今どきのお母さん(-"-)

今どきのお母さんって一括りにはしないけど…。
ショッピング籠を乗せるタイプのカートに子どもを座らせているママを
時々見掛けます。

直に食品など置く人もいます。そこに靴を履いたままの幼児を乗せている人に
また、出くわしてしまいました。
私は自分が特別気難しいおばちゃんかな?と思うくらい行きかう人は知らんぷりです。

先日は本当に驚く程泥だらけの靴を履いている男の子が座っていたけど、私は
エーッ?という顔を作り(笑)、振り返るのが精一杯。

通り過ぎた後、たまりかねて商品補充をしている店長らしき人に『あの方、カートの
トレー?に靴を履いたままのお子さんを座らせています。注意して頂けませんか?』と
お願いしました。
怖いので言ってくれたかどうかなんて振り返れません。(>_<)

レジを済ませた後ふと見ると、下におろしてキャスター部分に立たせていました。
やはり、自分で歩かせはしなかったようですが、取りあえず降ろしただけでも
私はホッとしたのです。
普段あまり大量に買い物しないのでカートを使う事は殆どありませんがフラット状で
お米など載せるのはやはり便利です。

その方も注意されたからではなく、してはならないだと気付いてくれたら
良いのだけど…。
それが買い物の時の習慣になっていたら止めるのは大変でしょうね。

『ここにお子様を座らせないでください』とはっきり書いてあれば、相当効果が
あると思うのですが…。

『今どきのお母さん』なんて書きましたが、おじいちゃん、おばあちゃんだって
やんちゃな孫を連れて買い物するとき困り果てて同じ事するかもしれませんね。

私は絶対椅子付きのカートを選びますっ(笑)

若いお母さんも言い分あるだろうな~聞かせてもらいたいな~と思ったり。
モヤモヤした私です。





[PR]
by gerakon | 2017-01-31 11:27 | Comments(4)

人生の先輩がまた一人…

Оさんが天に召されました。ほんの二時間前に見舞った方に『もう帰るの?』と
とおっしゃったとか…。その時医師から『危険な状態です。一週間は無理でしょう』と
告げられたと聞き、いつもの三人で『明日、もう一度会いに行きましょう』と
打ち合わせをしている時、亡くなられたと連絡がありました。

直前には空腹感もあったようで驚いた事に『お腹が空いた』と呟かれたというのです。
このまま旅立たれるなど思っていなかったので寂しく悔しくて・・・。

結局お身内は(ご兄弟、甥ごさん)どなたも看取られる事は叶いませんでしたが
直前まで意識があったのですから、それほど苦しまれなかったのだと思います。

お元気な時はご主人様を支え、申し分のない奥さま、社会的にも大きな働きを
され、回りに左右されずご自分の生き方を貫いて来られました。

物を大切に、お花や野菜を愛し育て、お料理も手芸も得意でその上お仕事でも
キャリアを積まれ、苦手な事ってありますか?と聞きたいといつも思っていました。

ちょっと、冷たい印象を持った人もあったようですが、群れる事や噂話等を
好まれない性格のせいかもしれません。それも毅然としていて素敵でした。

晩年、お見舞いに行き帰る準備を始めると『エッ?もう帰るの?泊まって行けば?
みんながいなくなったら、私は後でどうしたら良いのよ?』などとOさんらしからぬ
事を言われるようになり、それが又愛おしくて…。
毎月のお見舞いが終わってしまった事もまだ、信じられません。

5年前にお亡くなりになったご主人様にやっと会えますね。
ご冥福をおいのりするばかりです。



[PR]
by gerakon | 2017-01-28 08:26 | Comments(4)

小さな男の子口ずさむ

約40分、路面電車に乗っていると毎回面白い人や出来事に出会います。
勿論、とても不愉快な事もありますが…。

昨日は満員でなかなか座れず、ずっと立っていました。
降車駅に近付いたのか、ママと小さな坊やが扉に近い運転席後ろまで
歩いて来ました。
その時小さな声で口ずさむメロディが心地よく私の耳に聞えて来ます。
何とそれは『ノクターン』しかも、その坊やが歌っているらしいのです。

思わず、空耳?とその子を見ましたが間違いありません。まだ三歳くらい。
2歳9カ月の孫娘より少し大きいかなと思いましたが、小さく首をかしげリズムを
取りながら正確にメロディを口ずさんでいるのです。
残念ながら先に降りて行き、長いまつげの横顔しか見られなかったど、暫く
その声が耳に残り、一日中何度も思い出しては爽やかな気持ちになりました。

ピアノでも習っているのでしょうか?それにしても曲が難し過ぎます~。
先頃74歳の兄がどうしてもうまく弾けないとぼやいていた曲です。(笑)

