人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テキトーでも美味しければ…いやいやちゃんと計量?

お料理など動画でこれ簡単そう!101.pngと飛びつき何度か再生して見るだけでメモも取らず挑戦することがあります。その時は『別に全く同じじゃなくても自分なりにテキトーに工夫すれば良いのよ』といい加減なものです。几帳面な人からすれば『信じられなーい153.png』となるのかも…。

年末にフェイスブック動画で簡単ケーキがアップされていました。孫が帰省して最後の日、『よしっ、簡単で美味しそう~あのケーキを作りましょう!』181.pngと記憶を辿りながらぶっつけ本番(笑)

バナナを一本卵焼き用角型フライパンのサイズに両端を少し切り落とし、変色しないようにレモン汁をたらしておきます。
卵牛乳砂糖を混ぜホットケーキミックスを投入良く混ぜ(先ずこの量がテキトー(笑))クレープを作る時のようなサラッとした感じに…
卵焼き器を火にかけ薄く油を伸ばし余分を拭きとり、熱くなったら生地をサーッと透けて見えるくらいにまんべんなく伸ばし、表面が乾いた感じになったら手前にバナナを置き伊達巻のようにクルクル巻きます。
空いた部分にペーパーに含ませた油をのばし、また薄く生地を流し込みクルクル巻き~。これを何度も繰り返し直径5センチ位になったらラップをして丸く形を整え冷やします。

生クリームをホイップ、イチゴを半分に切っておく。ケーキはやや厚め6等分、高さ三センチ位?に切り分けると真ん中に丸いバナナが姿を…パームクーヘンのようです。そのまま蜂蜜など少したらしても美味しい。今回はバナナは隠れちゃうけど、生クリームホイップクリームを絞り、その上にイチゴを載せてみました。
(ホイップクリームが沢山残ってしまい冷凍したらバニラアイスのようになりました~)

孫達がケーキ屋さんのケーキみたい~って喜んでくれました。お味は何とか合格点。
バナナは出来るだけ曲がりの少ないもの、生地は薄く薄くのばし何度も繰り返した方が切り分けた時、綺麗なカット面が出ますね。自分としては、それぞれの分量が適当だったので仕上がりはイマイチだったと反省しています。でも、満足できるよう試行錯誤が続きます。(笑)切り分けて冷凍しておけばバナナの変色もなく自然解凍して一切れずつおやつに…良いと思います。104.png


by gerakon | 2019-01-24 13:23 | Comments(5)

年明けから毎週のようにドカンと…(>_<)

年明けからまさに経験した事が無いような色々な事が周囲で起きました。

義母と親しくしていた方の息子さん病弱な六十代の方が一月上旬行方不明になられ結局
10日以上経過し発見された時は既にお亡くなりになっていました。
高齢者は最近俳諧などでこのようなケースは珍しくないようですがその方は、まだお若く
本当に驚きました。病院からタクシーで自宅付近まで帰られたとは把握出来ていました。
視力が極端に衰えていた事が一番の原因だと聞きました。

そして、いつもお世話になっている高齢者ご夫妻が窮地に…。ご主人のアルツハイマーが原因で
90歳という年齢にも拘わらず奥さまが入院されるほどの暴力を振るわれたというのです。
退院されお電話を頂きましたが『凄い顔になっているから来ないで良いからね』と言われソッと
暖かい食べ物をお持ちして玄関先に置き、お電話をしたら『腫れも引いたから会いたかったわ~』と
言われたので二日置いてお訪ねしました。お怪我から10日は経っているようでしたが、それでも
お顔を見たらお気の毒で思わず涙が…。とにかく話を聞いてくれる人を待っていらしたのでしょう。
一時間ずっと今日に至るまでの経緯を詳しく話して下さいました。

奥様への暴力は命の危険もあるからということでご主人様も措置入院。
息子さんはご両親の喧嘩など一度も見た事が無いとおっしゃるのですから幻覚を伴う病気は本当に
怖いと思い知りました。侵入した暴漢から奥様を守るという気持ちが働いたのかもしれません。
これからもお手伝い出来る事があれば駆け付けたいと思っています。

そして、最近危うく金銭トラブルに巻き込まれるところでした。驚く間もなく割合早い対応で何とか 被害は免れました。こちらの件は悲しいより腹立たしい事でしたが…(>_<)
人が良いね~と褒められても何も喜ぶような事ではないと思い知りました。
毅然とした態度と顔(笑)…トレーニングしなければ。

月末にかけ、天変地異も含め、もうギョッとするような事が起きませんように…。










by gerakon | 2019-01-22 17:32 | Comments(2)

高齢者夫婦様々~(^v^)(+_+)

自分が高齢者なのだから当然だけど親しくお付き合いをする人は70代の方が多くなって来ました。
ご夫婦もそれぞれでどんなに不仲になっても70才超えて離婚した人を周囲ではまだ聞きません。
それが境界線なのかな?『子供がいなかったらとっくに別れていたわ』と言う人はいますが、
ふと私はどうかな?と考えてみました。夫の親、兄弟親戚などに気を遣いながら何十年も二人きりで暮らしていくって(義母とも同居)余程気晴らしが出来ないと私には多分耐えられなかったかな?

