人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

四才、七才孫の会話


今日娘が帰省予定について珍しく電話を掛けて来ました。そう、珍しく…です(笑)

スケジュールを詳しく聞いた後『ののかのおしゃべりがすごいよ~ビックリするかも』と言うのです。
う~ん確かに帰省の度に言われて来たけど…。娘は二人の会話を日々目を丸くしたりニヤニヤして聞きながらもパパにそっと話す程度で多分自分一人楽しんでいるのだと思います。

えっと最近何だったかな~と思い出そうとしている様子。
「そうそう、サンタさんがプレゼントもって来てくれたって二人が大喜びしていたのだけど先ずおにいちゃんが(小二)『お願いしたものをちゃんと持って来てくれたからお礼のお手紙を書かないとって言うのよ。それを聞いてののかは何て言ったと思う?『おにいちゃん、そんなことしたら又サンタさんが返事を書かないといけないでしょ?そして又お兄ちゃんがお手紙書いて~
やめといた方が良いよ。サンタさん忙しいから』だって」と子ども達に聞こえないようにクスクス笑っています。(^v^)

孫娘はまだ年少さん、どちらが上の子なのか…(笑)見よう見まねでひらがなもおぼえたようで『さんたさん、○○くらさい』とお手紙書いたようです~(^v^)

おにいちゃんが幼過ぎるのかもしれませんね~。それは、それで気になるところだけど…(~_~;)





by gerakon | 2018-12-27 16:21 | Comments(2)

人(女性)は誰かのために日々の暮らしを…

12月は母、義母、義姉の夫が召された月…。
先日83歳の義姉が電話でしみじみ言っていました。
義兄が逝って丁度10年になります。今夏は義姉にとって、息子が脳梗塞で入院という思いがけない事が起きてしまいました。お料理は大好きで教室を開きたいと言っていたくらいの人ですが『入院している間全く食欲も無く自分でも驚くくらい何も作らなかったのよ』と話し、誰かと一緒に暮らしている事の大切さを切々と話してくれました。『H(夫の事)は気難しくて困る事もあると思うけどあなたも一人になると何もする気になれないと思うわ~今が一番良い時なのかもよ』という言葉にはなかなか説得力がありました~(^v^)

私は特に料理等得意な方ではありませんがお腹が弱く自分の作ったものが一番安全と思って
いて、一人になったからといって全く作らないって…それは無いかな?と思うのですが…?

確かにご主人が単身赴任、子どもたちが独立した一人暮らしの友人は自分でも呆れるくらい怠惰になったと言ってました。確かに、女性には誰かの為に…誰かに喜んでもらいたいという感覚が生まれながらに備わっているのかもしれません。

二月にご主人に先立たれたお子さんのいない方がパソコンで喪中葉書も出し、来年のカレンダーも作り、年明けには成年後見人の手続きをしなければと言っておられた矢先突然先日亡くなられました。
妹さんと落ち着いたらあちらこちら旅行をしたいねと話したばかりだったとか…。
数日後に白内障の手術を控えておられました。

ご高齢とは言えない年齢でしたがお一人の暮らしが本当に寂しく思った以上に空しかったのかもしれません。
あと何年夫と今の暮らしが続くか…望みどおりにはいかないと思いますがムッとすることがあっても~
そこはグッと抑えて…。本当に12月は色々考えさせられる事ばかりです。

by gerakon | 2018-12-20 15:32 | Comments(4)

いつものクリスマス… 

いつものクリスマス。二十数年前までは義母も、子ども達も一緒に過ごしていたけれど、もう家では二人だけ…。それでもクリスマスグッズを11月下旬になると同じ場所に同じ飾りつけをして~。
d0165488_14013029.jpg

  飼い葉おけのイエス様は本当はクリスマス当日に置くようですがとっても小さいので何だか
可哀想に思えて私は最初からみんなと一緒に…。(*^^)v☆☆(それぞれ3~4センチの大きさです)

d0165488_14013843.jpg
          小さなクリブも登場です。クリスタルの羊気に入ってます。
       
d0165488_14011018.jpg

    このお人形この前頑張って作ったのと工程はあまり変わらないかも…可愛いです。
    来年メンバーが元気なら作ってみようかな~

       
d0165488_14005699.jpg
      今回は夜写真を撮らなかったのでちょっと雰囲気がイマイチで悔やむところです105.png
      大雑把な性格が…そこかしこに

by gerakon | 2018-12-14 14:34 | Comments(2)

悲しい便りも…

今年も沢山の喪中葉書が届いています。数日前に友人から『次男が永眠しました』とあり、
もう驚いてずっと頭から離れません。息子と同年代ですが確か塾講師をなさっていて、結婚は少し遅かったけど数年前、良いご縁があったと喜びの声も聞いていました。
遠方で頻繁には会えないものの穏やかな人柄には同学年ながら尊敬の念を抱いていました。

