クリスマス飾り付け

少しずつクリスマス飾り付けを始める。
d0165488_23123996.jpg
昨年は母の介護や片付けで、殆ど出来なかったような気がする。
でも、今年は昨年のこの頃にも想いを馳せながら・・・
d0165488_23114986.jpg
各部屋に少しずつ…トイレにもちょこっと。
d0165488_23105502.jpg

小さなツリーは可愛いくて何十年もずっと手放せない。
やや大きいのは一目で気に入り衝動買いしたもの。
我が家に来た時はキラキラしたゴールド系の大きいオーナメント
  だけだった。少しずつ頂き物など増えて私好みのシンプルとは程遠く…(笑)
でも、それなりに家族のように愛着が湧いてくるものだ。
d0165488_23102429.jpg
最後のこれが↓夫のてづくり…。オーナメントが大分外れて…
d0165488_23061024.jpg
子供はもう家にはいないけど恒例行事、いつまで続けるか…?



[PR]
by gerakon | 2016-11-29 23:40 | Comments(4)

来客ちぐはぐ

先日の知人の来訪について…。
お願い(注文)していたものを届けて頂く事になっていた。

前日訪問時間お知らせの電話があり、午後一時との事で、私は外出を
取りやめお待ちする事に…。
そして『是非昼食をご一緒しましょう』とお誘いした。
その時点では奥さまだけのつもりだったけど、『いえいえ、それは
どうぞご心配なく…すぐに失礼しますから~』と言われゆっくりして
頂くのは無理と判断、すぐに諦める。

でも、お昼時には違いないので、自分たちの分を用意しなければならないし
万が一召し上がる事になっても良いように昼食は多目に作った。

夫が外出先から帰って間も無くお二人揃って来宅。私はすぐにお帰りに
なる事を前提に急いでフルーツなどお持ち帰り頂くように買って来ていた。

その時初めてお二人ご一緒と知り、少し慌てる(笑)
でも、玄関で一応『宜しかったらどうぞ~』と言ったら、では~と
上がってこられた。又々かなり慌てる。012.gif
夫は着替えの最中…(笑)共通の友人のような関係なので良いのだけど…。

そんなわけで、来客用お茶菓子の用意が無かった。
買い物の時、一瞬よぎったけれど、お急ぎのようだったから…と
勝手に考えお持ち帰り用のフルーツ類だけ準備していた。

たまたま、先日知人宅を訪問した時頂いていた手づくりのお菓子が
ある事を思い出し胸を撫で下ろす。いくらスーパーが近いと言っても
買いに走るなんて変だし…。(笑)

一時間半くらいの滞在だったけど、後で夫と『何だかちぐはぐだったね~。
彼女たちもどうぞなんて言っておきながら何だか~?と思われたかな』」と
話した。勿論食事の準備は出来ていたのでお勧めはしたけど済ませて
来たからと…。009.gif

ご一緒に来て下さったのも意外だったし、少々慌てたけれど
楽しい時間には違いなく…。003.gif

些細な事だけど、色々反省材料がありちょっと面白い一日だった。

[PR]
by gerakon | 2016-11-29 16:11 | Comments(2)

私達はこの年齢になり、もっぱらもてなす立場になり、親戚以外夫婦でご自宅に
招いて頂くなんて久しく記憶にないくらい。

義姉(80歳)の古くからの友人で、5~6年前、他県から市中心部に転居して来られた
今年85歳と83歳のご夫妻のお宅。終の棲家と思われたのだと推測。
一度は田舎住まいを希望されたようだけど結局ご高齢なので、病院、買い物、銀行、劇場どこに行くのも便利な市中心部のマンションを選ばれた。

義姉と一緒に義弟とご夫妻を我が家に招いた事はあり(場所提供)、その後何度か
誘われても何だか大先輩のお宅に…怖れ多い(笑)気持ちが先行して、お断り
するばかりだった。

数週間前、ご夫人からいきなり電話。お誘いを了承した上メニューまで提案され
慌ててしまう(笑)