電車に乗ると何が起きるか分からないという面白さがあるので、毎回
ちょっと楽しみです。そんな事人に言うと笑われるけど…。

アッ、帰りには素敵な青年のシューズに釘付け。足にピッタリフィットしてる
初めて目にするソックスのような靴。
高価だと思うけどおしゃれで軽そう、本当に驚きチラチラ見ないではいられなくて…。
好奇心旺盛なおばちゃんで恥ずかしいです。(笑)

[PR]
by gerakon | 2017-01-23 21:47 | Comments(4)

お見舞い 胸が一杯に…

数日前の事だけど、いつものメンバー三人で、Oさんのお見舞に行って来ました。
82歳の頃、ご主人のお世話をするためには自分が元気でいなければと
心臓のバイパス手術を受けられました。
でも、奥様の初めての入院が負担になったのか、退院されて間も無くご主人が
倒れ、こん睡状態の果て亡くなられてしまったのです。

あまりの事に、生きる気力を失ったOさんに、今度は血液の病気が…一ヶ月に
一度の輸血が欠かせない重病になりました。
でも、特に無理をされず、老人ホームの自室で過ごすのは体への負担も
少ないのか、いくらかアップダウンはあるものの重篤な状態にはならないで
5年目を迎えました。

たまたま、ボランティアでお隣の施設に新聞で折ったゴミ袋を毎月届けて
いた事もあり、(ボランティアを始めたのは0さんご夫妻で、私がそれを引き継いだ)
0さんへのお見舞いも習慣的になっていて、お互い楽しみでもありました。

ただ、昨年からちょっと優れず(どの程度深刻な状態なのかは親族以外には全く
教えてもらえず)近くの病院に入院されました。私達は見守るだけです。

それからは、直接病院にお見舞いに行っているのですが、今回は全く寝たきり
状態で、目にも力が無く、何度も会いたかった~と言われ、召される時が近づいて
いると感じずにはいられませんでした。

今も誇り高く、すべてを人任せにすることが耐えられないと訴えられ自分の事が
何でも出来る皆さんが羨ましいと何度も言われます。

いつ召されても良いけどもう一度会いたい人がいて…と言われるので
『誰にお会いになりたいのですか?』と聞いたら私達三人だって。

何十回0さんのお見舞いに行ったかしれないけど、初めて涙が溢れました。
お子様が無く、たいせつに思ってくれる身内が誰もいないと思って
いらっしゃるようです。

踏み込めるわけも無く帰りの車中は皆、言葉も無くため息ばかりでした。

0さんは、時々『この血液不足の時代、私のような者が毎月輸血してもらうのは
申し訳ない。もう、若い人に譲りたい。』と言っておられました。
その気持ち分からないでもありません。
でも、止めたら同時に血液を作り出す事の出来ない病気なのだから…。
怖くて誰もそうですね~なんて言えませんでした。

あと、何度お見舞いに行けるか分からないけど、0さんの事をたいせつに
思っている人が、大勢いるのですよと伝えたいと思うのです。

[PR]
by gerakon | 2017-01-19 15:03 | Comments(4)

肺がんの疑い晴れる

約二年前の集団健診で肺と甲状腺に異常が見つかり、再検査の結果
定期的に経過観察を続ける事になりました。

今の時点で甲状腺腫については悪性とは認められないものの、
大小複数の腫瘍があることは確かで、又、春にはまたエコー検査の予定。

肺は定期的なCT検査の度に大きさに変化が無いので今回の検査でも
異状が無ければ無罪放免に…と言われていました。

でも、結果を聞くまでは最悪の事態も覚悟して、ちょっとドキドキ。

結果として、ドクターの診断では、幾つかある中で一番気になる大き目の
白い点のような影は既往の肺炎、気管支炎、百日咳など完治後、火傷痕のように
残ったものではないかと言われました。
甲状腺の検査はこれからも続けられるので、何か異状があれば、耳鼻咽喉科の
方から報告がある。どうぞ、ご心配なくと笑顔で言われ、安堵しました。

『又、何かありましたら…いや無い方が良いですね』と言って診察室を
出る時の清々しさ…(笑)

まだ、脳髄膜腫、甲状腺腫の検査は続きます。いずれも今は自覚症状が
無いので、私のような患者が医療費の予算を圧迫しているのではと
罪悪感もあり、これ以上病気が見つからないよう、健診もほどほどに…と
思ったりします。(+_+)




[PR]
by gerakon | 2017-01-18 14:18 | Comments(4)

先週の金曜日、『満席』の看板でしおしおと退散しましたが
翌日土曜日の指定席券を買って、予定通り観る事が出来ました。
今冬初めての雪に見舞われ、もう思わず笑ってしまいます。
珍しい事をすると雨が降ると言いますが雪とはね~。