私達の時代でも大恋愛を経て結婚に至った人は、子供がいない事を理由に離婚とはならないと思います。あんなに好きだったんだからと、とことん話し合う事も出来、様々な困難を乗り越えるパワーも
格段の差があると思のですが…。どうでしょう。

割と夫婦単位でお会いする機会の多いご夫婦が何組かあります。Tさんは再婚同士だけれど大恋愛110.png
75才近くなる方ですが待ち受け画面がご主人様~(笑)♡それでも、結構派手な喧嘩をされるみたい。
ところが世間話をしていてもすぐに『うちの主人はね~』となるので周囲は『ほら来た~』と言う感じ(笑)ノロケですね。それぞれのお子様ともうまく交流は持たれるけれど貴金属の買い物などは内緒が多くて…。帰宅途中の電車の中でアクセサリーを外すようです(笑)これもスリルを楽しみストレスを解消ということでしょうか?

先日県外まで出掛ける事があり、Mさんのご主人に運転をお願いしました。後部座席に友人と二人、
勿論助手席に奥さま。後ろの私達に向かって引っ切り無しにMさん大きな声で話し掛けられ楽しかったのですが高速から一般道に降りる道を行き過ぎてしまい20キロ以上のロスが出ました。でも、Mさん『あなたが私の話に興味を持つからいけないのよ。運転に集中しないと…』ですって。(笑)ご主人様ニヤニヤ笑われるだけ。106.png
いつかも、彼女が大事なメールを打っている時、ご主人が『それは、君が打たないといけないの?』と聞かれたら『ちょっと邪魔~!前に立たないで!気が散るから132.png』と言われ、『いやはや、とんだとばっちりだな』と苦笑されて…。何だか私は逆にほのぼのとした光景を見たような気がしました。うちの夫婦の関係ではありえないことですから。

ただ一緒に暮らしているだけ~今更別れても生活に困るからとほぼ諦め?ている人も何組か…。
でも、知る限り病気になった時は何と言っても連れ合いの出番ですね。お互い義務感が一番働く時だと思います。自分もそんな時がそう遠くないと感じています。

今朝の情報番組で稀勢の里涙の引退会見を見て、彼にも支える奥様がいつも傍らにいればもう少し頑張れたか、又は早く引けたかもしれないとふと思いました。満身創痍の場所中、誰もいない自宅に帰っていたと知り応援していただけに涙がこみ上げて来ました。これからあの優しさで温かい笑顔に満ちた
家庭を築いて欲しいと思います。

こうして書き込んでいる間に電話が…90歳のご夫婦、ご主人様に凶暴性が出て奥様は入院するほどの大怪我を負わされたとか。でも、『どなたに聞かれても主人に暴力を振るわれたと言わないでね。他人なら傷害罪になるけど絶対それは避けたいので…』と涙ながらに言われます。認知症で外部から賊が侵入したと思い込んでおられるとのこと。何かお手伝い出来る事は無いかと考えている所です。

色々考えさせられる事が多い夫婦の形です。時々投稿したくなるテーマですね。私も間も無く70才なのここで最後まで耐えることを誓います。夫は『誓われても…』と思う事でしょう。119.png




by gerakon | 2019-01-17 12:14 | Comments(4)

レンジフード交換覚悟していたのに…(笑)

年末のキッチン、換気扇も一番フル稼動する時突然こすれるような異音がして、しかも徐々に
音が大きくなるという非常事態~139.png 築15年も経過しているので色々交換を勧められる時期では
あります。

業者は年末年始休業~本当にイライラさせられました。こんな時こそお節など取り寄せて簡単にすれば良いものを折角材料を買って準備をしているのだから…といつも通りやり切りました~。融通がきかないのは誰に似たのか(笑)

年明けに早速取扱説明書にあるメーカーに電話をしました。『かなりの音なのでとにかく急ぎます』と悲痛な声だったと思います。でも部品が製造中止など修理を断られる確率の方が高いと勝手に想定して交換するのならとネット検索を…お掃除がカンタン、スリムタイプが良いな~と出費が嵩む事より実は少しワクワクしながら待っていました。
ところがメーカーから委託された業者は修理専門で『モーターを交換するだけで驚くほど静かになります。掃除も行き届いているので勿体ないです。僕は修理可能なうちは永く大切に~という主義です。
』と爽やかな対応。お仕事がら当然?(笑)昭和の感覚…はじめから直す気満々だったのですね~
素早くモーターを交換してしまいました。