外国生活も長く、楽しいお話しを沢山伺える事は分かっていたけど…
何となくこれまで無意識のうちに怖気づいていたのかも…。

スイスにお住まいの息子さんが送って下さったというチーズをふんだんに
使ったチーズフォンデュがメインだった。

お家に到着するなり、ご主人様がお食事の用意が出来るまで…と、ワインに
フランス製サラミをスライスして勧められる。
この語らいの時間を『happy hour』と言うのだそうだ。
いざ食事が始まると作られた方の労をねぎらい敬意を表し、感謝しつつ
賞味する…。本当にスマートで素敵な習慣だと思う。

チーズフォンデュは子供が自宅にいる頃、1~2度した記憶はあるけど
何だか危なっかしくて楽しむ余裕などなかった。
つい先頃廃棄処分したばかりだったので何だか・・・(笑)
今、ご主人は三日に一度フランスパンを焼かれ、(もっちりして美味しい事)
それにソーセージアスパラ、茹でポテト、マッシュルーム、にんじん…etcを
ワインで溶いたチーズにくぐらせて頂いた。
そして、新鮮野菜のサラダ。苦みを抑えたエスプレッソコーヒーにスイーツ。
とても美味しくお腹一杯頂いた。 

凄く分厚い本がテーブルに置いてあったが、全く想像もしなかった
英語版お料理の本。(アメリカ?イギリス?)
『これをよくご覧になるんですか?』と聞いたら『そうなの。便利よ』だって。
『わからない単語とかは?』『それは調べながら…面白いの~』
私は『は~』とポカン。
でも、全然ひけらかす感じじゃなく、素晴らしいの一言。

とにかくお料理がお好きで、国内でも転勤の度に〇〇県の郷土料理と
いう本を買われ、物語のように読むだけでも楽しいと…。

今は50歳前後のお子さん三人、それぞれフランス、スイス、関東に
お住まいなので少し寂しいのかもしれない。
何度も『楽しかった。時々じゃなく度々来てね~』と言って下さり恐縮。

先日義姉にご招待いただいた事を伝えたら『彼もサッパリしてるし、彼女も
とても物静かでやさしい人だから大丈夫。遠慮しないで良いよ』と言われたが
本当にその通り。(^-^)

ご高齢で体調の優れない時もこれから多くなると思うので『お子さん方の
代わりに少しでもお役にたてたら良いね』と二人話しながら帰宅した。



[PR]
by gerakon | 2016-11-25 12:01 | Comments(4)

母は昨年12月8日に亡くなったけれど兄が皆の都合を聞き調整した結果
昨日行われた。

数日間はいつしか母の思い出に浸っていた。今では珍しくホテルから自宅に
お膳が届けられ、県内に住む親族二十人近くが一堂に会す。

兄夫婦は大変だったと思うけど時間制限が無いのは、皆が落ち着けるという
点で、とても良かったと思う。

四十九日ではお疲れ様会でもあるという兄の一言ですべて振るまわられたが、
今回は一周忌なので、ある程度非礼の無いようと事前にネット検索(笑)
ご仏前の額、お供え類、地方によって違うみたい…。
今更ながら驚いたのは自宅法要の場合も挨拶と共に必ず手渡しで…と書いて
あったこと。それで、今回は夫から兄に直接渡してもらったけど何だか
怪訝な様子でドギマギ…。こちらでは定着していないのだと思った。(>_<)

読経の後の僧侶のお話しに聴き入りこれまでに無く心に沁みた。
これまでに無く…なんて失礼かもしれないけど実家が檀家のお寺には八名も
の僧侶が在籍、どなたがいらして下さるか当日まで分からないらしく、
私にとっては初めての方だった。後で『ご指名出来ないの?』と笑ったけど…。
聖職者は年齢経験ではなく人間性だと思い至る。

『四十九日で生まれ変わる準備が出来、(誰かのお腹に宿る?)丁度一年後に
誕生する赤ちゃんの中にお母さんがいらっしゃる…という説もあります』と
いうお話しは特に印象的だった。