まだ、ひと月も経たないようです。以前息子さんを亡くされた方が喪中葉書を受け取った方から
次々お電話があり、12月はずっと多くの方とお話ししては泣いてばかりいたと漏らされた事がありました。同じ子を持つ母としてどんなに辛いことかとお気持ちが良く分かり、電話もメールも控え、お手紙を書いたところです。
d0165488_16082760.jpg
        1月下旬にでも彼女を想いお花を選びお届けしようと思います。

翌日には夫の友人から『10才の孫が8月に永眠』と…。夫も言葉を失っていました。

年賀状の習慣が無ければこんなにも辛く悲しい事を皆さんにお知らせする必要もないわけで…今年は
これまでに無く複雑な気持ちです。毎年何通か『○○歳になります。本年で年賀のご挨拶は控えさせて頂きます』等届くようになりました。私達もそのような決断を迫られる年齢になって来たのだとしみじみ思うこの頃です。

by gerakon | 2018-12-11 16:37 | Comments(4)

年内にモヤモヤ解消させましょう


モヤモヤ解消はいつでも良い筈だけど、小さな懸念事項も年内にはスッキリさせたいって無意識のうちに毎年思っているような気がします。特に友人たちともそんな話はしないけど私だけかな~?(笑)

『大手宅配会社 ○川○便のなりすまし』について10月末に記事にしたことがありますが、昨日情報番組でその事例が多発していると時間をかけて説明していました。実際に詐欺被害に遭った人もいるようです。夫の携帯にSMSで『荷物をお届けしましたがお留守でしたので…ご連絡はコチラ』的なメールが届いたのは一ヶ月少し前。その時は周りのだれも、そんな事あるの?と信じられない様子、その宅配業者のドライバーでさえ話したら聞いた事ありませんって。夫はずいぶん早くターゲットになったようですね。どうやら、新手の詐欺として横行の兆しです。テレビで取り上げてくれてホッとしました。
先ず私の中では年内にスッキリたことです~。被害拡大が防げるかな?

*************************************************************************
数人で模索しながらやっと完成させたお人形の販売と売上金をどのように役立てるかを会議の中で
あらためて話し合いました。グループの活動費に…と作り始めた時は考えていたものの果たして必要なものかしら?となかなか値段設定が出来ませんでした。断捨離の時代誰も買ってまで欲しくないよね。と製作者は皆消極的でした。
そんな時、東南アジアの子供達への教育支援に…との案が持ち上がりました。すると途端に『そのように役立ててもらえるのならただ安価に…と考えなくても良いわね』と製作には携わらなかった人が、
一体1000円でどうかしら?と言ってくれアッという間に決まってしまいました。これも小さな事だけどスッキリしました~。来週から早速売り出し、希望としては即日完売を!(*^^)vどうでしょう?
d0165488_17074362.jpg
**************************************************************************
先月下旬…点眼薬が無くなったのでいつもの眼科に行きました。今回は目の周囲のかゆみと瞼の荒れも
気になっていて軟膏など新たに処方してもらえたらと相談するつもりでした。
いつもの優しい医師『ドライアイが軽くないので一種類だった点眼薬を二種類、それに軟膏を』と言われ隣接する調剤薬局に処方箋を持って行きました。
すると…薬剤師の中年男性、私は良いというのに『これだと元と同じになるからちょっとドクターに相談してみます。』と暫く待たされた挙句、『お薬変りましたよ』とニコニコ。

でも、何と出された薬は一日4回28日分。これまでになく箱入りで『一回分ずつセットから外して薬が均一になるように振り、両目一滴ずつ点眼の後、容器に残ったものは廃棄。一日残りの三回分は遮光袋に入れ縦にして保管、喉に流れる事もあるけど苦くても胃薬にも含まれている成分なので心配ない。
水を飲んで流し込んで下さい。大丈夫』と…。その段階でこんな目薬初めてだし私には無理かも…と
言ったけれど、再度変える事は出来ないとばかり訴えはスルーされてしまった。

仕方なく持ち帰り早速点眼したのだけど硬めのプラスチック製容器?指の力が弱く強く押さないと液が出にくい…当然半分位残ってしまうけど…。こんなの一日四回続ける自信は無いし、それ程重症でも無いのに…とウンザリ。強い自覚症状があれば忘れないのかもしれないけど。
帰宅後その日の新聞を開くとまさにその薬が健康面に大きく掲載されていて…私は試されたのかもと
腹立たしい気持ち。点眼の度にモヤモヤが増幅します。

でも、最近、ふと調剤薬局はどこでも良い。今度医師に私には無理でした。と言い、処方箋を持って別の所に行けば良いのだと思ったら、ずいぶん気分が楽になりました。
患者は医師も薬をも選ぶ権利はある筈です。このお薬に変えないと失明しますとか言われれば何が何でも頑張るけれど…。
強く抵抗を示せなかった私にも反省の余地はあります。何しろ間違いでもないのに薬局で薬が変更になるって初めてで…。でも、小さなモヤモヤ同じ薬を次回はお断りしようと決めたらスッキリしました。

自分でも気付かない小さなモヤモヤ次々出て来ると思います。でも、それらの事も出来れば年内
に一つずつ解決整理して、来年は清々しい新年を迎えたいものです。

by gerakon | 2018-12-04 17:09 | Comments(2)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る