隔てせず、いつも変わらない態度。
優しい笑顔、どんな事にも前向きに丁寧に取り組まれる姿勢、
困りごとの相談にも聞くだけではなく、静かにその人の気持ちに
寄り添ったアドバイスをされる。心のこもった言葉の数々で、
何度救われた事か・・・。

それなのに、それなのに、それら全てを根底から覆すようなことを
聞かされたわけで・・・。
一人の人に対する評価が、こんなにも自分とくい違っていたのは
初めてだと思う。

絶対、私にだけ優しいとかではなく、内面から品格がにじみ出るような方、
すべての部分を見習いたいものだと私は今も思っている。

何と言って良いか分からず『そんな風に感じた事はありませんけど』と
言ったら何と『あなたの前では激しい部分を見せないのよ』

ただただ悲しいというほか無い。私が気付かなかっただけで色々
辛い経験も重ね少しずつ変わっていらしたのかしら?とも思ったけど、
私はこれからも自分の目でそんな姿を見ない限り、今迄通りお付き合い
して行くのだと心に決めた。

勿論エキサイトしている人にそんな事は言えないけれど・・・。
こうしてブログに投稿、書くうちに自分の気持ちが整理出来、
何だかずいぶんすっきりした。
[PR]
by gerakon | 2016-04-15 13:07 | Comments(4)

脳のMRI 25分

脳髄膜腫の為、何度もMRI検査している。もう8年になる。
でも、発症はいつか分からない、極端に言えば母親のお腹に
いた時からかもと言われた。腫瘍を持って産まれた?

2センチもの大きさなのに、全く変化が無いとの事で、現段階では
手術を避けるための検査ということらしい。

前回、一年後に・・・と言われたので、『もう、そろそろ二年に一回というわけには
いきませんか』と申し出てみたら『それは、ちょっと・・・では真中を取って一年半後に』と
言って頂いた。

脳のMRIでは、どなたも経験している事だけど、私はとにかく頭を固定され、微動だに
出来ない30分がとても長く感じられ大変苦痛。何しろ唾も呑み込まないでと言われるのだ。

前回辺りからあいうえお順に声を出さないで歌を歌う(声を出さなければ歌うとは
言わないか~♪)(笑)

でも、途中でちょっとウトウトしたのか『赤いサラファン』から始まり『キラキラ星』あたりで
お疲れさまでした~とスタッフが入って来た。
考える時間が長かったのか・・・。次回もこれで・・・と(笑)

前後の血圧測定で、後が上下共に20も下がっていた。最近高血圧気味だったので
普段よりも低くて???予想に反して嬉しい誤算。

来週結果を聞くためにまた、行く予定。手術をとは言われないと思うけどせめて
次は二年後にと言ってもらえないかしら?
あ~70歳が近くなる。(>_<)
[PR]
by gerakon | 2016-04-14 16:28 | Comments(6)

今どきの結婚事情

友人の歯科医(女医さん)は、何だか不思議な人。

それは、あくまでも、私がそう思うだけ。私には無い
その不思議な部分を含めて彼女の事が大好き。

先日集まる予定があったけど、今日は用事が出来たので・・・と
連絡があり、後で『用事って?』と聞いたら、何と
お見合いのセッティング!とサラリとおっしゃる。(^-^)

今どき珍しい事なので思わず二度聞きかえす。(笑)
『あなたは感心、日本の将来を憂いているのね』と言う人もいる。

こともなげに『別に~結婚したい人がいて良い相手がいただけの事』と
言うけれど、何度かセッティングするものの、なかなか成就は難しいらしい。

今回は、女性は36歳の女医さん、男性は50代の会社役員と聞き
『キャリアもあり、生活にも困らないのにどうして結婚したいの?』と
結婚生活にあまり満足していない『あなたは感心』と言った人が呆れた様子。

結局、30代半ば過ぎると何とか今のうちに子供を・・・と思う人も
いるし、親も他界し一人になった時の事を考えるのかもね・・・で
落ち着いた。

友人は特にお世話好きというわけでもないし、いつも誰かの相談相手になる
というタイプでもない。悩みがあっても、(いや悩みと感じないのかも)全然
そんな素振りを見せないし、突拍子もないアイディアを突然提案したり
でも周りの人の反応なんて気にしない。受け入れられなければいとも
簡単に『あっ、そう』とあっさりしたもの。その絶妙のバランスが私にとっては
とても魅力に思える。

彼女の事はここまでで・・・。

昨夜、旧友から電話で『あなたの昔の職場の友達で、まだ独身の方が
いらしたよね~、あなたが長いお付き合いをしているのだからきっと
良い人だと思うの。夫の弟が独身で東京で一人暮らしをしていて
とても堅実な人、良かったら一度その方と会わせてみるわけには
いかないかしら?』と一気に言われ仰天。(笑)

彼女が今結婚する意志があるかどうか全く分からないので
今度会ったら、その部分だけ先ず確認してみるわ。良い事かも
しれないね~と言って受話器を置いた。
60代半ば過ぎて、結婚なんて・・・。ずっと、働きながら病院や
施設にいらした大好きなお母様のお世話、そして今は、相性の
良くなかったお父様を自宅で介護の状態だ。