あくまでも一説だとは思うけど心癒される話には違いなく、胸が熱くなる。

親戚関係も徐々に疎遠になるのは仕方のない事。
でも、昨日は、母のお陰で、又一つになれた気がして感謝の一日となる。

[PR]
by gerakon | 2016-11-24 12:00 | Comments(2)

忙中閑有り

紅葉狩りは逃したけれど、銀杏並木かろうじてセーフ!
午後のひと時暫く佇む。
d0165488_17392293.jpg
偶然目にとまり良かった!(*^_^*)
 数年前友人が銀杏目当てで夢中で拾ったのは良いけれどその日のうちに
首から上顔中真赤に腫れあがり、暫く皮膚科通いした事を思い出す。
 でも、また今年も我慢できず拾ったの~と言っていた。
 
  私だったら頼まれても二度と…と思うけど、誘惑に勝てなかったらしい。
絶対皮膚に触れないように完全防備で臨んだとか(笑)
事なきを得て当然どや顔。


[PR]
by gerakon | 2016-11-19 18:17 | Comments(4)

先週、高校からの親友Hが新米を15㌔も持って来てくれた。
『あなたは、きっと誰かにお裾分けするから今年は少し多めにしたよ』
『あら~分かってるね。すみません。ありがとう』(笑)
エレベータまで引きずるように運び持ち帰る。

娘さんの所にも行くというのでお茶もしないで…。040.gif

早速共通の友人Tに、新米お裾分けの希望日時を聞いたりした。

その日Hは娘さんの家他寄り道をすると聞いていたので翌日あらためて
お礼の電話を…。
まず、携帯に朝晩二度掛けるも全く応答なし、自宅に掛けても同じ。
はじめは、単にお礼のつもりだったけど、だんだん心配が募り今日まで
一週間掛け続ける。
そして今朝、先ず携帯に…。やはり、ダメ。相当体調が悪いのでは…?。
何と私は来宅から三日程の新聞までめくり、まさか事故?と記事に目を
凝らす。008.gif

夫も心配し始め、『車で40~50分の所、今日は天気も良いし紅葉見物も兼ね、
家を探して行ってみる?』と言う。私もその気になり、出掛ける前に、
もう一度だけと固定電話から自宅に掛けてみる。

『は~い、もしもし』とのんびりした、いつもの声が聞こえて来た。
もう、私はへなへな~(笑)

『元気だったの?』と泣きそうになる。彼女はスマホだけど
『全然気付かなかったわ。家にも?あら、畑に出てたのかなぁ?
ごめんね~』だって。012.gif

履歴などあまり気にしないタイプらしい。062.gifそれにしてもこんな事初めて。

まっ、勝手にこちらが心配していただけなので『ほら、何か着信のチカチカ
点滅があるでしょう?』などと言うのもやめちゃった。(笑) いや~素晴らしき友!

で…所在確認の必要も無くなってしまったわけで…。紅葉狩りも中止。
心配しながらもちょっとワクワク感もあったので、朝から拍子抜け(笑)









[PR]
by gerakon | 2016-11-17 14:06 | Comments(4)

息子は時折ミュージシャンとして来るけれど、今回もとても慌ただしく
夜はパソコンで色々検索したり、仕事の整理などとっても忙しそうなので
ゆっくり話も出来ない。

でも、あまり邪険にしないで何とか対応しようと気を使ってくれているのが
わかるので、私も民宿のおばさん状態とはいえ、何とか居心地良く過ごせる
ように、少し頑張る。(笑)

私はお客様の反応を見聞きするのが好きだ。今回初めて介護施設の
ディサービスのイベントとしてオファーがあったようで興味津々だった。

後に施設長さんから、最近ふさぎ込みがちだった利用者さんの笑顔を
久しぶりに見る事が出来ました。是非、また来てくださいと言って
頂いたようだ。

息子は『こんな言葉が何より嬉しい。音楽にずっと携わって来て本当に
良かったと思う』としみじみと話していた。

翌日は、朝からラジオ生出演、即興で作った曲をアコーディオン演奏に
乗せて歌ったり、楽しいお喋りの約20分、スタジオが笑いに包まれた。
聴いてる親はいつもハラハラだけど…。