雪に馴れないこちらでは積もるほど降る事は殆ど無いので、たちまち
道路は大渋滞となります。だから、敢えて車は避けて、路面電車で
行きました。
時間を決めて電車内で待ち合わせ~。それにしても、こんな日にも
キャンセルしないで同行してくれる良い友です。(笑)

少し早目に着きましたが、開始十分前には、やはり満席の立て看板が
出されていました。ゆっくり観て頂くためにと、最近全席指定に
なったと説明がありました。
広々とした席で隣りの人を全く気にしないで良いって初めてでした。
雑音を立てるのはいけないけどミニテーブルが前にあり飲食自由
とのこと。でも、私達の世代では、それはどうも馴れなくてのど飴程度(笑)

映画はアニメでしたが年齢層は幅広く、小学生らしき人は少なかったものの
若い人から中高年までまんべん無く見られ、自分もこの中では高齢のグループ
なのだ…と、何だか不思議な気がしました。012.gif

この映画は製作費が捻出できず完成も危ぶまれたようですが
クラウドファンディングという方法で(ネットで賛同者を募る)三千人もの
一般市民・企業から資金提供を受け製作が可能になったと聞きました。

それを知った上でも、観たいと思ったのですが…。
主演の、すずさん役の、のんさんが一声発した所から、もうアニメと
いうことを忘れさせてくれるくらい生身の人の演技を見ているようでした。

一瞬でも眠る事なく(笑)観終えることができました。
途中彼女がハンカチで目元を拭っているようだったけど、エッ?今?と
微妙に感動の場面がずれていたりしたのも何だかおかしくて…。

ただただ、悲惨な戦争映画…というのでは無く、観る人みな、のんさんの、
のどかな声に引き込まれいつの間にか優しい気持ちになれるような作品
だったような気がします。

主人公は母よりも少し若いけれど新婚時代に同じ場所で暮らし、母は
一時疎開していたものの、住んでいた家は戦火にあい全焼したと聞いて
いたので今更ながら、胸迫るものがありました。

エンドロールでクラウドファンディングという方法で協力した
数千人の人の名前が流れた時、一人ひとりのお顔が見えるようで
涙が止まらなくなって、不思議な感覚を味わいました。
でも、誰一人として立とうとせず、最後までじっと見つめていたのは
私と同じ気持ちだったのかな~?

帰りの電車で彼女が『とっても良かったわ。誘ってくれてありがとう』と
言ってくれたので、本当に嬉しく感動も二倍になりました~。

電車を降りて、家までの10分は、怖くてずっと小走りだったので
久しぶりにハーハー(笑) 夜の外出は苦手です…。☆008.gif

[PR]
by gerakon | 2017-01-17 00:17 | Comments(2)

劇場での映画鑑賞は久しぶり。しかもアニメ。
以前漫画でこうの史代さん作の『夕凪の街 桜の国』
(表紙の絵とタイトルに魅かれ)を読み随分感動し、
何人もの人に読んで貰った事があります。それは、原爆投下後の広島が
舞台でした。

今回、私が急に観たいと思ったのは、原作者が同じこうの史代さんで
両親が空襲前に暮らしていた街呉市が舞台だったからです。
とても丁寧に描かれているらしく、日増しに評判が高まっていると
メディアでも取り上げられるようになってきました。
『この世界の片隅に』私が生れる以前の街の事にも興味が湧いて…。

眠っても『折角来たんだから見ないと…』って声を掛けあえる人じゃないと
いけない。(一人だとすぐに眠くなるのです)
内容も聞かずいいよ~と言ってくれる友人がいてくれて感謝です。040.gif
時間をみると午後2時45分から…。
夕食の準備もほぼ整え、電車だと40~50分はかかる所。
行きは夫に送ってもらい劇場ビルのエレベータ前に行くと既に人だかり。
心配していた事が現実となりましたぁ。立て看板に『この世界の片隅に』は
満席ですと書かれている。が~んっ!