お父様が他界された時、初めてこれからの人生を・・・・と
考えるのかもしれない。
これまで結婚の意思があるのかどうかなんて今を頑張っている
彼女には聞けない状態だった。

我が家も含め結婚に関しては、少子化の日本社会では大きな課題と実感する。
[PR]
by gerakon | 2016-04-13 09:26 | Comments(2)

検診結果・・・

昨年の肺がん検診で発見された甲状腺腫のエコー検査に
行って来た。

昨年は母の事もありバタバタの一年であまり記憶に
無いけれど、肺と甲状腺両方の検査に交互に、又は
同時に行きスケジュールを把握するだけでも大変だった。
(そんな中、ホクロ除去術もあったっけ~)

その上、検査の度に『おそらく…ほぼ良性ではないかと』と
紛らわしくて落ち着かない。

今回は以前より一層声がかすれてきたような気もするので
『特に高音が出しづらく裏返ったりします』と訴えてみる。
歌ってみるわけにはいかないけれど・・・では、次に別の
検査を・・・とかも言われないので、おずおずと『加齢のせいかも
しれませんね』と素人判断で言ってみる。(笑)
『それも、考えられますね~』だって。

でも、一年間変化がないわけでもなく、少しずつ大きくなっているようで
『まだ、手術を勧める段階では無いけれど患者が希望すれば・・・。
ただ、声帯を避けながらの手術なので時間はかかります』との事。

どうも歯切れが悪い。結局、また8月末にCT検査をする事になった。
とりあえず、あまり多忙ではなくなったので、さほど苦痛では無いけれど
あちこち経過観察、多額の検査料やり切れない

今週は脳の検査、来週結果を聞きに行くというスケジュール。
カレンダーにマジックで大きく書いておかないと、うっかり
忘れてしまいそう。(;一_一)
[PR]
by gerakon | 2016-04-12 14:34 | Comments(3)

昨日普段言葉を交わしているお一人暮らしの女性(70代後半)が
誰にも看取られず亡くなられたようだと聞かされ、突然の事で本当に驚いた。

3月半ばにお見かけし、体調が相当良くないと見受けられたので
何だか気になり、お電話をしてみようかなと思っていた矢先の事だった。
(その頃は路面電車に乗りステッキも持たず何とかゆっくり歩行出来る程度)

今回、異変を感じたご近所の方の通報で発見されたとの事。

プライバシーの侵害になるのであまり踏みこめないが、どのような
お暮らしなのか、ご病気はどの程度のものだったのか、独居の場合は、
もう少し誰かが把握しておくべきだったのでは?等と悔まれてならない。

事件性は無いらしい。でも、どんなにか不安な時間を過ごされた事かと、
状況を想像するだけで胸が苦しく涙がこぼれる。

まだ、死因の解明はされていないとの事だが、今は、天国で先に往かれた方々と
痛みも無く和やかに過ごされていると信じたい。

新聞記事やニュース等で見聞きしていた事が実際に身近で起きてしまった。
自分の事も含め、いざという時の対策を早急に考えなければ・・・と悲しみと
共に身に沁みた一日だった。
[PR]
by gerakon | 2016-04-11 16:57 | Comments(4)

高齢者二人暮らしの食卓

私は、まだ60代なので高齢者の自覚は無いけれど
介護保険証も交付されている事だし周囲から初老の夫婦に
見られても仕方ない。(笑)

先日の健康診断で二人とも※印が何カ所かあったので
塩分を控え、低カロリーで・・・と食事担当の私は、重責を
担うことになる。(-_-)

薄味を心掛けているつもりだったが、北海道出身の義母は
同居を始めた頃、全然馴染めなかったみたいで息子である夫に
『〇〇がこれで良いと言うのなら・・・』と呟やかれた事を思い出す。

二人ともメタポではないけど、高血圧気味、コレステロール値も
やや高目だからとにかく私は本腰を入れなければならない。

昨日は合挽ミンチを冷凍していたのでメインはコロッケ、
シメジや野菜をたっぷり添えた。
山椒の実の醤油煮の頂き物があり、昆布と戻し汁を出汁に
ちりめんじゃこをたっぷり加え酒、みりん醤油で味付け
とても美味しい?(自画自賛)佃煮を作る。

それと鮭フレークと胡瓜をマヨネーズであえてサラダ。

『今日は冷蔵庫の残り物で・・・』と言いつつも、全然身体に
良いとは言えない。(笑)高カロリー、塩分過多。

でも、コロッケも外はカリカリ、中はホッコリ美味しかったぁ。

明日から、いや今日から私が自分たちの健康をどれくらい
真剣に考えているかが試される。

あまり得意な方では無いので、気が重いが、懸命に
取り組めばすぐに成果が数字に表れるのだから頑張らなければ・・・。066.gif
[PR]
by gerakon | 2016-04-08 17:06 | Comments(4)