その後約一時間のステージを三カ所回り、私達も桜として?又送迎役で
ちょっとライブも覗いて見る事が出来た。

親だと覚られないようにしていたけど似ていたのか『親御さん?』と
聞かれてしまう。う~ん何だかステージママ(笑)

でも、色々なカバー曲、またオリジナルの紙芝居に曲をつけて…など
大人も子供も笑顔になれる面白いステージだったと相変わらずの
親ばかで… 恥ずかしい~(*^^)

翌日は早朝から四国に渡りこちらでも同じように…。こんな過密
スケジュールをこなせる健康が何とか維持できている事を感謝。

昨日は何だか連絡が取れないと思ったら、帰宅後すぐに地元
ケーブルテレビに別の仕事で出演していたらしい。

でも、こういった活動が本業では無いのだから全く驚きだ。(笑)

[PR]
by gerakon | 2016-11-15 17:42 | Comments(2)

実は笑いじゃ済まされないと思っているのだけど…。
また、やってしまった。お風呂の栓をしないまま給湯。

浴室に行かないでキッチンの手元でオンしてしまうのが
いけない。
ピピピとあと5分で沸きますのお知らせ。でも、ふと
耳を澄ますとシャーシャーと妙な音が聞こえる。
浴室を開けると案の定…。底にわずかに溜まった状態で
お湯が流れている。

ちゃんと栓をしていても、圧がかかり浮いてしまって
いたこともあり、こっぴどく叱られたけど、その時は
懸命に弁解したものだ。

でも、今回は昼間洗って、一応乾燥させる気で抜いたまま
風呂蓋もしていなかった。

何とかしなければと思い再度給湯を試みるもすぐに止まってしまい
追いだきボタンを押したり、シャワーヘッドから直接浴槽に…と
あの手この手で(笑)何とか浸かれるくらいお湯が満たされる。

今回は夫も夜の外出で帰宅が遅くなったので悪かったと思ったのか
それほど不機嫌にもならず…助かった。

もし、給湯機が壊れていたら大変な出費…と、そればかり気になる。

ボケ日記として始めたブログ。今回のような失敗ネタが増えないよう
気をつけたいと心底思った。008.gif


[PR]
by gerakon | 2016-11-09 08:59 | Comments(4)

私は自称熱烈カープファンなのに、何と球場には40年も訪れていない。
その理由は、やはり夫がアンチカープ、義母も同じくだったので
夫婦円満、嫁姑問題回避のためだったと勝手に思っている。

ところが…先日突然リーグ優勝報告会に行かないかと息子の友人
(東京在住女性)からお誘いを受けた。
ダメ元で応募したら入場整理券が抽選で二枚当たったとの事。
お二人にお譲りしますと言われたが夫は絶対行かない旨(笑)伝えたら
『では、折角なので是非ご一緒に…』となり、わざわざ飛行機で
飛んで(笑)いらした。
先々週の日本シリーズに続き、又民宿状態となる。今回は一泊だったけど
女性なのでおしゃべりも弾み眠ったのは午前二時ごろ。

予定より30分遅れで出掛けたものの、途中大渋滞、仕方なく路面電車に
乗り換えた。パレードと報告会両方欲張ると時間的にも体力的にも
高齢者には無理と判断されたのか、スタジアムでの報告会だけに
絞る事に…。
満員電車に乗りやっと着いたマツダスタジアムはテレビでしか見た事も
なかったけれど本当に素晴らしい球場だ。

初めて足を踏み入れたのが試合じゃなく、イベントとは…笑
勿論真赤なTシャツなど持っていないので赤色のセーターにピンクの
ヤッケという変な出で立ち。皆さん専用バッグに応援グッズを詰め込んでいる。
彼女いわく却って目立って見失う事もなくて良かったです~だって。

やがて世良正則さん、堂珍嘉邦さん、カープ芸人三人のトークが始まり
いよいよ、選手が入場…3万人のファンの拍手と大歓声。
それだけで鳥肌、涙(笑)