殆どの人がいつでも入れると前売り券など買っていないようで午後7時~は
空席があるという。
でも、彼女は夜別の用事か入っているからそれはダメって。
潔く諦めて(笑)明日の夜7時の前売り券を購入しました。
『元々あまり興味無いし私もういいよ』と言う事を覚悟していたけど
じゃあ、明日ねって…。018.gif

何と明日は平野部でも雪が降るらしい。大丈夫かな~?
二人共寒くても温かい気持ちになれますように。


[PR]
by gerakon | 2017-01-13 21:59 | Comments(2)

凄い人なのに謙虚

大変有能でしかも、謙虚な人。心底、憧れ尊敬します。
何か凄い才能があれば謙虚にならねば…と思う事も出来るのですが
それは私には全く無いので、生涯叶わぬ夢です(笑)
だからこそ憧れるのでしょうね。

息子が二人で土日限定で音楽活動を続けていますが、お相手の男性は、
まさに『才能に溢れ謙虚』な方です。

一番得意なのは幼少時から続けて来たピアノ。ミニライブ活動
なのでピアノは無理…となると、アコーディオン奏者として認識
されるまでになってしまいました。

息子はボーカルですが主に作曲を手がけ音源を送ると、本番ですぐに
アコーディオンで伴奏をして下さると聞きました。
素敵な二重唱も瞬時に…。子供を含め大衆に受ける音楽は分野が
違うからと敬遠されそうだけど、むしろ流行のカバー曲など
全く知らない事を申し訳なくてと…。

先日、ご本人が星野源さんの『恋』をフルで演奏している動画を
見る事が出来ました。何と楽譜は無いので耳コピだと言うのです。
もう、感動しか無く、一流のプロでも簡単には出来ないのではないかと
思うほど…。私が素晴らしいとコメントをしたら、『聞き間違ってる
音がありました。恥ずかしいです』だって。謙虚そのもの(笑)

お互い本業では無いので二人での活動がいつまで続けられるか
分からないけど、生涯で滅多に会えない方だと思うので母としては
出来れば長くお付き合いして欲しいなと思うのです。

息子より10歳も年下なので、そのうち窮屈で離れられるかも~(-"-)









[PR]
by gerakon | 2017-01-12 15:16 | Comments(4)

こんな時期にモンシロチョウが我が家に…それもキッチンに現れまして(笑)
やや黄味がかっているのでモンキチョウというのかも…。
夕食の片づけをしている時にシンク下の扉に掴まっていました。

どこから来たのかと不思議なのですが、最近頂いた白菜とかダイコンの葉
にさなぎの状態でくっついていたのかもしれません。
部屋は暖かいので感違いしたのか慌てて羽化したのかしら?と。

夫が外に連れ出しプランターの花の陰にそっと置いたけど今朝になっても
そのまま葉っぱにしがみついたままでした。夜中気温が下がった筈なのに良く
耐えたものだと思う。でも、飛び立つ元気は無さそうです。

その内、ポカポカとあったかくなって来たので、ビニールハウスのように
鉢ごとスッポリ覆って暫く様子を見る事にしました。
こうして寒さよけをしてあげたら、その中であちらこちら移動し始め
思わず頑張ってと声援を送りたい気持ちになりました。018.gif
大根の葉がやっぱり良いのかしらとみずみずしいのを選んで入れて
上げたりしながら何だかそのまま、我が家に住みつくような気がして
ちょっとワクワク(笑)。
d0165488_21392949.jpg
ところが午後夫が出掛けて間も無く三時ごろ、たまたま私が見ていた時、
袋状のビニールに空気穴として空けていた所から、元気よくあっと
言う間に飛び立ってしまいました。

夫は帰宅してモンシロチョウがもういないと知り本当にガッカリ
したみたいです。昨夜から思わぬ訪問者(?)に、短い時間でしたが
ずいぶん楽しませてもらいました。
仲間が次々生れるまで元気でいてくれたら良いのだけど…。

楽しませてもらったけれど今夜も無事でいて欲しいと思います。

[PR]
by gerakon | 2017-01-11 21:39 | Comments(6)

几帳面な友人

几帳面さ…友人の中ではTさんが一番かな?
これまでにも自分のずぼらさは棚に上げて彼女は並はずれていると
思っていましたが、昨日のお喋りの中で又々凄い事聞きました~。

毎月5日に体重を量り、グラフにしている、50年続けているって。
ポカン、目が点(笑) 私も結婚した当初の体重は覚えていて、
ずっと大きな変化は無いという大まかな感じは把握しているけど。
『実は…1月5日の体重は5年変わらず45キロだったわ』と言われました。

それだけではなく、旅行、コンサートとか映画、絵画展全てのパンフを
きちんとファイルしていて、時間があれば開いて想い出に浸ると
いうことらしく、私はそれを聞いて感動するのです。
そうそう、レシピも巻物のように…(笑)
『Tさんには断捨離という言葉はありませんね』と言ったら
声をあげて笑われてしまいました。
でも、そんなにきちんと整理されていたら、後にどなたがご覧に
なっても興味深いのかもしれません。家宝になるかな?(笑)

真似は出来ないけれど生活がとても充実しているには違いなく
ただただ、尊敬するばかり。もう、随分長いお付き合いだけれど
初めて知って驚くことがまだ沢山ありそうで興味津々です。





[PR]
by gerakon | 2017-01-10 11:41 | Comments(2)