新しいタイプのレンジフードで今年は気持ち良くスタート出来ると内心思っていただけに
少々複雑ではあります。結局外観は変わらないブーツ型だけれど確かにモーターを替えるだけで驚くほど静かになり、一気にイライラは解消。『レンジ、水廻り全般お困りの時はメーカーさんではなく個人経営ですので直接お電話頂けたら料金も低く抑えられます』と名刺を置いて帰りました。モーター交換は1万7千5百円。
直接依頼すればもっと安くなったのかしら?これで当分お掃除簡単スリムタイプは望めません…(笑)



by gerakon | 2019-01-13 21:14 | Comments(2)

娘家族を遠くから見守り

今回は娘家族だけが帰省。
二人の実家が同じ市区内なので本人達のスケジュールにこちらが合わせます。
いつも直前にそれぞれの実家に泊まる日を指定して来ます。一週間は振り回される感はありますが
折角孫がいても数年に一度しか会えないとなると愛情も薄れるようで娘婿S君には本当に感謝しています。やはり親としてはいつまでも、普段あまり声も聞かない母となった娘の元気確認が一番ではあります。息子は殆どフェイスブックで暮らし振りが分かります。

S君は周りにとても配慮の出来る人で少しでも不快になるような事を永いお付き合いの中一度も聞いた事がなく恥ずかしながら私達は若い彼に教えられてばかり…。ちょっと情けない年寄りです~。(笑)

今回も一度は義弟家族も招き共に過ごしましたがお酒の入ったおじいさん達を相手にニコニコ
対応まるで傾聴ボランティアのようだねと笑ったものです。167.png104.png

その無理の無い自然な姿はとても好ましく孫も似てくれたら良いのだけどと思っています。

娘は彼の実家の方達との相性が良いのか皆さんの事が大好きらしく…このご縁に帰省の度にありがたい事と思っています。

こちらの都合で駅まで見送る事が出来なかったけど最後に家を出る時の『今度は夏休みにね~』という
孫の声がまだ耳に残っていて~ジーン103.png

今回驚いたのは転勤族の娘が地域の自治会に入っていて班長になってしまい、色々な行事に参加しているということ。バレーボールやソフトボール等全然ダメ~106.pngと言いながらも臆せず挑戦しているみたい。普段全く聞いていなかったのでビックリするばかり。大学時代のマネージャーの体験が活かされているのか。遠く離れているので子どもの病気等で困り果てている時も娘を手伝ってやれないもどかしさは、あったけれど、弱音も吐かずその上地域に溶け込み色々な事に挑戦しているのだと分かり安心しました。
届かないとは思うけど頑張ってるね~とソッと拍手とエールを送っています。私には真似の出来ない事です。いつの間にか逞しい母になったものです。まだ若いと思っていたけど大学入学と同時に人生の
半分以上は親元離れていることになるのですから当然かもしれませんね。



by gerakon | 2019-01-08 16:25 | Comments(2)

今年のお正月

年末はずっと慌ただしく投稿できないまま年が明けました~。
初めて息子の居ないお正月…。毎年顔を合わせていた事がむしろ珍しいのかも
しれないけど…44年間この時だけは必ず家に居たのにと思うと何とも言い難い寂しさを覚えます。
同時に娘婿には(旅費も随分かかるのに)家族揃って必ず帰ってくれる事に感謝したいと思うのでした。

そんなわけで息子の都合でいつも義弟家族は元旦に招いていたけれど今年は娘家族も婿の実家で過ごしたいと言うので2日に集まる事を指定しました。それによって来られない甥が一人いますが我が家の都合を優先、ご勘弁願いました。

元旦が二人だけというのもとても珍しい事です。明日の為の料理も昨日下ごしらえをして、調理は今日
と言う全く変則的で…少々戸惑っていますがあまりに慌ただしい年末だったのでむしろゆっくり出来て良かったような気もします。
d0165488_17000223.jpg
            初日の出 こんなにクッキリと…何年ぶりでしょう

お雑煮を頂く前に『明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします』と二人だけの新年の挨拶…直後に夫が『アイタッ』と言うので私が『今年初めての痛いっ!だね』と笑ってしまいました。肩がちょっと痛かったようです115.png今年も『痛い、痒い、熱い』など色々お付き合いして参ります~ 105.png

夫が古希を迎えた時は無意識のうちに自分は夫を支える立場になったのだと思ったような気がします。
でも今年は私も仲間入り…。年齢も追いついたような気分。(笑)これからは互いに相手を思いやることがより必要になって来るのでしょう。

すっかりおばあちゃん気分ですが今年もどうぞよろしくお願いいたします。178.png

by gerakon | 2019-01-01 17:26 | Comments(4)

ゲラ子のアラ還日記改めヴィオラばばの時々日記とします


by ヴィオラ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る