県知事市長の挨拶だって心から愛するカープを讃えるわけで、堅くもなく、
途中何度も拍手が贈られた。

全選手で優勝ペナントを持ちグランドを一周、その後一人ひとり
サインボールを観客席に投げ込む。その度に大歓声。
日本一は逃したけれど笑顔じゃない人なんて一人もいない。

そして黒田投手の引退セレモニー、皆で背番号の15回も胴上げ。
又、一人で70球ものサインボールを最後の投球とばかり力一杯アルプス席
にまで届くように投げ込む。
マウンド近くに暫く膝まづき、涙する場面では球場が一瞬静まり返った
ような気がした。

すてきな体験をさせてもらって心から感謝だった。これを機に来年は
ファンの誰かと球場に試合目的で足を運ぶ事があるかもしれない。

[PR]
by gerakon | 2016-11-06 17:28 | Comments(2)

お墓事情

35年前、夫の父が他界したとき、母がお墓を建てた。
義父は長男で遠く北海道に両親先祖のお墓はあったけれど
当地で生涯を過ごす事を決断。墓地管理をお願いしていた
親戚と話し合い、墓石は処分遺骨を移す手続きをしたようだ。

こちらの墓地は旧市内にあり、地理的には不便ではないけど
山の中腹にあり、当時駐車場も完備されておらず10年前までは
健脚でなければ墓参を諦めていたものだ。

義母が息も荒く『これが最後かな?』と言っていたのを
思い出す。

駐車場が割合近くに設けられたが離合が出来ないという
不便さで到着するまではハラハラしどおし(+_+)

車は三度くらいこすってしまったけど(誰が悪いのでも
なく…笑)少し幅の狭い車に乗り換えて何とか今は大丈夫。

ところが次に思いがけない事が起きる。
数年前から何とイノシシが出没。市の中心部から数キロの
所だというのに…008.gif 墓地全体(我が家の区画が特にひどく)
芝生が殆ど掘り起こされ、見るに耐えられない状態に。

墓石近くの足を踏み入れない所には玉砂利を敷き詰めているが
それさえも辺り一面に散らかしている。

その石の間から萱などの草も生えて数カ月に一度の墓参では
間に合わない。イノシシ対策の前に雑草が生えないように…と
急に夫が除草剤を探してみると言いだした。

イライラしている様子だけど私、毒性も考えると心配になり、
ちょっと待って調べてみるからとネットで墓地に除草剤は
問題ないか情報収集。

種類によっては墓石を痛めたりシミを作ったりすることもある。
歩く部分には適さない、隣接の方へも配慮が必要などとあり、
気弱な私はやっちゃいましょうとは言えない。

他の対策としては、土の部分に黒の専用シートを貼り、その上に
玉砂利を敷き詰める方法。
ホームセンターでお尋ねすると除草剤の使用は春先が良いとの
事で取りあえずその場で見つけたシートを購入して帰る。

今日墓参も兼ねてシャベル、草抜きグッズなどと、シートを
持ち出掛けた。今回は今までで一番のイノシシ被害。どれだけ
暴れたか想像するだけでも怖い惨状。

仕方ないので夫と二人作業を開始。まず、玉砂利を取り除き洗い
草を出来るだけ根こそぎ抜き平らにならす。その上に花立て部分を
切り抜いたシートを張り、墓石の汚れをふき取り玉砂利を戻す。

最後にお花を石の筒にたっぷりと…外観は見違えるほど綺麗になった。

来春まで草は目立たないと思うけどイノシシが現れたら又掘り返されて
しまうかしら?

一応管理料一軒当たり年間5千円でお願いしている。時折の全体清掃は
してもらっているけど何だかさっぱりしているのは草取り後の一ヶ月程。

高齢化で墓参そのものが大変な墓地。問題山積だ。
お墓事情は一部の地域だけではなく全国的に悩ましい事だと思う。026.gif




[PR]
by gerakon | 2016-11-02 16:31 | Comments(2)